2014年05月13日

サッカーW杯 青山選手 県出身初の代表 岡山

サッカーW杯 青山選手 県出身初の代表 岡山
Okayama representative of W Cup soccer players Aoyama Prefecture's first
//////
■ voice of joy and encouragement from junior and director Sakuhi-daka

National team World Cup kicks off ( the 13th Japan time ) on the 12th of next month (W Cup ) Brazilian Congress Japan Football Association announced the 12th . Kurashiki Tsurajima town from that member into 23 people , alma mater , Sakuhi high school (28) MF of Sanfrecce affiliation , Toshihiro Aoyama players in ( Tsuyama ) , the voice of joy and encouragement has spread . W Cup squad of the prefecture from the first time .

Joined the Sanfrecce Hiroshima in 2004 , Aoyama players worked as a defensive MF. Junior high school , until now, were classmates and Takahashi Daisuke men's figure skating .

" Speed ​​of switching to attack want you to play like the flavor . Aoyama from . Was a defensive player with a nasty competitive " . The moment of the announcement , expressing the joy hit the hand Masayuki Nomura director of soccer for high school , Aoyama players was a member of the ( 47) . Sent the ale in the hope that success in the big stage .

Smile has spread to staff from the junior . 3 -year school , " Become the essence of . Teams great longing , posture not to shake that has firmly . Their senior is targeted much want to play an active part " Yoshimori Kaito 's soccer Vice captain (17 ) it was her eyes shining with .

Teacher of high school a year when the Aoyama players , in overtime of the prefectural tournament finals were played with . Sophomore was practice eager to love . Football type meek ​​shy , decided " usually ( 53) Namba Michiko teacher I was looking back goal was even if the phantom in the miscarriage of justice , the switching of . feeling that did not vomit the complaints in secret on inside the chagrin is admirable , figure seeking to become stronger in the effort is " was impressive .

13 , plans to raise the curtain hanging to celebrate the decision of entering Aoyama representative players , you are going to " want to support by raising the school " in school .

In addition , Ito Kaori mayor of Kurashiki announced a comment that " it is selected in W Cup Japan representative as the first graduates of Kurashiki , I want to inspire courage and Japan as a cornerstone of . Offense and defense gratifying very " or . Future , the city is also called also consider hanging curtain installation of support for the Town Hall .


//////
■作陽高監督や後輩ら喜びと激励の声

 日本サッカー協会が12日発表した来月12日(日本時間13日)に開幕するワールドカップ(W杯)ブラジル大会の代表選手。23人にメンバー入りした倉敷市連島町出身で、サンフレッチェ広島所属のMF、青山敏弘選手(28)の母校・作陽高校(津山市)では、喜びと激励の声が広がった。県出身のW杯代表選手は初めて。

 青山選手は平成16年にサンフレッチェ広島に入団し、守備的MFとして活躍。中学まで男子フィギュアスケートの高橋大輔選手と同級生だった。

 「負けず嫌いの意地のある選手だった。守備から攻撃への切り替えの早さが持ち味。青山らしいプレーをしてほしい」。青山選手が高校時代、所属していたサッカー部の野村雅之監督(47)は発表の瞬間、手をたたいて喜びを表現。大舞台での活躍を願ってエールを送った。

 後輩の部員らにも笑顔が広がった。同校3年、サッカー部副主将の吉森海斗さん(17)は「ずっと目標にしている先輩。自分をしっかりもったぶれない姿勢は大きなあこがれ。チームの神髄となって、活躍してほしい」と目を輝かせていた。

 青山選手の高校1年時の担任、難波身知子教諭(53)は「普段はシャイでおとなしいタイプ。サッカーが好きで練習熱心だった。2年生で出場した県大会決勝戦の延長戦で、決めたゴールが誤審で幻になっても、悔しさを内に秘めて弱音を吐かなかった。気持ちの切り替えが見事で、努力して強くなろうとする姿が印象的でした」と振り返っていた。

 同校では13日、青山選手の代表入り決定を祝う懸垂幕を揚げる予定で、「学校を上げて応援したい」としている。

 また、倉敷市の伊東香織市長は「倉敷の出身者として初のW杯日本代表に選ばれ、大変に喜ばしい。攻守の要として日本中に勇気と感動を与えてほしい」などとするコメントを発表。同市も今後、市庁舎への応援用の懸垂幕設置も検討するという。
//////
W杯代表の青山選手にエール 母校・作陽高に懸垂幕

//////
The hanging curtain to his alma mater , Yale Sakuhi high Aoyama players W Cup representative

World Cup of soccer in (W Cup ) Brazil tournament Japan representative , and try to send Yale MF Aoyama Toshihiro players in Kurashiki -born was first elected from Okayama prefecture in (28) = J1 Hiroshima = , Sakuhi-daka of alma mater ( Tsuyama the 13th , Yaide ) put up curtain hanging in the school building .

I'm writing in large letters as " celebration W Cup decision Aoyama senior members " 10 meters long and 1.5 meters wide. Received the squad announcement on the 12th , the school is made ​​immediately . If you are listed on the wall of the school building north , applause occurred springing from about 60 people football staff , faculty et al watched . Was hopeful " Aoyama racers is determined to representative , I want to play an active part in participating in a match in really happy . W Cup " and (17 ) men's three years .

Emerged in Sakuhi high after admission , a national high school championship of the year when , Aoyama players contribute to the quarterfinals of entering first time in 20 years . Shizuoka national polity that participated in three years won the third place defeating powerhouse Tokyo , and Shizuoka . After graduating , I was into Hiroshima .
//////
W杯代表の青山選手にエール 母校・作陽高に懸垂幕

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会日本代表に、岡山県内から初選出された倉敷市出身のMF青山敏弘選手(28)=J1広島=にエールを送ろうと、母校の作陽高(津山市八出)は13日、校舎に懸垂幕を掲げた。

 長さ10メートル、幅1・5メートルで「祝 W杯メンバー決定 青山先輩」と大書している。12日の代表選手発表を受け、同校が早速作製。校舎北側の壁面に掲げられると、見守ったサッカー部員、教職員ら約60人から拍手が湧き起こった。3年男子(17)は「憧れの青山選手が代表に決まり、本当にうれしい。W杯では試合に出場して活躍してもらいたい」と期待を寄せた。

 青山選手は作陽高入学後に頭角を現し、1年時の全国高校選手権で、20年ぶりの8強入りに貢献。3年で出場した静岡国体は東京、静岡など強豪を破り3位に輝いた。卒業後、広島入りした。
/////

SNSでサッカーを盛りあげる!
//////
Toward 2014 FIFA World Cup - Sony release , the soccer fan for SNS

May 12 , Sony announced that it would open SNS sites 2014FIFA towards the World Cup , joining the football fans to " ONE STADIUM LIVE " . The site , in addition to official information such as game schedules and team of 32 countries to compete in the tournament will be posting , posting of football -related Twitter, Facebook, in Google+ is aggregated in real time by country / Topics another .

ONE STADIUM LIVE will be one of new content to provide soccer portal site , which operates the company's " ONE STADIUM " . It is possible to correspond to the six languages ​​of English, French , German, Japanese , Portuguese, Spanish , to narrow the topics you want to see in each language . During game play , view real-time reaction of fans around the world looking at the same game by the " MatchLive " function . Service user , can also be engaged in a conversation through each SNS from the same site , it is described as " taste " second screen experience " new " Sony .

It should be noted that the collection and analysis of the topic in the site , and are utilizing natural language analysis technology that came out of research 14 years in the U.S. Massachusetts Institute of Technology . This technology , those using the information database of up to 17 million items and artificial intelligence , and incorporated into the text mining the common sense knowledge . It is possible to gather relevant topics in a different monitoring and simple keyword .
//////
ソニー、サッカーファン用SNSをリリース - 2014 FIFAワールドカップに向け

ソニーは5月12日、2014FIFAワールドカップに向け、サッカーファンをつなぐSNSサイト「ONE STADIUM LIVE」をオープンすることを発表した。同サイトでは、大会に出場する32カ国の代表チームや試合スケジュールなどの公式情報が掲載されるほか、TwitterやFacebook、Google+におけるサッカー関連の投稿が、国別/トピックス別にリアルタイムに集約される。

ONE STADIUM LIVEは、同社の運営するサッカーポータルサイト「ONE STADIUM」に設ける新コンテンツの1つとなる。英語・フランス語・ドイツ語・日本語・ポルトガル語・スペイン語の6カ国語に対応し、言語ごとに見たいトピックスを絞り込むことができる。試合中は、「MatchLive」機能によって同じ試合を見ている世界中のファンの反応をリアルタイムで表示。サービス利用者は、同サイトから各SNSを通じて会話に参加することも可能で、ソニーでは「新しい"セカンドスクリーン体験"を味わえる」と説明している。

なお、同サイトにおける話題の収集・解析には、米マサチューセッツ工科大学ででの14年にわたる研究から生まれた自然言語解析技術を活用している。この技術は、人工知能と1700万項目におよぶ情報データベースを用いて、常識知識をテキストマイニングに取り入れるというもの。単純なキーワードのモニタリングとは異なるかたちで関連トピックスを収集することができる。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:10| Comment(0) | サッカーW杯 青山選手 県出身初の代表 岡山 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。