2014年05月31日

商店街の魅力高め、イオンに対抗 (イオン VS 商店街・天満屋) (イオン VS セブン&アイ)

商店街の魅力高め、イオンに対抗 (イオン VS 商店街・天満屋) (イオン VS セブン&アイ)

//////
To enhance the charm of shopping district , and against the ion

From September , Okayama Omote-machi mall Federation to start the " ( Seminar of the city Tokusuru ) town seminar " mini courses shopkeeper et al to teach citizens tips and knowledge gained as a specialty store . Ahead of this fall the large-scale commercial facility ion Mall Okayama opening of JR Okayama Station to the south , to achieve the enclosure and increased customer store the individual taking advantage of the charm . I held a study session prior to the first 29 and 30 days .
Town seminar , offered in principle free of charge to the venue each store . Them to know the store by enjoyment of the course , leading to the purchase of the future to build a relationship of trust . Began in 2002 in Okazaki, Aichi Prefecture , and expanded to about 120 area across the country now . It is made ​​Fukuyama , Himeji , etc. Tottori in neighboring prefectures . The first time in Okayama Prefecture .
The study group that has been opened at 29 and 30 days Omote-machi mall , 40 people excess of about 30 stores participating . Matsui Yoichiro representative = cosmetic store management = of the meeting of Okazaki town seminar were invited from the " birthplace " is outlined .
Did on " small shop , to counter price and assortment to the national chain and large store is difficult ," said Matsui representative rather than sell things to people . Town seminar greatest weapon shop " mall , said , "he goal is get willing to explain the things that life comes in handy .
Hearing aid store increased customer from the third year stationery store that I increased more than 10 times the sales number for free adjustment of the pen tip and the course was teaching materials the assembly kit of the fountain pen , the seminar of basic knowledge and use experience , skin care and make-up lessons the introduction of initiatives such as the cosmetic store to perform the massage . It was also reported record about 20% of the student with the root as a customer by repeatedly held .
The federation is preparing a seminar offered from the city last fall . Go soliciting participating retailer with the aim of start-up at 50 stores in September , such as opening a study session in the future . In addition to the consumption tax hike of "Spring , Aeon Mall of " black ships " in autumn also landed , Shine the charm one shop . One stores to increase the severity is re- study the knowledge , large opening Hiroyuki president Customers business environment you are going to " want to attract .
//////
商店街の魅力高め、イオンに対抗

岡山市表町商店街連盟は9月から、店主らが専門店として培った知識やコツを市民に伝授するミニ講座「まちゼミ(得する街のゼミナール)」をスタートさせる。JR岡山駅南への大型商業施設イオンモール岡山開業を今秋に控え、個々の店が魅力を生かして顧客の増加と囲い込みを図る。29、30日に初の事前勉強会を開催した。
 まちゼミは、各店舗を会場に原則無料で開講。講座を楽しんでもらうことで店を知ってもらい、信頼関係を築いて将来の購買につなげる。愛知県岡崎市で2002年に始まり、今では全国の約120地域に拡大。近県では福山、姫路、鳥取市などで行われている。岡山県内では初めて。
 表町商店街で29、30日に開かれた勉強会には、約30店の40人余が参加。“発祥の地”から招かれた岡崎まちゼミの会の松井洋一郎代表=化粧品店経営=が概要を説明した。
 松井代表は「小規模店が、大型店や全国チェーンに品ぞろえや価格で対抗するのは難しい」とした上で、「商店街の店の最大の武器は人。まちゼミはモノを売るのでなく、生活が便利になるコトを説明して喜んでもらうのが目的だ」と述べた。
 万年筆の組み立てキットを教材とした講座やペン先の無料調整で販売本数を10倍以上伸ばした文具店、使用体験や基礎知識のセミナーで3年目から顧客が増えた補聴器店、メークレッスンや美肌マッサージを行う化粧品店などの取り組みを紹介。繰り返し開催することで受講者の約2割が顧客として定着するとの実績も報告した。
 同連盟は昨秋からまちゼミ開講を準備。9月に50店での立ち上げを目指し、今後も勉強会を開くなどして参加店を募っていく。大開博之理事長は「春の消費税増税に加え、秋には“黒船”のイオンモールも来航し、経営環境は厳しさを増す。一店一店が知識を勉強し直して魅力を磨き、客を呼び込みたい」としている。
//////

岡山駅前商店街、奉還町商店街はどうするのか?

//////

参考

ライブに電車…変貌するショッピングモール集客戦略とは

大型ショッピングモールがエンターテインメント施設などで集客力を高める戦略を展開している。インターネットで簡単に買い物ができるようになり、消費者の購買欲を「モノ」だけで刺激するのは困難。エンタメで得る体験などの「コト」をアピールしなければ、集客に直結しないからだ。一方、初ものテナントで話題を喚起する手法も根強く、消費者の志向がショッピングモールを変化させ続けている。

■ネットに対抗

 平成25年12月、千葉市にイオンの旗艦店「イオンモール幕張新都心」が開業した。最大のウリは体験の提供。仕事を疑似体験できるテーマパークや東映ヒーローワールドのほか、一般店舗でも体験を楽しめる。長時間滞在する客も多く、飲食店街は好調という。

 モールのエンタメといえば映画館やゲームセンター程度だったが、ここ数年、イベントや体験に重点を置く施設が増えている。ネットで口コミを調べ、発注すれば家まで届けてくれるネット通販の簡便さに対抗し、客に足を運んでもらい買い回りにつなぐ考えだ。

 平成20年開業の阪急西宮ガーデンズ(兵庫県西宮市)もその一例。開業から4期連続の増収を支える要因の一つが、屋上スカイガーデンの無料イベントだ。

 昨年開催した音楽ライブは約200回で累計8万人を動員。大物アーティストのプロモーションも多く、ライブ会場として地域に定着した。「ファン開拓につながる。CD購入率も比較的高い」と音楽業界関係者からも好評だ。同店の奥土恵館長は「ネットで何でも手に入る時代。物販だけでなく、楽しい時間と空間を提供しないと生き残れない」と指摘する。

■ライブに電車

 東急不動産が運営する「あべのキューズモール」(大阪市天王寺区)もライブイベントに注力する。昨年度下期から回数を倍増させ、年間約160回。人気バンドでは1万人を動員することもあるという。

 イベント効果の後押しもあり、開業3年目も売り上げは堅調だ。来館者数は平日約6万人、土日には約11万人。「常にイベントがあるというイメージが浸透し、顧客に期待感が生まれている。効率優先の昔とは異なり、イベントの機能は重要だ」と、東急不動産SCマネジメント・あべのキューズモール総支配人の神津秀人氏は話す。

 鉄道会社の持ち味を生かしたのが3月12日にリニューアルした京阪電気鉄道の「くずはモール」(大阪府枚方市)。引退したテレビカーを展示するミュージアムは本格的な運転体験もできる。「ネットにない、リアルな感動体験を味わえる」と京阪流通システムズの上野正哉社長。鉄道マニアはもちろん、親子連れなどでにぎわっている。

■地方はブランドで勝負

 その一方、地方都市ではブランド集積によるカンフル剤効果が顕著だ。和歌山市に3月オープンした「イオンモール和歌山」は、H&Mやフォエバー21といった人気海外ブランドなど6店舗を導入し、大阪都心部の施設に対抗する。

 「和歌山から大阪へ買い物に行く人が多かった。大阪に負けないテナント構成で足止めにつなげたい」(イオンモール和歌山)という。狙いは奏功し、平日でも約3万人が来館するなど予想以上の客が訪れている。

 関西では今秋、京都市にイオンモール京都桂川、大阪府和泉市に三井不動産のららぽーと和泉(仮称)が開業する。ショッピングモールの主戦場が都心から郊外、準郊外へと広がる中、これらのモールが主軸にするのは体験か、それともブランドか。集客戦略は重要度を一層増している。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:15| Comment(0) | 商店街の魅力高め、イオンに対抗 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。