2014年07月29日

岡山の子供たちが「もんげー」と方言をしゃべりだしたのは「妖怪」の仕業だった?「妖怪ウォッチ」ブームで岡山弁「もんげー」が今年の流行語に?!


岡山の子供たちが「もんげー」と方言をしゃべりだしたのは「妖怪」の仕業だった?「妖怪ウォッチ」ブームで岡山弁「もんげー」が今年の流行語に?!
妖怪ウォッチ よ.jpg
夏休みの自由研究に 
「『妖怪ウォッチ』の コマさんの神社をさがす?!  「もんげー」 は 岡山弁 づら ね!」
ってのは、どうかな・・。

岡山 8つの候補がある!! (=okayama エイト=)
ココ

(もしかすると・・・・。 豊臣秀吉 や 黒田官兵衛 と関係のある場所をめぐることに・・・ 親子で楽しめる!  オリジナルな 「スタンプラリー」になるかも・・  家族で行く『妖怪ウォッチ』の コマさんの旅!!! )

//////
コマさんの人気!
【TVCM】『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』コマさんもんげー篇
コマさん もんげー.jpg
子どもの人気キャラランキング、「妖怪ウォッチ」が2位 - ビデオリサーチ
コマさん よ 妖怪ウォッチ.png
/////
"Mon-ge" is, I am Okayama valve!

Image
BIG = Bokke~e
BIGGER = De~ere~e
BIGGEST = mon Ge~e
Three-step use of

In other words. The "frame-san", you are in a shrine in Okayama???????????

Of the settings that came to the city from the shrine of the countryside "frame-san" is encountered, the eyes of the children were shining brilliantly.
(Okayama valve "Mon-ge" is the buzzword of the year in the "ghost watch" boom helpful?!)'s The most popular frame's intensive dialect "~ vine" and "Mon-ge!". Or so, it is affecting the frame's children Did talking Zurazura.

In the owner of a transparent heart, Mr. frame has become the greatest weapon is it. Bushinyan to the poor, but can not compete in glitter emanating from the heart of the piece's. Scene to be reformed to say "pure heart ... a bright bamboo basket," said a highlight of the show. Why adult fits's likely around here.

Dance time of "dissolution gymnastics first," the second half of the show. I astonished clever lyrics and melody tempo is good even though it has already been successfully fused. Children's not out dancing all at once absorbing it.

The transition to shooting time after the show was over. An adult is enthusiastic than children, the situation is vividly reflected in the photograph.


However, children not all was hooked, some child you or turned away early in the show began, has been or want to go back. Costume of a character who was elaborate, but the world of the video as not can be agile movement. I wonder felt to be "... something different" in the juvenile mind.

Another is that the younger brother Jiro frame twin's frame did not appear. I hear people healed in exchange of siblings drawn in the anime is more. I saw here and there children "frame Jiro Where is ~?" The tweet from the floor.

I hear character show of ghost Watch began in the recently. When you watched the show this time, I would like to meet a new monster.
/////
「もんげー」は、岡山弁ですね!

イメージは
BIG=ぼっけぇ
BIGGER=でぇれぇ
BIGGEST=もんげぇ
の三段活用

つまり。「コマさん」は、岡山の神社にいる???????????

田舎の神社から都会にやってきた設定の「コマさん」が現れると、子供たちの目はキラキラと輝いた。
「~ずら」「もんげー!!」の方言を多用するコマさんは一番人気だ(参考:「妖怪ウォッチ」ブームで岡山弁「もんげー」が今年の流行語に?!)。そうか、子供たちはコマさんに影響されて、ずらずらしゃべっていたのか。
妖怪ウォッチ.jpg
コマさんは透明なハートの持ち主で、それが最大の武器になっている。ブシニャンが悪さをするが、コマさんの心から発せられるキラキラに太刀打ちできない。「純粋な心がまぶしいでござる...」といって改心するシーンはショーの見せ場。大人がハマる理由はこのへんにありそうだ。

ショーの後半は「ようかい体操第一」のダンスタイム。テンポのいいメロディと巧みな歌詞がうまく融合しているのに舌を巻く。こりゃ子供たちが一斉に踊り出すわけだ。


【妖怪ウォッチ】ようかい体操第一(YouTubeより)

ショーが終わった後は撮影タイムへ移行。子供たちより大人の方が熱心で、その様子が写真にありありと写っている。


もっとも、全ての子供たちが夢中になっていたわけではなく、ショーが始まって早々に顔をそむけたり、帰りたがったりしている子もいた。キャラたちの着ぐるみは精巧だったが、映像の世界ほど機敏な動きができるわけではない。子供心に「なんか違う...」と感じたのだろうか。

もう一つは、コマさんの双子の弟・コマじろうが現れなかったことだ。アニメで描かれる兄弟のやり取りに癒される人は多いと聞く。会場から「コマじろうはどこ~?」とつぶやく子供をあちこちで見かけた。

妖怪ウォッチのキャラクターショーが始まったのは最近と聞く。今度ショーを観覧するときは、新たな妖怪に会ってみたい。
/////
新作「妖怪ウォッチ」狂想曲 「絶対手に入れたい」家族総出で奔走
/////
Efforts "I want to put absolutely hand" new "ghost watch" Rhapsody in the family going out together

Circulates and anime games, manga, and character goods are produced one after another, has become a social phenomenon the "ghost watch", summer shopping season is in full swing. While continue to sell out nationwide, watch the hero have been worn by release August 2 is a new. You want to get sure, you are involving not only children, to parents. Competition has been waged to watching movies or gift certificates comic that benefits related goods.

Wrapping train photo session of Seibu Railway that took place on the 19th. Popular character "Jibanyan" also appeared, I was a big crowded with parents and children

Item this summer, has attracted the eyes from heat most children's medal and the corresponding "DX ghost watch". The "Do buy surely How Do -". Figure complication stock information to (complicated), scramble for a family going out together in order to get on the net, such as is not uncommon.

In the story, calling by mounting medals monster that you can find a monster lurking close to hero with the clock, became friends. Production, so that we may reproduce the view of the world "DX ghost watch". First edition was released in January, it has sold about 10 million units by March. It should be noted even after nearly seven months since its release, state that it is hard to obtain in the country has continued.

Under these circumstances, new "DX specter watch type zero expressions" (without tax ¥ 3,200) will be released in the 2nd next month. Seen a long line is possible from opening before the toy store and around the country. This is because such large electronics stores and toy sales giant has not been received over-the-counter reservation. Bandai Publisher does not publish the number of sales, the arrival of each each store only be sold after the sale date. Consumers hassles "I want to know where the store is, or sell the number of how much, but I do not know until just before" he said.

Hard to find (2 pieces per bag, without tax ¥ 180) is also medals to play by being attached to "watch monster" this. It can also be used on a dedicated machine arcade game software and the corresponding absence of goods shop after another. According to Bandai, shipment volume reached 32 million pieces by the end of June, expected to more than 100 million pieces of total by the end of the year.

Products attached to the award this medal also limited special demand. Advance tickets "Nyan's secret of ghost watch the birth!" Movie (20 Publication Date: December) sold out almost 500,000 pieces of first arrival on the market in the 19th this month. In spite of the five months before the public, it was a large matrix containing the set all night in theaters nationwide day of release.

In addition, monthly Colo comics are serialized manga (Shogakukan), (released August 12) September issue wearing in the Appendix limited medals to reach 100 million copies in circulation about four years. Summer have Atsu specter of children and goes on.

Seibu Railway is teamed up with the specter watch «matrix to stamp pad», conducted in the stamp rally with 10 station Seibu Line and Tokorozawa and Nerima. I have been able to matrix the stamp pad. Wrapping trains in service until August 31.
/////
新作「妖怪ウォッチ」狂想曲 「絶対手に入れたい」家族総出で奔走

ゲームやアニメ、漫画、キャラクターグッズなどが次々と製作され、社会現象となっている「妖怪ウォッチ」をめぐり、夏商戦が本格化している。主人公が身につけている腕時計は全国的に品切れ状態が続く中、新作が8月2日発売。必ず手に入れたいと、子供だけでなく、親まで巻き込んでいる。関連グッズを特典にしたコミックや映画観賞券にも争奪戦が繰り広げられている。
コマさんとコマじろう よ 妖怪ウォッチ.png
19日行われた西武鉄道のラッピング電車撮影会。人気キャラクター「ジバニャン」も現れ、親子連れで大混雑した

 今夏、もっとも子供たちから熱視線を集めているアイテムが「DX妖怪ウォッチ」と対応のメダルだ。「どうしたら確実に買えるのか――」。ネット上などで入荷情報が錯綜(さくそう)し、手に入れるために家族総出で奔走する姿は珍しくない。

 物語では、主人公が時計を使って身近に潜む妖怪を発見したり、友達になった妖怪のメダルを装着して呼び出す。「DX妖怪ウォッチ」はその世界観を再現できるように生産。第1弾が1月に発売され、3月までに約10万個を売り上げた。発売から7カ月近くたってもなお、全国で入手困難な状態が続いている。

 こうした中、新作「DX妖怪ウォッチ タイプ零式」(税抜き3200円)が来月2日に発売。各地の玩具店などには開店前から長蛇の列ができるとみられる。玩具販売大手や大型家電量販店などは店頭予約を受け付けていないためだ。発売元のバンダイは販売個数を公表しておらず、発売日以降に各店舗ごとの入荷分だけ販売される。消費者は「どこの店が、どれくらいの数を売るのか知りたいけれど、直前まで分からない」と頭を悩ませる。

 この“妖怪時計”に装着して遊ぶメダル(1袋2枚入り、税抜き180円)も入手困難。対応するゲームソフトやゲームセンターの専用機でも使え、品切れ店が続出。バンダイによると、6月末までに出荷量は3200万枚に達し、年内に累計1億枚を超える見通し。

 この限定メダルを特典につけた商品は特需も。映画「妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」(12月20日公開)の前売り券は今月19日に発売され先着50万枚がほぼ完売。公開5カ月前にもかかわらず、発売当日は全国の映画館に徹夜組を含む大行列ができた。

 また、漫画を連載している月刊コロコロコミック(小学館)は、限定メダルを付録につけた9月号(8月12日発売)が約4年ぶりに発行部数100万部に到達する。子供たちと妖怪のアツい夏はまだまだ続く。

 ≪スタンプ台に行列≫西武鉄道は妖怪ウォッチとタッグを組み、練馬や所沢など西武線10駅でスタンプラリーを実施中。スタンプ台には行列ができている。ラッピング電車も8月31日まで運行中。
//////
妖怪ウォッチ 夏の鉄道スタンプラリーでもポケモンに迫る勢い

夏休みのイベントといえば海水浴やキャンプ、花火が定番だが、最近は鉄道各社によるスタンプラリーもある。今年もJR東日本はポケモンスタンプラリーを開催するが、最注目は西武鉄道の『妖怪ウォッチ』スタンプラリーだろう。他にも東京メトロは『ハピネスチャージプリキュア』と『仮面ライダー鎧武』、東武鉄道は『クレヨンしんちゃん』、名古屋市営地下鉄は『ドラえもん』、9月末までの実施でJR四国は『アンパンマン』など、子どもに人気のキャラクターが勢ぞろいだ。

『妖怪ウォッチ』といえば、関連おもちゃが軒並み品切れになり、発売されたばかりの「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」(レベルファイブ)は初週で販売本数が130万本を超える人気ゲーム・アニメだ。夏休みに妖怪が見える時計を手に入れた小学生のケータが、出会う妖怪たちと友だちになることで問題を解決する内容は、登場する妖怪キャラクターの愛らしさなどもあわせて、よく第2のポケモンと呼ばれている。

『踏切天国』など鉄道関連の著作があるライターの小川裕夫さんは「『ポケモン』や『妖怪ウォッチ』のように収集願望をくすぐるものはスタンプラリーに向いています」と言う。

「長年続いている『ポケモンスタンプラリー』参加者の様子を聞くと、スタンプを完全に集めることが子どもたちの間でステータスになっています。そしてスタンプラリーは、子どもだけでなく保護者も含めた利用者が増えるので、鉄道会社にとってもうれしいイベントで、栄養補給に飲み物を買い食事もするため地域振興にも役立つ。利用者の満足度も高く、全体として喜ばれるものになっていることが多いですね。

 鉄道会社にとって、学生が夏休みに入る時期は利用者が減少する悩ましい季節でしたが、それを埋め合わせる役割を果たしているのがJR東日本の『ポケモンスタンプラリー』です。JR東日本が夏の旅客減少対策に成功してからというもの、追随して夏休み向けスタンプラリーを実施する鉄道会社が増えています」(前出・小川さん)

 1997年に初めてJR東日本がポケモンスタンプラリーを開催したとき、通勤時間帯にターミナル駅で子どもが長い列を作っていると評判になった。その後、ラッシュ時を避ける時間規定やゴールを2段階に設定するなどマイナーチェンジを繰り返し、20年近く続く人気イベントに成長している。小さな子どもが、鉄道実習の高校生に補助されてスタンプを押す姿も見慣れた光景になった。

「鉄道会社が人気のキャラクターで子どもの関心を引くのは、後ろにいる大人をひきつけるため。大人の興味だけでは30~50代の忙しい世代は動いてくれません。そこで鉄道会社と地域振興とアニメ、親和性が高いこの3つを三位一体的に連動させてレジャーへ誘っているのです。この仕組みは実施者、協力者、参加者のいずれも満足度が高いイベントになることが多いのです。

 自治体が単独でご当地もののアニメや小説に関連したスタンプラリーやイベントを実施することがありますが、人の流動性や盛り上げに苦労しています。ところが鉄道が加わると動きが生まれ、子どもが主役になると同行の保護者も含め利用者が増えます。ラッピング電車などは一回の訪問で写真を撮って帰るだけになりがちですが、乗り放題チケットを買うスタンプラリーは旅客ひとり当たりの単価が高いのも魅力的です。夏休みのスタンプラリーは今後もなくならないでしょう」


 発表されているスタンプ設置駅をみると、『妖怪ウォッチ』は秩父まで遠征せずともスタンプが集められる。もっとも遠くても西武球場前までだ。とはいえ、夏休みで開放的な気分になっている子どもたちは大胆な行動に走りがちだ。トラブルが起きてから「妖怪のせいなのね、そうなのね」とならないように気をつけたい。
//////
「妖怪ウォッチ」特典付き劇場前売券が即完売で早くも転売 「子どもが泣いています」と公式Facebookに批判

子どもたちの間でゲームやアニメが大ブームとなっている「妖怪ウォッチ」。7月19日に発売された「特典付き劇場前売券」は徹夜で長蛇の列ができるほどの騒ぎとなり、公式Facebookに批判が集まっています。

【オークションには特典が高値で出品されている】

 これは12月20日公開の映画「妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」の前売券に、ゲーム内で使える「フユニャンメダル」とデータカードダス「Sレア ジバニャン」の特典がついたもの。全国の映画館で先着50万人限定で販売されました。販売開始時間や購入枚数制限は各劇場によって違うものの、「1人6枚買える」「朝5時に並んだけど買えなかった」という場所もあり、Twitterでも多くの行列画像が投稿されました。転売目的で並んだ人も多かったようで、ネットオークションでは高値での出品が相次いでいます。

 子どもと早朝から並んで買えなかった人も多く、「子どもが泣いています」「販売枚数が少なすぎる」「他の映画のように入場者全員プレゼントにできないの?」といったコメントが殺到。「子どもの映画なのに子どもの手に入らない。誰のための特典なのか」と販売体制に対する厳しい批判の声があがっています。

///////
上の記事をみると、・・・・・妖怪のせい?なのか?
///////
夏の鉄道スタンプラリーは、楽しい! さらに、楽しいのは、親子で楽しむこと!!

夏休みの自由研究に 
「『妖怪ウォッチ』の コマさんの神社をさがす?!  「もんげー」 は 岡山弁 づら ね!」
ってのは、どうかな・・。  

都会の人よ! せひ!「もんげー」の街  この夏は、岡山の街・岡山の神社で「コマさん」を探してみてください。  岡山弁「もんげー」で、岡山が『妖怪ウォッチ』の聖地になる日は近い?・・!
//////
<妖怪ウォッチ>「もんげー」復権 岡山弁から全国へ
(地域活性化 岡山に「もんげー神社」をつくろう!
ここ

岡山弁「もんげー」を世界に!  (このニュースに熱視線!注目! 「妖怪ウォッチ」の人気! 妖怪ウォッチ(妖怪メダル祭りは?) (「桃太郎」と「妖怪ウォッチ」で地域活性化だ!)
ここ

//////
//////
【TVCM】『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』コマさんもんげー篇
//////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。