2014年06月25日

特殊詐欺に対策ネット きょう岡山県が発足 コンビニ業界も協力

特殊詐欺に対策ネット きょう岡山県が発足 コンビニ業界も協力
/////
Okayama Prefecture cooperation established convenience store industry measures the net today in special fraud

Toward the prevention of damage "special fraud" such as billing fraud, such as Ken called for cooperation in the convenience store industry as well as financial institutions, to build a damage prevention network, to open the launch ceremony on the 25th. Measures received that cash transfer means of special fraud have shifted to such as home delivery of convenience stores use cutters from (ATM) Automated Teller. Organization of the same type that the prefecture's first.

According to the police, special fraud number in the prefecture of last year in the 149, the damage amount has doubled from the previous year and about 1.1 billion 42 million yen, it was past the worst. I have remained at a pace similar to that of the approximately 300 million 70 million yen 53 also from January to May this year.

Fraud pose a financial instrument transactions are often trick. Also, instead of letting credited with ATM as the conventional methods to be sent cash by causing funneled luggage such as courier Yupack that is increasing. About 65% of the amount of damage up to May this year (200 million 39 million yen), but that was this new method.

Ken's ongoing "intensive deterrence that together the public and private sectors! Protect the citizens from the special fraud (TSY) strategy" and from this month, but I create a network that spread the participating organizations further. To join Ken Bankers Association, convenience store companies, Ken Trucking Association, courier, postal and Japan about 20 organizations.

Asked to increase the awareness of the damage of special fraud courier or post office, even a convenience store operators in addition to "financial institutions, and halt at the border for sending the luggage of cash into, Ken living safety and security department prevent damage talking added, "if it is possible to.
/////
特殊詐欺に対策ネット きょう岡山県が発足 コンビニ業界も協力

振り込め詐欺など「特殊詐欺」の被害防止に向け、県などは金融機関だけでなくコンビニ業界にも協力を呼びかけ、被害防止ネットワークを構築し、25日に発足式を開く。特殊詐欺の現金受け渡し手段が現金自動預払機(ATM)からコンビニエンスストア利用の宅配便などに移行していることを受けた措置。同種の組織は県内初という。

 県警によると、昨年1年間の県内の特殊詐欺被害件数は149件で、被害金額は約11億4200万円と前年から倍増し、過去最悪だった。今年1~5月も53件約3億7000万円と同様のペースで推移している。

 手口は金融商品取引を持ちかける詐欺が多い。また、従来のようにATMで振り込ませるのではなく、宅配便やゆうパックなどの荷物に紛れ込ませて現金を送付させる手法が増えているという。今年5月までの被害額の約65%(2億3900万円)が、この新しい方式だったという。

 県は今月から「特殊詐欺から県民を守れ! 官民一体となった集中抑止(TSY)作戦」を実施中だが、さらに参加団体を広げたネットワークをつくる。参加するのは県銀行協会、コンビニ各社、県トラック協会、宅配便業者、日本郵便など約20団体。

 県くらし安全安心課は「金融機関に加えて郵便局や宅配業者、コンビニ事業者などにも特殊詐欺の被害への意識を高めてもらい、現金入りの荷物を送付する水際で食い止め、被害を防止することができれば」と話している。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:47| Comment(0) | 特殊詐欺に対策ネット きょう岡山県が発足 コンビニ業界も協力 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。