2014年07月30日

献立作成サービス「ミーニュー」に新機能-岡山のIT企業が開発  /起業を後押し、年650万の生活費支給へ…政府

献立作成サービス「ミーニュー」に新機能-岡山のIT企業が開発
/起業を後押し、年650万の生活費支給へ…政府
//////
IT companies Okayama development - new features menu planning services to "Minyu"

July, new features were added: "new (Minyu) me" to the web service to act for the menu making (Okayama city north district Tsushimanaka 1) was developed Minyu.
The service for which you want to create a menu for one week in consideration for nutritional balance and user preferences. We have developed a "want to reduce a little the burden of busy housewife". I won the Grand Prix DOCOMO Innovation Village was held in March.
I want to create a menu that nutritionist Exclusive thought also nutritional balance of the menu. Is referred to as "to solve the hassle of making menu" in its own rules "do not put it too difficult cuisine" eg, "do not overlap the same food." I was to be seen also carte of users other than themselves in this renewal.
Nobuyuki Miyake president said, "start-up companies are concentrated in Tokyo anyway. It's possible in Okayama, but I'm glad there is more and also Okayama environment that can be start-up" and
//////
献立作成サービス「ミーニュー」に新機能-岡山のIT企業が開発

ミーニュー(岡山市北区津島中1)が開発した献立作りを代行するウェブサービス「me:new(ミーニュー)」に7月、新機能が加わった。
ユーザーの好みや栄養バランスに配慮した1週間分の献立を作成する同サービス。「忙しい主婦の負担を少しでも減らしたい」と開発した。3月に行われたドコモ・イノベーションビレッジではグランプリに輝いた。
専属の栄養士が献立の栄養バランスも考えた献立を作成する。「あまりに難しい料理は入れない」「同じ食材は重ねない」など独自のルールで「献立作りの煩わしさを解決する」という。今回のリニューアルでは自分以外のユーザーの献立表も見られるようにした。
「スタートアップ企業はどうしても東京に集中している。岡山でも可能だが、スタートアップできる環境が岡山にももっとあるとうれしい」と三宅伸之社長は話す
//////
起業を後押し、年650万の生活費支給へ…政府

//////
Encourage entrepreneurship, to the cost of living allowance of 6.5 million year ... government

The government, begin during the current fiscal year a system to pay up to two years the cost of living of 6.5 million yen per year to people that entrepreneurship Stop it and salaried workers.

To boost entrepreneurship of excellent engineers and scientists to eliminate the anxiety that would almost lost income in the beginning you have entrepreneurs, to work at a large company. We look forward to starting a business in the manufacturing-related, such as robot market expansion in the future is expected in particular.

Takes the form to become contract employees of affiliated companies "New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO)" of the National Institute of Economy, Trade and Industry under the jurisdiction of the Ministry, entrepreneurs, pay as a "salary" the cost of living NEDO. It plans to recruit up to August 18, to select the degree (up to three per company) 15 companies.

The NEDO, (upper limit of 15 million yen per year) is also paid subsidies for market research and prototype development.
//////
起業を後押し、年650万の生活費支給へ…政府

政府は、サラリーマンなどをやめて起業する人に年間650万円の生活費を最長2年間支給する制度を今年度中に始める。

 起業した当初に収入がほとんどなくなってしまう不安をなくし、大企業などに勤務する優秀な技術者や研究者の起業を後押しする。特に将来の市場拡大が見込まれるロボットなど製造業関連での起業を期待している。

 起業家が、経済産業省所管の独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の関連会社の契約社員になる形をとり、NEDOが生活費を「給与」として支払う。8月18日まで募集し、15社(1社当たり最大3人)程度を選ぶ予定だ。

 NEDOは、試作品づくりや市場調査のための補助金(上限は年間1500万円)も支給する。
//////
追加
2014年07月23日
岡山市など連携 創業ネット設立 (岡山で起業せよ!)

2014年04月11日
全国初 起業家ゼロ金利 岡山県が補助制度始める

//////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。