2014年08月07日

岡山駅前商店街 木曜マルシェ  (イオンモール岡山の共存への模索  OHK、テレビせとうちのニュースに)

岡山駅前商店街 木曜マルシェ 08/07
(「岡山ちびっこマラソン大会」のイベント なんかも面白いかも・・・)


岡山駅前商店街 がんばってるね! イベントをやってるね! 体験・地域・地産を大切にいいかんじだが・・・。

毎月第2日曜の岡山駅前商店街「桃太郎市」に続き、「木曜マルシェ」・・・(テレビせとうちのニュース)
「おかやま桃太郎まつり」をささえるニュース、にぎわいが一番と・・・(OHKのニュース)
岡山駅前商店街「桃太郎市/ももたろういち」 | Facebook


岡山駅前商店街「桃太郎市」( 毎月第2日曜 )

とね! しかし、テレビ局の編集としては、NHKも含めて、「イオンモール岡山」との対抗としての番組構成が強調される。イオンモール岡山の共存での「岡山をもりあげよう」と、岡山の商店街、岡山天満屋、岡山屋高島屋等がトップが発言しているにもかかわらず、残念な構成の番組になっていると思うのは、私だけかな? 「イオンモール岡山」との対抗、「イオンモール岡山」の共存をバランスよく、報道、特集の番組を期待したい。なぜなら、「イオンモール岡山」のイオンの業績は、あまりよくない。「イオンモール岡山」の特別番組は、これからも放映されるだろうが、「イオンモール岡山」は、話題の中心であってよいが、「岡山全体が元気になる」番組をつくって欲しいものだ。

(市民参加の討論番組をつくりとか、岡山市や山陽新聞協賛あたりで、「イオンモール岡山」や「岡山駅前商店街」や「岡山表町商店街」や「岡山奉還町商店街」や「天満屋」や「高島屋」の連携で、中心市街地の回遊をイメージした「岡山ちびっこマラソン大会」のイベントとかね! (商店街マラソン大会)、  「もんげー神社」スタンプラリー とかね! (『妖怪ウォッチ』コマさん もんげー! 岡山弁「もんげー」を世界に! 「もんげー神社」を各商店街ごとにつくる! 「天満屋」や「高島屋」や 「イオンモール岡山」にも「もんげー神社」をつくる! 地球にやさしい 段ボールとかで・・・ 岡山ESDプロジェクト なんかで・・・))

【TVCM】『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』コマさんもんげー篇

///////
岡山駅前商店街 木曜マルシェ
午前10時~午後4時
 岡山駅前商店街で毎週木曜に開催する定例イベント。当日は、岡山県内の作家らがアーケード下に“出張”。手作りネックレスや骨とう品などを扱う。

場所
岡山駅前商店街
住所
岡山市北区駅前町

///////
岡山駅前商店街「桃太郎市」

開催場所 岡山駅前商店街
開催時間 毎月第2日曜
10:00~16:00
交通アクセス 岡山駅から徒歩5分
主催/お問い合わせ 桃太郎プロジェクト実行委員会
TEL:086-225-2785

毎月第2日曜に岡山商店街で開催されている「桃太郎市」は、体験型の市です。販売するものだけではなく、岡山にちなんだ体験をしてもらおうと、備前焼のろくろ体験等を実施しています。

家族みんなで遊びたい。だけど近場にもう行き飽きてしまった・・・。そんなお母さんに注目!!近場なのにここでしか手に入らない美味しい物が食べられて、しかも大人も子供も家族みんなで楽しめる!そんなイベントです。
//////
イオンに異変?スーパー不振で赤字寸前 遅れる消費増税対策、首都圏連合に暗雲か
//////
The accident on the ion? Consumption tax increase measures late deficit verge in a slump super, or dark clouds in the Tokyo metropolitan area Union

Contents of the consolidated financial statements (March-May 14) in the first quarter ended February 28, 2003 at which the ions were announced on July 4 is, leap in unexpected places, you have become a hot topic in the food supermarket industry.

While operating revenue hitting sales is 17.2% year-on-year increase in the 1 trillion 713 billion yen, operating income decreased significantly of 35.3% from the previous year to 22.5 billion yen in the same settlement. It was a performance of the deficit fall imminent and 1.3 billion yen of the 90.1% year-on-year decrease is reached on the final profit.

Its main cause is it sluggish supermarket business mainstay. (Decrease of 7.3 billion yen from the previous fiscal year) deficit of 3.8 billion yen, supermarkets business he fell to the operating deficit, together with (a decrease of 2.7 billion yen from the previous fiscal year) deficit of 2.3 billion yen food supermarket business. There is (operating loss of 3.9 billion yen) impact of Daiei became consolidated from the synchronization, but I sounded supermarkets core subsidiary "ion retail" also is was sunk in operating loss of 2 billion yen.

Super business had slipped to operating deficit, an increase in promotional costs and sluggish sales factor. For example, in the case of ion retail, and deferred the price of the total 20 000 items of NB (Manufacturer Product) PB and (voluntary planning products) in early April, it was a substantial reduction in the consumption tax hike after. As a result, (breakdown of 2.19 percent, down clothing, down 0.7% food, up 3.5% housing and recreational) was maintained at the previous year remained flat comparable store sales. But because the number of customers was 3.4% year-on-year decrease of unexpected, I was led to operating losses.

In addition, since the renovation and investment reduction sale expansion of the chord point aimed at expanding sales also backfired in the number of customers decreased, sales promotion expenses increased 3.8 billion yen. And an increase of 7.8 billion yen, and expanded the operating loss in the selling, general and administrative expenses as a whole.

● weakness of the supermarket business of ions exposed in tax increases
For this "message" Ahn "might not be transmitted measures such as tax increases after point and promotional price reduction halfway, did not reach out a number of customers" (Mori Miki vice president of ion), ion management "after tax increase, you are answerable went promotional centered on 3 products fresh, but the price corresponding was insufficient if you look at the flyer and over-the-counter of other companies "such as (Umemoto Kazunori president of Aeon Retail), tax-hike measures it was Futettei.

But, "We highlighted the fragility of the supermarket business of the ions is higher taxes", securities analysts in the distribution industry representatives will be described in the following way.

In the wake of the consumption tax increase, sorting the eyes of consumers have become more stringent. Price is also much cheaper, and not buy unnecessary, non-essential goods, tend to examine carefully the item becomes stronger when you buy. Therefore, only low price appeal such as ion no longer sold anymore. Customer traffic also moves away because there is no want goods. PB strong of Seven & i Holdings is to symbolize the contrary, it is even more expensive sell some added value is high. Then, the analysis "ion's slump factor of the current fiscal year to analyze objectively the strengths of their own and consumption trends, it neglected efforts to make the store management products and develop it," he said. In other words, it's that did not perform the strategic transformation of the tax increase was necessary after.

It suggests strategies for achieving customer numbers increase by strengthening of price support as future measures, the ions 15 to (17-23% year-on-year) 2000-2100 billion Operating income (up 5% year-on-year) ¥ 48 billion net income I affirmed full-year earnings forecast originally ended February year.

Voice of doubt and "How can achieve full-year plan only price corresponding strengthening" is rising among stock market participants even for this.

● Do dark clouds in the Tokyo metropolitan area Super Union
Slump in the supermarket business of the ions, yet they leap to unexpected places further.

Ion was officially announced in May this year, it's metropolitan Super Union initiative of Motoya Okada, president prodding. Industry officials familiar with the know the company's confide in the following manner.

"Because this is a real president projects, not employees to criticize it openly. However, the part of the house, in management integration, such as the mutual aid union a collection of super. Performance plateau that suspicion had been smoldering from the front, Union is it possible to achieve a vision. opinions and PB review of ions pales to against PB Seven more, store operations strengthening of subsidiaries and series super is whether not a top priority, and burned at once a supermarket business slump in this time, tuning employees to have increased "

"In addition, depending on. Course the performance of your Buddha is in this, upset has occurred also in Kasumi and Maruetsu of the Union will participate, there is a possibility that Union initiative to derail" and (the same).
//////
イオンに異変?スーパー不振で赤字寸前 遅れる消費増税対策、首都圏連合に暗雲か

イオンが7月4日に発表した15年2月期第1四半期(14年3―5月)連結決算の内容が、思わぬところに飛び火し、食品スーパー業界内で話題となっている。

 同決算では売上高に当たる営業収益は1兆7130億円で前期比17.2%増となる一方、営業利益は225億円で前期比35.3%の大幅減。最終利益に至っては前期比90.1%減の13億円と赤字転落目前の業績だった。

 その主因が主力のスーパー事業の不振だ。総合スーパー事業が38億円の赤字(前期比より73億円の減益)、食品スーパー事業が23億円の赤字(前期比より27億円の減益)と共に営業赤字へ転落したのだ。同期からダイエーが連結対象になった影響(39億円の営業赤字)はあるものの、中核子会社の総合スーパー「イオンリテール」も20億円の営業赤字に沈んだのが響いた。
 
 スーパー事業が営業赤字に転落したのは、売上高の伸び悩みと販促費の増加が要因。例えばイオンリテールの場合、4月初めにPB(自主企画商品)とNB(メーカー商品)の合計2万品目の価格を据え置き、消費税増税後に実質的な値下げを行った。その結果、既存店売上高は前期比横ばい(内訳は衣料2.19%減、食品0.7%減、住居余暇3.5%増)を維持した。だが客数が予想外の前期比3.4%減だったため、営業赤字を招いた。

 また、拡販を狙ったワオンポイントの還元セール拡大や改装投資も、客数減で裏目に出たため、販促費が38億円増加。販管費全体では78億円の増加となり、営業赤字を拡大させた。

●増税で露呈したイオンのスーパー事業の弱さ
 イオン経営陣はこれについて「低価格化やポイント販促など増税後の施策が中途半端で『安さのメッセージ』が伝わらず、客数を伸ばせなかった」(イオンの森美樹副社長)、「増税後、生鮮3品を中心に販促を行ったが、他社の店頭やチラシを見ると価格対応が不十分だった」(イオンリテールの梅本和典社長)など、増税対策が不徹底だったと釈明している。

 だが、流通業界担当の証券アナリストは「増税がイオンのスーパー事業の脆さを浮き彫りにした」と、次のように説明する。

 消費増税をきっかけに、消費者の選別眼が一段と厳しくなった。いくら値段が安くても、不要・不急品は買わない、買う時は商品を慎重に吟味する傾向がより強くなった。このため、イオンのような低価格訴求だけではもう売れなくなった。欲しい商品がないから客足も遠のく。逆にセブン&アイ・ホールディングスのPB好調が象徴するように、付加価値が高ければ多少割高でも売れる。そして「イオンは消費動向と自社の強みを客観的に分析し、それを商品開発や店舗運営に生かす努力を怠ったのが今期の不振要因だ」と分析する。つまり、必要だった増税後の戦略転換を行えなかったというのだ。

 イオンは今後の対策として価格対応の強化で客数増を図る方針を示し、営業利益2000―2100億円(前期比17―23%増)、最終利益480億円(同5%増)とする15年2月期の当初通期業績予想を据え置いた。

 これに対しても株式市場関係者の間で「価格対応強化だけで通期計画を達成できるのか」との疑問の声が上がっている。

●首都圏スーパー連合に暗雲か
 さらにイオンのスーパー事業の不振が、思わぬところへ飛び火しているのだ。

 それはイオンが今年5月に正式発表した、岡田元也社長肝いりの首都圏スーパー連合構想だ。同社の内情に詳しい業界関係者は次のように打ち明ける。

「これは実質社長案件なので、表立って批判する社員はいない。だが、社内の一部には、前から疑念がくすぶっていた。業績頭打ちのスーパーを集めた互助組合のような経営統合で、連合構想を実現できるのか。それよりセブンのPBに対して見劣りがするイオンのPB見直しと、子会社・系列スーパーの店舗オペレーション強化が先決ではないかとの意見が、今回のスーパー事業不振で一気に燃え上がり、同調する社員が増えている」

 さらに「ご本尊の業績がこれではと、連合参加予定のマルエツやカスミにも動揺が起きている。成り行きによっては、連合構想が頓挫する可能性もある」(同)という。

 もし、首都圏スーパー連合が岡田社長の思惑通り進まなければ、そもそもの目的である「首都圏攻略」も、戦略の根本的な見直しが迫られるのは必至。同社には薄氷を踏むような残り9カ月間になりそうだ。
//////
「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」へ  (母の日)

イオン岡山「車で来店」7割超? のニュースがあったが・・。イオンの戦略は・・ 岡山にどう影響? 以下の記事

イオン岡山「車で来店」7割超 県警調査、店側想定は3割未満

//////
コマさんの人気!
【TVCM】『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』コマさんもんげー篇
//////
//////
夏休みの自由研究に 
「『妖怪ウォッチ』の コマさんの神社をさがす?!  「もんげー」 は 岡山弁 づら ね!」
ってのは、どうかな・・。

岡山の子供たちが「もんげー」と方言をしゃべりだしたのは「妖怪」の仕業だった?「妖怪ウォッチ」ブームで岡山弁「もんげー」が今年の流行語に?!

<妖怪ウォッチ>「もんげー」復権 岡山弁から全国へ
(地域活性化 岡山に「もんげー神社」をつくろう!
ここ

岡山弁「もんげー」を世界に!  (このニュースに熱視線!注目! 「妖怪ウォッチ」の人気! 妖怪ウォッチ(妖怪メダル祭りは?) (「桃太郎」と「妖怪ウォッチ」で地域活性化だ!)
ここ

//////

【TVCM】『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』コマさんもんげー篇

//////

参考
マルナカ VS 天満屋ストア (イオン VS セブン&アイHD の地域戦か)
//////

◇セブン&アイHD/5兆6318/3396/3兆5360
◇イオン/6兆3951/1714/9970

イオンが関東の食品スーパー3社を統合へ

イオンが、出資する食品スーパー3社の経営統合に乗り出すことが19日わかった。イオンの100%子会社マックスバリュ関東と、首都圏を地盤とするマルエツ、茨城県を中心に展開するカスミの3社を来春をめどに統合する。商品調達や物流などの連携を強化し、コンビニエンスストアや他のスーパーに対する首都圏での競争力を高める。
 3社のうちマルエツとカスミは東証1部上場。各社は19日に取締役会を開き、同日午後にも発表する予定だ。
 統合形態は、まずマックスバリュ関東、マルエツ、カスミの3社が持ち株会社を設立。マルエツに約3割出資する丸紅と、イオンが共同出資会社を設立し、持ち株会社の過半数を出資すると同時に、持ち株会社を上場させる方針だ。共同出資会社についてはイオンが7割程度、丸紅が3割程度出資することで調整している。
 統合後もそれぞれの会社は存続し、既存ブランドでの営業を継続する。傘下の店舗は約470店となり、イオングループのプライベートブランド(PB、自主企画)商品の活用や、物流、商品調達などで大規模な連携を図ることができ、コスト削減が可能になる。
 今回の統合は、イオンが丸紅と共同で進める「首都圏スーパー構想」の第1弾。イオンは、ベルクやいなげやに出資しているほか、丸紅も東武ストアと資本提携している。今後、これら資本関係のあるスーパーを巻き込む可能性もある。

「首都圏スーパー構想」から、岡山はどうなる。


岡山県では、
セブン&アイHDが、岡山県が地盤の天満屋ストアなどM&A戦略を加速しています。
イオンのマルナカなどM&A戦略を加速しています。

資本上においては「マルナカ」と「山陽マルナカ」は親子関係ではなく兄弟会社の関係で、現在はいずれもイオングループの企業となっている。一方で「マルナカホールディングス」そのものはイオン株を所持している法人株主のうちの一社である。
両社は元々地場のスーパーマーケットグループであったが、2011年11月25日にイオンが「マルナカ」を子会社化、「山陽マルナカ」を完全子会社化した。

市場で囁かれるのは、セブン&アイとイオンの売上高逆転だ。現在はイオンが日本一だが、「セブン&アイは通販のニッセンや、岡山県が地盤の天満屋ストアなどM&A戦略を加速しています。ライバル逆転は近いかもしれません」(経済評論家の杉村富生氏)という。セブン&アイの営業利益はイオンの約2倍で、時価総額は3倍以上。売上高だけがイオンに負けている。それだけに、「売上高トップの奪取は、鈴木敏文CEO(81)の花道になる」(証券アナリスト)なんて声も出てきた。

//////
「イオンモール岡山」関連の話題
2014年08月12日
<岡山市>今秋イオンモール開業前、社会実験断念 県警が交通渋滞懸念 /岡山
http://okayamapowers.seesaa.net/article/403619282.html
2014年08月11日
路面電車の駅乗り入れで4検討案 岡山市、高架化や地下で接続も/イオン整備、歩道橋の架設本格化
http://okayamapowers.seesaa.net/article/403619808.html

2014年08月07日
岡山駅前商店街 木曜マルシェ  (イオンモール岡山の共存への模索  OHK、テレビせとうちのニュースに)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/403347701.html

2014年07月29日
岡山の子供たちが「もんげー」と方言をしゃべりだしたのは「妖怪」の仕業だった?「妖怪ウォッチ」ブームで岡山弁「もんげー」が今年の流行語に?!
http://okayamapowers.seesaa.net/article/402755845.html


2014年07月13日
岡山駅前商店街「桃太郎市」( 毎月第2日曜 )
http://okayamapowers.seesaa.net/article/401974258.html

2014年06月29日
イオン開店前に交通量調査実施 今日と来月1日 岡山 (ももちゃりとアプリと割引連携を・・・)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/400557156.html

2014年06月27日
商店街で土曜夜市楽しもう (夏恒例の「土曜夜市」が岡山市中心部の3商店街) 「妖怪ウォッチ」のもんげーの街 岡山
http://okayamapowers.seesaa.net/article/400426959.html

2014年06月27日
イオン渋滞対策で交通量調査へ  「大型商業施設・イオンモール岡山」
http://okayamapowers.seesaa.net/article/400426204.html



2014年06月17日
<妖怪ウォッチ>「もんげー」復権 岡山弁から全国へ (地域活性化 岡山に「もんげー神社」をつくろう!)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/399681720.html

2014年06月16日
「妖怪ウォッチ」の聖地に岡山に「もんげー神社」を商店街につくろう!(「妖怪ウォッチ」が待望の映画化!ゲーム発売から1年足らず)地域活性化!
http://okayamapowers.seesaa.net/article/399574607.html

2014年05月11日
「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」へ
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396769530.html

2014年06月10日
イオン、2500台の臨時駐車場 本当に大丈夫か? 
http://okayamapowers.seesaa.net/article/399146492.html

2014年05月31日
商店街の魅力高め、イオンに対抗 (イオン VS 商店街・天満屋) (イオン VS セブン&アイ)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/398369258.html

2014年05月20日
マルナカ VS 天満屋ストア (イオン VS セブン&アイHD の地域戦か)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/397532085.html

2014年05月12日
岡山ビブレ、35年の歴史に幕の「瞬間」
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396850404.html


2014年05月10日
<岡山ビブレ>35年の歴史に幕 類似の店舗間競争激化 ( 明日 )
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396730542.html

2014年05月10日
天満屋ストアどうなる? 岡山県が地盤の天満屋ストアなどM&A戦略 (セブン&アイが買収・出資)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/397174349.html


2014年05月08日
イオン岡山「車で来店」7割超? のニュースがあったが・・。イオンの戦略は・・ 岡山にどう影響? 以下の記事
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396525951.html


2014年05月08日
岡山 山陽マルナカの挑戦 デジタルサイネージの情報発信でスーパーや放送局、通信など連携   デジタルサイネージとは・・
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396738379.html


2014年05月06日
イオン岡山「車で来店」7割超 県警調査、店側想定は3割未満
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396525147.html
//////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。