2014年05月18日

リユース瓶のお茶販売 温室効果ガス削減期待 岡山大

リユース瓶のお茶販売 温室効果ガス削減期待 岡山大

/////
Tea sales to reduce greenhouse gas emissions expected Okayama Univ of reuse bottle


The Okayama from this month , at the University of reuse in roasted tea bottle " (· Recha is ) fine Re · Tea" Okayama waste management research center to address the promotion of ( re-use ) system reuse eco-friendly ( 220 I started selling milliliters) . In the mechanism that when you return the bottle , ¥ 10 deposit is refunded , greenhouse gas reduction effect can be expected .

We aim to reduce the environmental impact can be used repeatedly . When calculated in terms of carbon dioxide emissions of the greenhouse gas , 440 grams when it is discarded once the bottle . You can use repeated five times , reduce 67% . I was certified "carbon footprint (CFP) communication program" that displays the emissions . Same mark certification of glass bottles that Japan's first .

Planning started with the idea of ​​the university students . In the " countries and Okayama production of fine " you can " reuse " and " tea beverage" , decided by connecting the acronyms naming . Use of low- roasted tea caffeine grown in Maniwa Katsuyama district , it is also considered local production for local consumption . 118 yen one . Sale , to recover only the college student cooperation for the time being , but it also aims expand sales channels in the future .

Yasuhiro Matsui , Associate Professor of the Center said, " recycling is ahead in Japan , you want to . Create opportunities necessary initiatives of reuse Given the environment " he said.
/////
リユース瓶のお茶販売 温室効果ガス削減期待 岡山大


環境にやさしいリユース(再利用)システムの推進に取り組む岡山大廃棄物マネジメント研究センター(岡山市)は今月から、大学内でリユース瓶入りのほうじ茶「晴Re・茶(は・れちゃ)」(220ミリリットル)の販売を始めた。瓶を返却すると、預かり金10円が返金される仕組みで、温室効果ガス削減効果が期待できる。

 繰り返し利用することで環境負荷の削減を目指す。温室効果ガスの排出量を二酸化炭素に換算して計算すると、瓶を1回で捨てた場合440グラム。5回繰り返し使えば、67%減らせる。排出量を表示する「カーボンフットプリント(CFP)コミュニケーションプログラム」の認定を受けた。ガラス瓶の同マーク認定は日本初という。

 企画は同大学生のアイデアでスタート。ネーミングも「晴れの国・岡山産産」で「リユース」できる「茶飲料」と、頭文字をつなげて決めた。真庭市勝山地区で栽培した低カフェインのほうじ茶を使用し、地産地消も考慮している。1本118円。当面は同大生協のみで販売、回収するが、将来は販路拡大も目指す。

 同センターの松井康弘准教授は「日本ではリサイクルが先行しているが、環境を考えればリユースの取り組みも必要。きっかけづくりにしたい」と話した。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:11| Comment(0) | リユース瓶のお茶販売 岡山大 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。