2014年05月20日

マルナカ VS 天満屋ストア (イオン VS セブン&アイHD の地域戦か)

マルナカ VS 天満屋ストア (イオン VS セブン&アイHD の地域戦か)


Marunaka VS Tenmaya Store Co., Ltd. (Or region against ion VS Seven & I HD)
//////
◇ Seven & I HD / 5 trillion trillion 6318/3396/3 5360
◇ ion / 6 trillion 3951/1714/9970

Ion is to integrate the three companies food supermarkets in the Kanto

It was found on the 19th may embark on management integration of the three companies supermarket ions , funded . I integrate the prospect next spring and subsidiary Maxvalu Kanto 100% ion , Maruetsu that ground in the Tokyo metropolitan area , the three companies of Kasumi revolves around Ibaraki Prefecture . Strengthen cooperation and logistics products and procurement , to increase the competitiveness of the metropolitan area for the super and other convenience stores .
Kasumi and Maruetsu Listed on the First Section of the Tokyo Stock Exchange of the three companies . The company plans to open the Board of Directors on the 19th , to be announced in the afternoon the same day .
Integrated form , established a holding company three companies Maxvalu Kanto , Maruetsu , first of Kasumi . Marubeni to invest about 30% in Maruetsu , it plans to ions to establish a joint investment company and, at the same time a majority of the investment holding company , is listed on the holding company . About 70% of the ion , I have adjusted by Marubeni to invest about 30% for the joint venture .
Their respective companies survive after integration , to continue operations in existing brands . You can store under the umbrella is approximately 470 stores , to promote cooperation and large-scale use (PB, voluntary plan ) of the product private brand of ion group , logistics , and the like product procurement , cost reduction can be achieved.
Integration of this time , first step forward in collaboration with Marubeni ion of " metropolitan area super vision " . In addition you have invested in Inageya and Berg , ions , are capital tie-up with Marubeni also Tobu Store Co., Ltd. . Future , there is a possibility to involve the super with a capital these relationships .

From " metropolitan area super vision " , what will Okayama .


In Okayama Prefecture ,
Seven & I HD, Okayama Prefecture, is accelerating the M & A strategy such as Tenmaya Store Co., Ltd. of the ground .
And we are accelerating the M & A strategy such as Marunaka of ion .

In relation to sister company rather than a parent-child relationship as " Marunaka " and " Sanyo Marunaka " , both of which become the company of ion group is currently in the capital on . " Marunaka Holdings " itself is one company of the corporate shareholder that which you have the stock ion the other hand .
The two companies had a supermarket group of originally local , but a subsidiary " Marunaka " , ions are a wholly owned subsidiary " Sanyo Marunaka " on November 25, 2011 .

From being whispered in the market , it's sales reversal of ion and Seven & i . Ion 's in Japan now, but " and Nissen of mail order , Seven & I we are accelerating the M & A strategy such as Tenmaya Store Co., Ltd. of the ground is Okayama Prefecture . Rival reversal might be near" Sugimura Tomio (Economic critic called Mr. ) . Operating income of Seven & I is about twice the ion , market capitalization is more than three times . Only sales are lost to ion . Reason alone , even voice came out " Abduction sales top becomes a runway Toshifumi Suzuki, CEO (81 ) " Nantes ( Financial Analyst ) .


//////

◇セブン&アイHD/5兆6318/3396/3兆5360
◇イオン/6兆3951/1714/9970

イオンが関東の食品スーパー3社を統合へ

イオンが、出資する食品スーパー3社の経営統合に乗り出すことが19日わかった。イオンの100%子会社マックスバリュ関東と、首都圏を地盤とするマルエツ、茨城県を中心に展開するカスミの3社を来春をめどに統合する。商品調達や物流などの連携を強化し、コンビニエンスストアや他のスーパーに対する首都圏での競争力を高める。
 3社のうちマルエツとカスミは東証1部上場。各社は19日に取締役会を開き、同日午後にも発表する予定だ。
 統合形態は、まずマックスバリュ関東、マルエツ、カスミの3社が持ち株会社を設立。マルエツに約3割出資する丸紅と、イオンが共同出資会社を設立し、持ち株会社の過半数を出資すると同時に、持ち株会社を上場させる方針だ。共同出資会社についてはイオンが7割程度、丸紅が3割程度出資することで調整している。
 統合後もそれぞれの会社は存続し、既存ブランドでの営業を継続する。傘下の店舗は約470店となり、イオングループのプライベートブランド(PB、自主企画)商品の活用や、物流、商品調達などで大規模な連携を図ることができ、コスト削減が可能になる。
 今回の統合は、イオンが丸紅と共同で進める「首都圏スーパー構想」の第1弾。イオンは、ベルクやいなげやに出資しているほか、丸紅も東武ストアと資本提携している。今後、これら資本関係のあるスーパーを巻き込む可能性もある。

「首都圏スーパー構想」から、岡山はどうなる。


岡山県では、
セブン&アイHDが、岡山県が地盤の天満屋ストアなどM&A戦略を加速しています。
イオンのマルナカなどM&A戦略を加速しています。

資本上においては「マルナカ」と「山陽マルナカ」は親子関係ではなく兄弟会社の関係で、現在はいずれもイオングループの企業となっている。一方で「マルナカホールディングス」そのものはイオン株を所持している法人株主のうちの一社である。
両社は元々地場のスーパーマーケットグループであったが、2011年11月25日にイオンが「マルナカ」を子会社化、「山陽マルナカ」を完全子会社化した。

市場で囁かれるのは、セブン&アイとイオンの売上高逆転だ。現在はイオンが日本一だが、「セブン&アイは通販のニッセンや、岡山県が地盤の天満屋ストアなどM&A戦略を加速しています。ライバル逆転は近いかもしれません」(経済評論家の杉村富生氏)という。セブン&アイの営業利益はイオンの約2倍で、時価総額は3倍以上。売上高だけがイオンに負けている。それだけに、「売上高トップの奪取は、鈴木敏文CEO(81)の花道になる」(証券アナリスト)なんて声も出てきた。

//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:05| Comment(0) | マルナカ VS 天満屋ストア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。