2014年07月24日

県庁通り「深刻な渋滞なし」  (よくわからない?記事?)「イオンモール岡山」をめぐって・・・!

県庁通り「深刻な渋滞なし」(よくわからない?記事?)

「岡山市」 と 「岡山県警」の意見がちがうのかな? 
「岡山市」が「岡山県警」を説得するために、交通調査を実施したの?

「イオンモール岡山開業(11月予定)前の社会実験」と「イオンモール岡山開業(11月予定)後の社会実験」は、期待したいけど・・・・。
どちらも「岡山市(県)民」のために考えているんどろうけど・・・・、うまく「税金」を使って欲しいですね!

「イオンモール岡山」の開業はうれしいが・・・。「イオンモール岡山」の開業に過度な期待は・・・?

イオン、「本業のスーパーが赤字」の深刻度??
//////
"No serious congestion" prefectural government as

The 23rd, Okayama announced the (preliminary) results of the traffic survey was carried out in 43 locations intersection of the city center on weekdays and weekends in collaboration with the Ministry of Land, Infrastructure and Transport Okayama National Highway Office.
Is indicated by a number of road congestion is "congestion", or muscle Nishikawa Midori-do park on weekdays, it exceeds the one that prevents you from processing to facilitate the traffic. Weekdays, congestion degree is lower than the one with holiday prefectural government as to plan social experiment by the city spread the pedestrian space by reducing the lane. Omori Masao mayor showed recognition of the "feel that a situation that is hard to think of a serious traffic congestion to occur in the prefectural government as social experiment ion Mall Okayama opening of (scheduled for November) before" at a news conference.
To the Okayama prefectural police that frown on social experiment carried out, the mayor shall make the decision (whether it is possible to pre-opening implementation) also "August early as well as indicate its intention to seek the continued understanding so that it can be carried out before the opening I said ".
Indicators Japan Road Association established the degree of congestion. The survey (which can be running smoothly without congested) less than 1, (a 1-2 hour period of time that may be crowded) less than 1 to 1.25, 1.25 to 1.75 less than the (peak time 3 types of activity) time to congestion as the center increases were observed. Congestion degree is lower than that of weekday holiday, it was only two types from 1 to less than 1.25 or less than 1.
Holiday, before construction site near the ion mall Okayama City Hall muscle was less than 1 in both weekday.
In order to understand the changes in the flow of people and vehicles in the before and after the opening of the mall, survey, conducted Tuesday, July 1 and Sunday, June 29. I examined the number of traffic such as car, bicycle, pedestrian at 8:00 am to 7 pm. Such as the city plans to make similar investigations around the point where congestion occurs chronically also a time when congestion of the mall opened immediately after the calm.
//////
県庁通り「深刻な渋滞なし」(よくわからない?記事?)

岡山市は23日、国土交通省岡山国道事務所と共同で平日と休日に市中心部の交差点43カ所で実施した交通量調査の結果(速報値)を発表した。
 道路の混み具合を数値で示す「混雑度」は、平日の西川緑道公園筋などで、交通を円滑に処理できなくなる1を超えた。市が車線を減らして歩行者空間を広げる社会実験を計画する県庁通りは平日、休日とも混雑度が1を下回った。大森雅夫市長は記者会見で「イオンモール岡山開業(11月予定)前の社会実験で県庁通りに深刻な交通渋滞が発生するとは考えにくい状況だと思っている」との認識を示した。
 市長は、社会実験実施に難色を示す岡山県警に対し、開業前に実施できるよう引き続き理解を求める意向を示すとともに「8月早々にも(開業前実施が可能かどうか)判断をしなければならない」と述べた。
 混雑度は日本道路協会が定めた指標。調査では1未満(混雑することなく円滑に走行できる)、1~1・25未満(混雑する可能性のある時間帯が1~2時間ある)、1・25~1・75未満(ピーク時間を中心として混雑する時間が増加する状況)の3類型が見られた。休日は平日に比べて混雑度が低く、1未満または1~1・25未満の2類型にとどまった。
 市役所筋のイオンモール岡山の建設地前付近は休日、平日とも1未満だった。
 調査は、同モールの開業前後で人や車の流れの変化を把握するため、6月29日(日曜)と7月1日(火曜)に実施。午前7時~午後8時に車、自転車、歩行者の通行数などを調べた。市などは同モール開業直後の混雑が落ち着いた時期にも渋滞が慢性的に発生している地点を中心に同様の調査を行う方針。
//////
「イオンモール岡山」の開業はうれしいが・・・。しばらくは、「お祭り」さわぎなんだろうけど・・・。
(「イオンモール和歌山」の様子がいろいろわかるね! 渋滞もあるね!)
どう持続していくか? 岡山の街全体(岡山商店街も含めての)活気が・・・
(岡山の青江のイオン系のお店の閉店! 岡山のイオン系のオーパの閉店! 岡山のマルナカ(イオン系)のカードの顧客囲い込み!いろいろ・・・だね!)
「イオンモール岡山」の開業に過度な期待は・・・? 注視しないとね。(海外への進出も活発だね!)
//////
2014年7月1日
「イオンモール和歌山」が再び首位に-和歌経・2014上半期PVランキング

和歌山経済新聞の今年上半期PV(ページビュー)ランキングは、「『イオンモール和歌山』開業、一般道の渋滞少なく南海電車は混雑も」が首位を獲得した。(和歌山経済新聞)

 イオンモール和歌山の専門店街

 3月16日にグランドオープンしたイオンモール和歌山は、県内初のイオンモールの複合型商業施設。同施設の延べ床面積は12万8000平方メートル、駐車台数は約3500台。専門店208店のうち、132店が和歌山県初出店。周辺道路で渋滞が発生し、「渋滞」というキーワード検索からのアクセスも見られた。同施設は3位にもランクイン。2013年四半期も1位を獲得しており、注目の高さがうかがえる。

 2位は5月にNBL(ナショナルバスケットボールリーグ)準優勝に輝いた「和歌山トライアンズ」のニュース。4位に入った駿河屋の缶入りプリンと水ようかんは、看板商品のリニューアルで注目を集めたが、5月29日に突然の事業停止。破産手続きが始まったため、現在は購入することができない。

 ランキングは、今年1月1日から6月30日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. 「イオンモール和歌山」開業、一般道の渋滞少なく南海電車は混雑も(3/17)
2. 和歌山トライアンズ、逆転優勝懸けた一戦へ-チケット残りわずか(4/25)
3. イオンモール和歌山のグランドオープン迫る-駅直結立地、臨時ダイヤで本数2倍に(3/13)
4. 駿河屋の缶入りプリンと水ようかんがプラスチック容器に-味や製法は変わらず(4/10)
5. 和歌山市・京橋近くに「創作たこ焼きバー」-柔らかすぎてテークアウト不可(5/8)
6. 和歌山市城北通りにタイ料理店-「マリー」店主が14年ぶりに再開(4/3)
7. 和歌山市駅前に金券ショップ新店-8年ぶりの再出発、好立地で(1/9)
8. 和歌山駅前にカフェ「時ノ和珈琲」-Wi-Fi利用可、電源も多数設置(1/15)
9. 和歌山で「わかやま城下町バル」-91店舗が参加へ(3/12)
10. 和歌山城名物のしだれ桜が満開に-ソメイヨシノは五分咲き(3/28)

とね。 
//////
2014年07月10日
イオン、「本業のスーパーが赤字」の深刻度 第1四半期決算はダイエーの赤字も響いた

本業が惨憺たる結果だった。7月4日にイオンが発表した第1四半期(3月~5月)決算は、本業のGMS(総合スーパー)事業、SM(食品スーパー)事業が、ともに営業赤字に沈んだ。GMSは38億円、SM22が億円の営業赤字(前年同期は各35億円、4億円の営業黒字)。GMSは、今期は第1四半期からダイエーが連結対象になった影響(営業赤字39億円)もあるものの、中核子会社イオンリテールも20億円の営業赤字となっている。

赤字転落の要因は、売上高の伸び悩みと販促費の増加だ。イオンリテールは4月初め、PB(プライベート・ブランド)、NB(ナショナル・ブランド)合計2万品目の価格を据え置き、増税後、実質的な値下げを行い、第1四半期の既存店売上高は前年同期比横ばいを維持した。だが、「当初の計画より下回った」(イオンリテールの梅本和典社長)。客単価は3.5%増となったものの、想定外とも言える客数の3.4%減が響いた。同社では「価格を据え置いただけでは、消費者に値下げや安さの意味が伝わらなかった」と分析している。

■イオンが赤字、ヨーカ堂は増益
一方、拡販を狙ったワオンポイントの還元セールの拡大や改装投資を行い、販促費が38億円増加。販管費全体でも78億円増え、営業赤字を余儀なくされた。同業のイトーヨーカ堂が第1四半期に既存店売上高が2.8%の減収になりながら、PB商品拡充による粗利率改善と販管費を前期並みに抑えたことで7.7%の営業増益になったのとは対照的だ。SMの既存店売上高では、マルエツが第1四半期5%増、ヤオコーが4.2%増(単純平均、4~6月)と軒並みGMSを凌いでいる。

イオン経営首脳から出てくるのは「想定よりも消費者の価格志向が強く、消費増税後には、その傾向がより顕著になった。PBやNBの一部のディスカウント、ポイント戦略だけにフォーカスした第1四半期の増税対策は、中途半端な対応となり、お客様に安さのメッセージが伝わらなかった」(イオン・森美樹副社長)、「関東圏の同業他社とイオンリテールの食品の既存店伸び率には大きなかい離がある。増税後、生鮮3品を中心に組み立てたが、他社の店頭やチラシを見ると価格対応が不充分だった」(梅本社長)と反省の弁ばかりだ。

今後の対策として、価格対応を強化する。「購買頻度の高い商品の価格訴求を強化していく」(森副社長)として、7月4日から、競合他店の調査を徹底した上で、個店ごとにNBを中心に100品目の値下げを実施した。期限は設けずに、当面続ける方針だ。また、各店長の価格決定権限も強化する。PB「トップバリュ」のリニューアルや新商品投入など、こうした価格対応強化で客数増を図る方針だ。

さらに「ザ・ビッグ」や「アコレ」などディスカウント業態の出店を加速させる。懸案のダイエーも、食品への特化や、出店エリアも首都圏、京阪神に集中させる方針で、他エリアの店舗や子会社はマックスバリュなどイオングループの同一業種と一体運営を進め、採算の改善を図る。

■利益計画達成には要努力
イオンの岡田元也社長は「(第1四半期の)結果は非常に残念だと思っている。様々な要因が重なってこうなった。的確に手を打ち早期回復を狙っている。ただ昨年から今年前半にかけ、ダイエー子会社化や首都圏SM連合構想の実現など大きな変化があった。これらをグループ全体に最も効果のある形でやり抜くことが重要。必ず成果を出していく」と強気の姿勢を崩さない。

2015年2月期の営業利益計画は2000億~2100億円。第1四半期実績は224億円で、通期計画の達成には、第2四半期以降、相当な努力を要する。価格対応強化だけで計画達成が可能かどうか、不透明感が拭えない。前期も当初の営業利益計画は2000億円~2100億円としていた。今年1月に発表した第3四半期決算の時点でもこの計画は変えていなかったが、3月になって大幅な下方修正を公表。最終的に営業利益は1714億円(前期比10%減)で着地した。

期末決算間際の業績修正に市場関係者から不評を買った。だが今期、その轍を踏むことは許されがたい。岡田社長は「イオン全体が大きく次の段階に進める、そういう年にしたい」と語っている。早期の回復を実現し、今期を節目の年とするには、高いハードルが待ち構えている。
//////
そういう中での  「岡山での街づくり」 ですね。
(ダイエーの二の舞にならぬように、祈る ばかりです。)
//////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。