2014年05月29日

クールシェア事業 推進強化 岡山県、協賛スポット110カ所配備

クールシェア事業 推進強化 岡山県、協賛スポット110カ所配備

場所は? アプリないかなー!
//////
Cool share business promotion strengthening Okayama Prefecture , 110 locations deployment sponsorship spot

By from June 1 of this year's "Super Cool Biz " period begins , you get to spend a cool , such as public facilities , province to strengthen the promotion refrain from using air conditioning in the home of " Cool share business " . Is valid not only global warming , economy in power consumption measures the summer, doubling the sponsorship spot from this year , to promote the PR to the citizens .

110 places more than 51 locations last year sponsorship spots ( May 23 point ) . In addition to the public facilities city hall and the prefectural government , and libraries , 37 locations , including the Participating Companies of private banks and supermarkets, and department stores in Okayama city . I have deployed a spot on most of the municipalities within the prefecture as well . Distribute stickers , is being well-known to residents in the spot this year further .

Sponsorship authorized dealers to spot , there is a need to set to be 28 degrees in principle the indoor temperature , but the province has introduced website, etc. , increase of customers coming to the store that can be expected.

10th year this year Cool Biz has begun . Investigators of the Agency for Natural Resources and Energy , is referred to most often in the power consumption of the day during the summer that's 58% of the air conditioner , you are ahead of refrigerator and television ( 17%) (6% ) . If you do not use air conditioning at home , the effect that can be expected to prevent global warming to save power.
//////
クールシェア事業 推進強化 岡山県、協賛スポット110カ所配備

県は今年の「スーパークールビズ」期間が始まる6月1日から、公共施設などで涼しく過ごしてもらうことで、家庭のエアコンを使用を控える「クールシェア事業」の推進を強化する。地球温暖化対策だけでなく、夏の節電対策にも有効とされ、今年度から協賛スポットを倍増し、県民へのPRを図る。

 協賛スポットは昨年同期より51カ所多い110カ所(5月23日時点)。岡山市内では県庁や市役所、図書館など公共施設のほか、スーパーや銀行、百貨店など民間の協賛店を含め37カ所。同様に県内市町村のほとんどにスポットを配備した。さらに今年度からスポットにはステッカーを配布して、県民に周知を進めている。

 スポットに認定された協賛店は、室内温度を原則28度になるよう設定する必要があるが、県がホームページなどで紹介しており、来店客の増加が期待できるという。

 クールビズが始まって今年で10年目。資源エネルギー庁の調べでは、夏の日中の消費電力でもっとも多いのはエアコンの58%だといい、冷蔵庫(17%)やテレビ(6%)を大きく引き離している。各家庭でエアコンを使わなければ、節電にも地球温暖化防止にも効果が期待できるという。
//////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。