2014年08月21日

イオンモール岡山12月5日開業

イオンモール岡山12月5日開業
/////
5 days opened Aeon Mall Okayama December

The 20th, opened schedule a large shopping center (Chiba City) is under construction in JR Okayama Station south distribution major ion Mall (SC) "Aeon Mall Okayama" of (Okayama city north district Shimoishii) was revealed. He started the business is limited to local residents from the customer in late November, will be officially opened on December 5.
Aeon Mall Okayama (about 80 008 one thousand square meters floor space) second floor 8th floor above ground, the tenant plans to about 350 stores. In western Japan's largest company in the SC of floor space, both the number of stores, aiming to attract about 20 million people a year.
So far and leading in Okayama prefecture first appearance fashion chain store of the world's largest Tokyu Hands of household goods and (Tokyo) and "ZARA", cross-company Okayama Takashimaya department store (Okayama, Kita-ku, Hon), of the apparel manufacturers (same Kou opening of local tenants such as town) has been decided. I announce near an overview of the entire store.
The practice at the time, apart from the parking lot of approximately 2500 units of the hotel, to ensure a temporary parking of about 2500 units in central Okayama City suburbs such as Action Sports Park Okayama site of JR Kitanagase Station (same Kitanagaseomote town) nearby. It is also considering benefits to encourage the use of public transportation such as bus or JR.
Large SC ion group is deployed in Okayama prefecture three locations CONTENTS Kurashiki, in Tsuyama. In Okayama city center, old Okayama Vivre the site is located across the road and Aeon Mall Okayama also are considering re-development with a view to take advantage of as a commercial facility.
/////
イオンモール岡山12月5日開業

流通大手・イオンモール(千葉市)がJR岡山駅南に建設中の大型ショッピングセンター(SC)「イオンモール岡山」(岡山市北区下石井)の開業スケジュールが20日、明らかになった。11月下旬に顧客を地域住民らに限定して営業を始め、12月5日に正式オープンする。
 イオンモール岡山は地上8階地下2階(売り場面積約8万8千平方メートル)で、テナントは約350店を予定。売り場面積、店舗数とも同社のSCでは西日本最大級で、年間約2千万人の集客を目指す。
 これまでに生活雑貨の東急ハンズ(東京)や世界最大級のファッションチェーン「ZARA」といった岡山県内初出店の大手や、百貨店の岡山高島屋(岡山市北区本町)、アパレルメーカーのクロスカンパニー(同幸町)など地元テナントの出店が決まっている。店舗全体の概要は近く発表する。
 開業時には、併設の約2500台の駐車場とは別に、JR北長瀬駅(同北長瀬表町)近くのアクションスポーツパーク岡山跡地など岡山市郊外を中心に約2500台の臨時駐車場を確保。JRやバスなど公共交通機関の利用を促すための特典も検討している。
 イオングループが岡山県内に展開する大型SCは倉敷、津山市に次ぎ3カ所目。岡山市中心部では、イオンモール岡山と道路を挟んで立地する旧岡山ビブレ跡地も商業施設としての活用を視野に再開発を検討している。
/////
「イオンモール岡山」関連の話題

2014年08月23日
<イオンモール岡山>12月5日に開業 (発表)『西の旗艦店』
http://okayamapowers.seesaa.net/article/404217780.html

2014年08月12日
<岡山市>今秋イオンモール開業前、社会実験断念 県警が交通渋滞懸念 /岡山
http://okayamapowers.seesaa.net/article/403619282.html
2014年08月11日
路面電車の駅乗り入れで4検討案 岡山市、高架化や地下で接続も/イオン整備、歩道橋の架設本格化
http://okayamapowers.seesaa.net/article/403619808.html

2014年08月07日
岡山駅前商店街 木曜マルシェ  (イオンモール岡山の共存への模索  OHK、テレビせとうちのニュースに)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/403347701.html

2014年07月29日
岡山の子供たちが「もんげー」と方言をしゃべりだしたのは「妖怪」の仕業だった?「妖怪ウォッチ」ブームで岡山弁「もんげー」が今年の流行語に?!
http://okayamapowers.seesaa.net/article/402755845.html


2014年07月13日
岡山駅前商店街「桃太郎市」( 毎月第2日曜 )
http://okayamapowers.seesaa.net/article/401974258.html

2014年06月29日
イオン開店前に交通量調査実施 今日と来月1日 岡山 (ももちゃりとアプリと割引連携を・・・)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/400557156.html

2014年06月27日
商店街で土曜夜市楽しもう (夏恒例の「土曜夜市」が岡山市中心部の3商店街) 「妖怪ウォッチ」のもんげーの街 岡山
http://okayamapowers.seesaa.net/article/400426959.html

2014年06月27日
イオン渋滞対策で交通量調査へ  「大型商業施設・イオンモール岡山」
http://okayamapowers.seesaa.net/article/400426204.html



2014年06月17日
<妖怪ウォッチ>「もんげー」復権 岡山弁から全国へ (地域活性化 岡山に「もんげー神社」をつくろう!)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/399681720.html

2014年06月16日
「妖怪ウォッチ」の聖地に岡山に「もんげー神社」を商店街につくろう!(「妖怪ウォッチ」が待望の映画化!ゲーム発売から1年足らず)地域活性化!
http://okayamapowers.seesaa.net/article/399574607.html

2014年06月10日
イオン、2500台の臨時駐車場 本当に大丈夫か? 
http://okayamapowers.seesaa.net/article/399146492.html

2014年05月31日
商店街の魅力高め、イオンに対抗 (イオン VS 商店街・天満屋) (イオン VS セブン&アイ)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/398369258.html

2014年05月20日
マルナカ VS 天満屋ストア (イオン VS セブン&アイHD の地域戦か)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/397532085.html

2014年05月12日
岡山ビブレ、35年の歴史に幕の「瞬間」
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396850404.html


2014年05月10日
<岡山ビブレ>35年の歴史に幕 類似の店舗間競争激化 ( 明日 )
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396730542.html

2014年05月10日
天満屋ストアどうなる? 岡山県が地盤の天満屋ストアなどM&A戦略 (セブン&アイが買収・出資)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/397174349.html


2014年05月08日
イオン岡山「車で来店」7割超? のニュースがあったが・・。イオンの戦略は・・ 岡山にどう影響? 以下の記事
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396525951.html


2014年05月08日
岡山 山陽マルナカの挑戦 デジタルサイネージの情報発信でスーパーや放送局、通信など連携   デジタルサイネージとは・・
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396738379.html


2014年05月06日
イオン岡山「車で来店」7割超 県警調査、店側想定は3割未満
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396525147.html
//////
【イオンモール岡山とは?】立地がすごい!
イオンモール岡山は、2014年11月、岡山駅前に開業が予定されているイオンモールのショッピングセンターです。「岡山ビブレ」の西にある、バイオメーカーの本社と有料駐車場が置かれていた場所に建設されます。山陽新聞の報道によると、店舗数は約350で、売り場面積は約88,000平方メートル。イオンモールとしては、西日本最大規模になる模様。イオンモールとしては初めての政令指定都市の駅前に立地する「都市型」の商業施設です!
イオンモール岡山の基本情報
出典
matome.naver.jp
イオンモール岡山の基本情報
敷地面積  約46,000㎡
延床面積  約250,000㎡
総賃貸面積 約88,000㎡
駐車場台数 約2,500台
テナント数約350店
(http://www.aeonmall.com/ir/annual/growth-strategy/domestic-business-base/)より
場所は岡山駅前のすぐそば!
出典
matome.naver.jp
場所は岡山駅前のすぐそば!
岡山駅から南へ300mほどの位置。「岡山ビブレ」跡地の西側。

住所でいうと、岡山県岡山市北区下石井1丁目2番あたり。
岡山県岡山市北区下石井1丁目2番
日本, 岡山県岡山市北区下石井1丁目2
モールのコンセプトがすごい!
『おかやま未来スタイル創造特区』
出典
matome.naver.jp
『おかやま未来スタイル創造特区』
東京や神戸などと時差のない「都市体験」と岡山の歴史を受け継ぎ新たに紡いでいく「新岡山体験」をキーワードとして、「今までの岡山になかった多彩なスタイルやチャンスに出逢える場所」を目指すとのこと。

これまでの岡山の伝統を生かす施設と岡山初進出の施設を融合させた施設となりそうです!
イオンモール岡山の特徴
「中四国最大級の都市型大規模商業施設」
従来の郊外型ではなく、都市型の商業施設にする予定だとのこと。

「地下2階地上8階の多層階商業施設」
地下は、 岡山一番街や岡山駅とつながる予定。

「昼も夜も集える都市型飲食空間の大集積」
飲食店の充実も特徴にしているとのこと。

イオンモールニュースリリース 「イオンモール岡山」起工式を実施 より
http://www.aeonmall.com/upload/1366780116.pdf
規模(広さ)がすごい! イオンモール倉敷の約1.5倍か
イオンモール岡山の延床面積は、 "約250,000㎡"
出典
matome.naver.jp
イオンモール岡山の延床面積は、 "約250,000㎡"
同じ岡山県にある
イオンモール倉敷 (約170,000m²)
の約1.5倍の広さとなる見込み。
【フロア構成】テナントがすごい!なんとテレビ局まで!



1F:PREMIUM AVENUE (岡山の新たなる魅力、中四国の高感度NO.1 アベニュー)
ファッション、コスメ、服飾雑貨などのブランドショップが出店予定。また、中央には「未来コート」とと呼ばれる4層の吹き抜けがある。約2000人を収容でき、大規模なイベントにも対応できる。
「岡山高島屋」が「タカシマヤ フードメゾン岡山店」(約1900㎡)を出店予定。お気に入り詳細を見る
2F:URBAN CONTEMPORARY (エリア随一の集積・高感度ファッションアーケード)
出典
matome.naver.jp
2F:URBAN CONTEMPORARY (エリア随一の集積・高感度ファッションアーケード)
レディスファッションの専門店やブランドショップなどが出店予定。
3F:OKAYAMA REAL CLOTHES (中四国で最旬、憧れのトレンドファッション)
出典
matome.naver.jp
3F:OKAYAMA REAL CLOTHES (中四国で最旬、憧れのトレンドファッション)
ガールズファッションや雑貨専門店が出店予定。
4F:LIFE DESIGN (知的に彩る、楽しさあふれた都市型ライフ発信基地
出典
matome.naver.jp
4F:LIFE DESIGN (知的に彩る、楽しさあふれた都市型ライフ発信基地
ファッション、雑貨、スポーツ、ボビーを取り扱うショップが出店予定。フードコートも設置される。「東急ハンズ岡山店」(約2200㎡)が出店予定。
5F:GARDEN FLOOR OF “OKAYAMA MIRAI” (くつろぎ文化の融合、クリエイティブな都市ナカパーク)
出典
matome.naver.jp
5F:GARDEN FLOOR OF “OKAYAMA MIRAI” (くつろぎ文化の融合、クリエイティブな都市ナカパーク)
岡山の伝統に重点を置いた施設が設置される予定。屋上広場「ルーフトップガーデン」や約600席の「おかやま未来ホール」が設置される予定。また、5階と6階には、フジテレビ系列の岡山放送の報道・制作部門とスタジオ「ミルン」、オフィスなどが移転する予定。
主要テナント:OHK、イオンシネマ岡山(5, 6階)
6F:VARIETY GOURMET COURT (多彩なメニューが集う、家族連れも楽しめる食の広場)
出典
matome.naver.jp
6F:VARIETY GOURMET COURT (多彩なメニューが集う、家族連れも楽しめる食の広場)
7F:FLAGSHIP DINING (プレミアムなひとときを。個性豊かなアーバンダイニング)
出典
matome.naver.jp
7F:FLAGSHIP DINING (プレミアムなひとときを。個性豊かなアーバンダイニング)
6階と7階には、レストランのフロアとなる模様。

//////
ここ
//////
イオンモール岡山 12月5日オープン!西日本最大級・初出店238店舗

西日本最大級となるイオンモール岡山店が2014年12月5日に岡山駅前にグランドオープンすることが分かりました。今年3月の時点では11月オープンの予定だったため少し遅れたようですが

テナントには岡山初出店の店舗が238店(うち地元岡山の企業は65店舗)!岡山に新しい風が吹きそうな予感です。

イオンモール岡山店のコンセプトは「haremachi(ハレマチ)」。

メンズ・レディス靴・鞄・宝飾・アクセサリーなどのファッション雑貨は約70店舗。「関西・東京までお買いものにいく必要がなくなる圧倒的なファッションゾーン」になるという。


◆H&M、ZARAなど海外からも岡山初出店

イオンモール岡山は岡山駅直結の地下2階から地上7階建ての巨大ビル。(フロア別コンセプト・内容は以前ご紹介した通り。)

カジュアルブランドが多数出展し、海外発ではH&M、ZARA、CHARLES&KEITH も岡山初上陸。また、印象的なのは「キャリアファッション」が多く取り揃えられる点。

働く女性をターゲットに、ビジネスシーンのオシャレを提案する店が多く出店するイメージもあり、オトナの雰囲気漂うショッピングモールになりそう。

岡山のテレビ局、OHK岡山放送(フジテレビ系列)のメインスタジオがイオンモール岡山の5階に移転するほか、シアター型客席600席を備える多目的ホール、5階から7階はレストラン街でオープントップガーデン(屋外型オアシス空間)など癒しの要素もたっぷり。

更に11スクリーンを持つイオンシネマ岡山(座席が動く4DX仕様のスクリーンも初上陸)、タカシマヤが入る食品売り場などなどなんでも揃ってしまう総合施設が岡山に誕生します。年末年始は岡山駅前が特に賑やかになりそうです。

//////
イオンモールが岡山駅前に初の本格的都市型SC

イオンモールは8月22日、岡山駅前の林原跡地に12月5日にオープンするショッピングセンター(SC)「イオンモール岡山」の概要を発表した。郊外立地を主力にしてきたイオンモールとしては初の本格的な都市型SCで356店舗、地下2階・地上8階の10層構造とし、日本では初めて商業施設内に地元テレビ局がスタジオごと入居する。年間の来場者数は2000万人を想定し、岡山県全域に加え、周辺の地域からの集客を見込む。岡崎双一・社長は、「中四国の要所である岡山だが、久しぶりの大型商業施設が開業することになり、現時点でも天満屋が改装するなど、エリアの商業レベルが上がり、岡山の経済発展が一段階上がったと自負している」と語った。イオンモール岡山は日本では初めて商業施設にテレビ局のスタジオとオフィスが入居し、館内には300インチの大型ヴィジョンを始め、50箇所にデジタルサイネージを設置し、ウェブ放送局も導入するなど情報発信を強化。「オムニチャネル化を見すえ、今後はすごいことができそうだ」と語り、ECや通販との連動を示唆した。総賃貸面積は9万2000平方メートルだが、道路を挟んで向かいのビブレ跡についても、「建物を建て替える。どのような商業施設にするかはまだ決めていないが、いろいろと検討している」という。

 全356店舗のうち、全体の7割弱にあたる238店舗が岡山初出店になり、競合が懸念されているイオンモール倉敷とは「全く別物」(岡崎社長)という構成。グランドフロアである1階には4層吹き抜けの最大2000人を収容できるパブリックエリアを設け、イベントなどによる情報発信を強化するほか、高島屋と組んで展開する「タカシマヤ フードメゾン岡山店」に加え、スーパーのイオンの食品では惣菜やフルーツ、生鮮などの対面販売を導入。食品ゾーンだけで約7400平方メートルで展開する。

 また、地元企業との連携も重視し、クロスカンパニーやカイタックグループ、サキヤクリエイトなど、岡山県発のテナントも多く導入した。「アース ミュージック&エコロジー」「セブンデイズ サンデイ」「イーハイフンワールドギャラリー」という3業態を出店するクロスカンパニーの石川康晴・社長は「『アース』では国内最大の378平方メートルの店舗を出店し、アジアの旗艦店にする。初のメンズや地元企業と組んだ食、インテリアを展開する。岡山県に本社を置く企業として新しい試みをするのによいきっかけになった。ここでの成果を全国の店舗に広げていきたい」と語った。
//////
【関連する記事】
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 08:08| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。