2014年05月26日

岡山のEV技術を結集、4輪モーター内蔵のギャラン (オーべックワン) OVEC-ONE

岡山のEV技術を結集、4輪モーター内蔵のギャラン (オーべックワン) OVEC-ONE
//////
The bringing together of EV technology Okayama , Galant four -wheel motorized OVEC-ONE ( Kkuwan should O )

The booth of Okayama next-generation automotive technology research and development center , which was established in the automobile related companies in Okayama Prefecture , in addition to Products and technology of participating companies , EV , which is prototype research and development projects were on display .


In fact, it had already passed through the booth and I thought was held in January in the " Automotive World 2014 " , whether of mere EV . This time , not you have to observe the vehicle slowly and carefully , this Mitsubishi " Galant Fortis " base " OVEC-ONE " It was a EV , which has been crafted quite . That attention is said to be four-wheel -wheel motor first .

Brake comes equipped with disc brakes on the inside of the hub , I have completely reworked the suspension and upright . Is a double trailing arm type that supports the upright arms of the four rear , front strut 's what . In the case of EV running at high speed , support stiffness becomes necessary in its own way wheel part becomes heavy in-wheel motor , and to the strut structure a lightweight and simple suspension is difficult fine.

But since it was finished in light weight and the weight of 33kg per one by distributing four-wheel motor , yes was finished in suspension good ride enough .

Vehicle weight has finished in the relatively light given the EV of the base vehicle and 1650kg. Given that it is equipped with 2 car batteries " i-MiEV " It seems to say that pretty good number. And about 300km, in the practical range sufficiently range .

Based on the results in this car , and have started to develop the EV to be a second edition now . Mitsubishi Motors has been cooperation and guidance and technical supply of parts last time , in the form of joint research , it seems to support more strongly in the second edition .

Further , the size or weight of the technology developed in OVEC-ONE, and advances the commercialization by costs in the second phase . I'd expect the EV launch of Okayama departure .

//////
岡山のEV技術を結集、4輪モーター内蔵のギャラン (オーべックワン) OVEC-ONE

岡山県内の自動車関連企業を中心に設立されたおかやま次世代自動車技術研究開発センターのブースには、参加企業の技術や製品展示のほか、研究開発プロジェクトで試作されたEVが展示されていた。


実は1月に開催された「オートモティブワールド2014」では、単なるEV化かと思ってブースを素通りしてしまっていた。今回、じっくりと実車を観察させてもらったら、この三菱『ギャランフォルティス』ベースの「OVEC-ONE」、かなり作り込まれていたEVだったのだ。まず注目は4輪インホイールモーターであるということ。

ブレーキはハブの内側にディスクブレーキを装備しているので、アップライトやサスペンションを完全に作り直している。リアは4本のアームでアップライトを支えるダブルトレーリングアーム式としており、フロントは何とストラットだ。インホイールモーターはホイール部分が重くなるので高速で走るEVの場合、支持剛性がそれなりに必要になるから、サスペンションを軽量でシンプルなストラット構造にするのはけっこう難しい。

しかしモーターを4輪に分散することで1つあたりの重量を33kgと軽量に仕上げられたことから、十分に乗り心地のいいサスペンションに仕上げられたそうだ。

車重は1650kgとベース車両とEV化を考えれば比較的軽量に仕上がっている。『i-MiEV』のバッテリーを2台分搭載していることを考えれば、かなり優秀な数値と言えそうだ。航続距離も約300kmと、十分に実用範囲にある。

このクルマでの成果を元に、現在は第二弾となるEVの開発に着手しているという。前回は三菱自動車が部品の供給や技術的な指導などを協力していたが、第二弾では共同研究という形で、より強力にサポートするようだ。

また、第二弾ではOVEC-ONEで開発された技術を小型軽量化したり、コストダウンして実用化を進める。岡山発のEV発売に期待したい。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:26| Comment(0) | 岡山のEV技術を結集(オーべックワン) OVEC-ONE | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。