2014年08月16日

湯郷ベル暫定首位「岡山ダービー」

湯郷ベル暫定首位「岡山ダービー」
/////
Yunogo Bell provisional top spot

The 16th, three games were held in various places, girls soccer Nadeshiko League regular series final section the first day. Okayama Yunogo Bell and Kibi International University Sharm will clash "Okayama Derby" and Yunogo Bell was victory in the 7? 0 in Kanko Stadium in Okayama. Yunogo Bell emerged as interim leader in the (36 points) 11 wins 3 draws and 4 losses total. NTV stayed to draw points and 35 AS Saitama. Urawa (the 35) is Makere to INAC Kobe on the 17th of the last day, Yunogo bell rings the same series victory.
Kibi International University is the lowest (same 1) 17 losses and one draw. Exciting series that begins at the end of the month to fight the (7-10 position) lower league, but for the third, points carried over is 0 start.
Wins at 2? 0 in Sendai, Chiba decided (1-6 position) into the series the top league at the 5-position interim. I turn to the lower league in seventh Sendai. 3? 0 Okayama Yunogo 11 wins 3 draws and 4 losses 4? 0 late Okayama Yunogo 7? 0 Kibi International University early 17 losses (36) Kibi International University and one draw (1)
[Rate] Okayama Yunogo Bell has won the Derby in Okayama 7 score of this season most. Attaching skillfully space of enemy MF Nakano offense is linked, Additional steadily. MF Miyama who played with four goals, including the first goal of the 7 minute of the first half. Is suppressed in two shoots opponent with precise positioning and intensity of the sphere when, it outperformed without conceding a goal in 13 games the first time even observe.
MF Nishikawa et al's invaded and took the ball in a high position several times Kibi International University in Sharm, but it ended in a one-shot. Exit's also out in the second half, I could not catch up inferiority.


Okayama Derby hot ale

The 16th, Okayama Yunogo Bell and Kibi International University of Sharm-soccer Women's Nadeshiko League to play against "Okayama Derby" is Kanko Stadium in Okayama, Yunogo Bell won a sweeping victory in the 7? 0. Match against the last round out their regular series for both teams. Fans of 2999 ​​people flocked to the stand after the rain, I was sent a hot ale in two armies.
Yunogo Bell dominated the ball with quick maneuvering to the axis of the MF Miyama scored four. Carries the game skillfully also late was turned back at 4? 0, you have added three points. MF Nishikawa et al. Approaching the goal at the counter millet International University, but I could not stuffed. Standing in the provisional top spot in the (36 points) 11 wins 3 draws and 4 losses total, Yunogo Bell becomes the regular series victory Urawa (the 35) of the 3-position if Makere to INAC Kobe (the 26) in the 17th. 17 losses and one draw of the lowest (the same one) Kibi International University (10 place).
On this day of "Sanyo newspaper Matchday", a variety of events such as the Japanese drum performance and the sale of Class B gourmets were unfolded around the venue.
/////
湯郷ベル暫定首位

サッカー女子・なでしこリーグレギュラーシリーズ最終節第1日は16日、各地で3試合が行われた。岡山市のカンコースタジアムでは吉備国大シャルムと岡山湯郷ベルが激突する「岡山ダービー」となり、湯郷ベルが7?0で大勝した。湯郷ベルは通算11勝3分け4敗(勝ち点36)で暫定首位に浮上。日テレはAS埼玉と引き分け勝ち点35にとどまった。最終日の17日に浦和(同35)がINAC神戸に負ければ、湯郷ベルが同シリーズ優勝となる。
 吉備国大は1分け17敗(同1)で最下位。今月末に始まるエキサイティングシリーズは下位リーグ(7~10位)を戦うが、持ち越される勝ち点は3分の1のため、0スタートとなる。
 千葉は仙台に2?0で勝ち、暫定5位で同シリーズ上位リーグ(1~6位)入りを決めた。仙台は7位で下位リーグに回る。岡山湯郷7?0吉備国大前半4?0後半3?0岡山湯郷11勝3分け4敗(36)吉備国大1分け17敗(1)
 【評】岡山湯郷ベルが今季最多の7得点で岡山ダービーを制した。MF中野ら攻撃陣が連動して敵陣のスペースを巧みに突き、着実に加点。MF宮間は前半7分の先制点を含め4得点と活躍した。守っても球際の激しさと的確な位置取りで相手のシュートを2本に抑え、13試合ぶりに無失点でしのいだ。
 吉備国大シャルムは何度か高い位置でボールを奪いMF西川らが攻め込んだが、単発に終わった。後半には退場者も出し、劣勢を挽回できなかった。


エール熱く岡山ダービー

サッカー女子・なでしこリーグの吉備国大シャルムと岡山湯郷ベルが対戦する「岡山ダービー」が16日、岡山市のカンコースタジアムであり、湯郷ベルが7?0で圧勝した。両チームにとってレギュラーシリーズを締めくくる最後の一戦。雨上がりのスタンドには2999人のファンが詰め掛け、両軍に熱いエールを送った。
 湯郷ベルは4得点のMF宮間を軸に素早いパス回しでボールを支配。4?0で折り返した後半も巧みに試合を運び、3点を追加した。吉備国大はカウンターでMF西川らがゴールに迫ったが、詰め切れなかった。湯郷ベルは通算11勝3分け4敗(勝ち点36)で暫定首位に立ち、17日に3位の浦和(同35)がINAC神戸(同26)に負ければレギュラーシリーズ優勝となる。吉備国大は1分け17敗(同1)の最下位(10位)。
 「山陽新聞マッチデー」のこの日、会場周辺ではB級グルメの販売や和太鼓演奏など多彩なイベントが繰り広げられた。
/////
16日なでしこ「岡山ダービー」

 女子サッカーを応援しよう?。なでしこリーグの吉備国大シャルムと岡山湯郷ベルが激突する「岡山ダービー」が16日午後6時から、岡山市北区いずみ町のカンコースタジアムで行われる。3月の開幕戦に続く今季2度目の岡山勢対決は「山陽新聞マッチデー」(岡山マツダ特別後援)と銘打ち、親子や仲間と楽しめる多彩なイベントが繰り広げられる。
 スタジアム前広場では正午にB級グルメの屋台が開店する。甘辛いたれを絡めた「韓国風から揚げ」、さぬき市のご当地グルメで鶏肉を使ったたこ焼き風の「かっしゃ焼き」などを販売。午後3時からはフリーマーケット、同4時半からは県和太鼓連盟による演奏がある。
 ホームチームとなる吉備国大のサポーターを対象に、Aゲートでは先着30人にオリジナルタオルマフラーをプレゼント。スタジアム内では午後5時半から、吉備国大の地元・高梁市出身のミュージシャンLugz(ラグズ)&Jera(ジェラ)さんのライブがある。キックオフ直前には吉備国大のスタッフが西暦にちなみ、2014個の風船を一斉に飛ばす。
 岡山ダービーは、10チームが2回戦総当たりで競うなでしこリーグレギュラーシリーズ最終戦で、湯郷ベルは現在、10勝3分け4敗の3位、吉備国大は1分け16敗で10位。入場料は大人千円(前売り700円)、中高生800円(同500円)。小学生と浴衣姿の女性は無料。問い合わせは同チーム事務所(0866 22 9403)。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:55| Comment(0) | 湯郷ベル暫定首位「岡山ダービー」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。