2014年08月23日

<イオンモール岡山>12月5日に開業 (発表)『西の旗艦店』

<イオンモール岡山>12月5日に開業

8月23日付け 山陽新聞が詳しい!(7割が県内初出店 がいい! )

なかなか「面白い、楽しい、わくわく」する感じだ。アパレル・衣料・雑貨がいい。世界最大級のファッションチェーン「ZARA」「H&M」、「東急ハンズ」、シネマコンプレックス「イオンシネマ岡山」、食料品では「タカシマヤフードメゾン」がいいね!
多目的ホール(600席)なんかで、「妖怪ウォッチ」のイベントとかいいね!
(「イオンモール岡山」と「イオンモール倉敷」との差別化をはかる。)

「2014年上半期 全国人気の街ランキング」(不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営するネクスト)によれば、
中国エリアでは1位は「岡山(岡山県)」、2位は「広島(広島県)」、3位は「大元(岡山県)」となっている。「イオンモール岡山」の期待は大きい。

「イオンモール岡山」は、新しい「城」ができるというイメージか?


8月22日の夕方のTVニュース

社長のコメントから
岡崎双一社長は「『西の旗艦店』として、地元企業と一緒になって岡山の未来をつくっていきたい」「自慢できる街にしたい。県内企業も、全国にない特別な店を作ってほしい」「モール東側の地区と結ぶ歩道橋新設などで対応している。交通量を精査し、追加策も検討したい」となかなか好印象である。
モール東側の地区と結ぶ歩道橋新設したことは、高く評価できる。できれば、旧ビブレの建物に「大型書店」「フィットネス・スポーツクラブと山系・海系・陸系店舗」「(高齢者向け)文化教室(イオンスマホの体験)」「イオン、商業施設に従業員向け保育所 社外にも開放」等のようなものがあるとうれしい。(イオンモールに不足の「コミュニティ作り」を期待したい。)
「○○商店街や◎◎商店街等の地域との連携、・・・その先には、電子マネー等の連携も考えたい。・・・」との趣旨があった。


地域の連携の発言があっつたのは、ありがたいが・・・。商店街の名前は、2つのみであった。「イオンモール岡山」周辺の商店街は、3つあるなだが・・。何か配慮のなさを感じた。この点のみが残念であった。

(表町商店街、奉還町商店街、岡山駅前商店街の3つと考えられるが、1つは、なかった。 )

県内の消費者は、交通渋滞対策が課題!(和歌山のようになると、まずい!)
「商圏は県内全域(約190万人)とし、四国方面からの来店も視野に入れる。」とあるが、四国方面や倉敷より西方面は、難しいかもしれない。


///////
<イオンモール岡山>12月5日に開業 専門店356店、7割が県内初出店 /岡山
///////
356 stores opened shop, 70% of the prefecture's first store opening / Okayama 5 days December

Commercial complex under construction in JR Okayama Station before "Aeon Mall Okayama" For (Kita Shimoishii 1), the 22nd, Aeon Mall (Chiba City) a press conference in North Ward, and has announced that it will be opened on December 5 . It is scheduled to about 70% of the 356 stores specialty stores in the prefecture first appearance shop, put a force on the development of local products around the 65 store brand prefecture. It is defined as "flagship store in western Japan", it is expected to attract 20 million people a year or more.

Aeon Mall Okayama (about 250,000 square meters total) 8 floors above ground and two floors underground. I provided (11 screen, 2000 seats) and cinema complex, multi-purpose hall (600 seats). Trade area to the entire prefecture (about 1.9 million people), coming from the Shikoku district also into view.

Concept of the Mall "haremachi (Haremachi)". Companies that aim "to stimulate the five senses, town to make the future of Okayama" and to enter in the new format stores also stand out. Clothing for global expansion "Zara" and "H & M", of household goods shop which is the prefecture's first appeared, such as "Tokyu Hands". The companies in the prefecture, and cross-company of clothing, such as Sakiya create to store openings. "One of the features of the flagship store is local color" as, to experience the manufacturing of the prefecture through such works of local artists "Haremachi Zone 365" is also provided. "Takashimaya Food Maison" is deployed at the grocery.

Okazaki bilinear president of Aeon Mall told expected to ". Companies in the prefecture you want a city can boast also want you to make a special shop is not in the whole country," said at a news conference. On the other hand, was "to scrutinize the. Traffic volume that are supported by such footbridge new connecting with the district of the Mall east side, you want to consider additional measures," said the traffic congestion measures of Okayama city associated with the practice.
///////

<イオンモール岡山>12月5日に開業 専門店356店、7割が県内初出店 /岡山

JR岡山駅前で建設中の複合商業施設「イオンモール岡山」(北区下石井1)について、イオンモール(千葉市)は22日、北区で記者会見し、12月5日に開業すると発表した。専門店356店の約7割が県内初出店で、県内ブランド65店を中心に地元商品の展開に力を入れる予定だ。「西日本の旗艦店」とし、年2000万人以上の集客を見込んでいる。

 イオンモール岡山は地上8階、地下2階建て(延べ約25万平方メートル)。シネマコンプレックス(11スクリーン、2000席)や、多目的ホール(600席)も設ける。商圏は県内全域(約190万人)とし、四国方面からの来店も視野に入れる。

 モールのコンセプトは「haremachi(ハレマチ)」。「五感を刺激し、岡山の未来を作る街」を目指し、新業態店舗で参入する企業も目立つ。県内初登場となる専門店は、世界展開する衣料品「ザラ」「H&M」や、生活雑貨の「東急ハンズ」など。県内企業では、衣料品のクロスカンパニーや、サキヤクリエイトなどが出店する。「旗艦店の特色の一つは地元色」として、地元作家の作品などを通じ県内のものづくりを体験する「ハレマチ特区365」も設ける。食料品では「タカシマヤフードメゾン」が展開する。

 記者会見でイオンモールの岡崎双一社長は「自慢できる街にしたい。県内企業も、全国にない特別な店を作ってほしい」と期待を語った。一方、開業に伴う岡山市街地の交通渋滞対策については「モール東側の地区と結ぶ歩道橋新設などで対応している。交通量を精査し、追加策も検討したい」とした。
///////
西日本最大級のイオンモール岡山、12月5日にオープン
///////
The open 5 days Aeon Mall Okayama, western Japan December of the largest

The 22nd, and Aeon Mall (Chiba City) has announced that it will open on December 5 this year shopping center in western Japan's largest construction proceeds at JR Okayama Station south of Okayama, Kita-ku, the "Aeon Mall Okayama". Huge complex of cultural facilities and television stations, such as cinema enters the beginning of the store about 400. Okazaki bilinear president of the company said the aspirations "in Okayama is a crosspoint China, Shikoku, if deployed as flagship mall that seems to" shop of our own "to local people," he said.

The same day, President Okazaki et al met in the city, I have an overview. Concept is "haremachi (Haremachi) - wait to make my future."

Facility (about 250,000 square meters floor area) 2 storey 8 floors above ground, sales floor area of ​​about 92,000 square meters. Is placed - ornaments and fashion, miscellaneous goods relationship that also includes such foreign brands to ▽ 1 ~ 4 floor eateries relationship grocery ▽ 4,6,7 floor on the first floor.

Shop number is 356 shops, of which 238 stores in the prefecture first appearance shop, first opened in the mid-Shikoku also called number. It is 7:00 to 22:00 in the ion body business hours.

Also, the large space of the atrium with the "Future Square" is 1-4 floors, and spaces of rest by placing about 1050 seats around. I provide green spaces to "Halle gusset Garden" is on the fifth floor center.

OHK Okayamahoso will transfer the broadcast function, Opened open type studio "Milne" on the fifth floor to floor 5 and 6. I will There is also a movie theater multi-purpose hall with 600 seats and "Okayama future Hall" in the same floor.
///////

西日本最大級のイオンモール岡山、12月5日にオープン

イオンモール(千葉市)などは22日、岡山市北区のJR岡山駅南側で建設が進む西日本最大級のショッピングセンター「イオンモール岡山」を今年12月5日にオープンすると発表した。約400の店舗をはじめテレビ局や文化施設、映画館などが入る巨大複合施設。同社の岡崎双一社長は「中国、四国のクロスポイントである岡山で、地元の方にも“自分たちの店”と思われるフラッグシップモールとして展開できれば」と抱負を述べた。

 岡崎社長らが同日、同市で会見し、概要を説明した。コンセプトは「haremachi(ハレマチ)-わたしのみらいをつくるまち」。

 施設は地上8階地下2階建て(延べ床面積約25万平方メートル)で、売り場面積は約9万2千平方メートル。1階には食料品▽4、6、7階に飲食店関係▽1~4階に海外ブランドなども含むファッションや装飾品、雑貨関係-が配置される。

 専門店数は356店で、うち238店が県内初出店で、中四国地方での初出店も多数という。営業時間はイオン本体で午前7時~午後10時となる。

 また、1~4階は吹き抜けの大空間「未来スクエア」とし、周囲に約1050席を配置して憩いのスペースとする。5階中央部には緑化スペース「ハレマチガーデン」を設ける。

 5、6階にはOHK岡山放送が放送機能を移転し、5階に公開型スタジオ「ミルン」を開設。同階には600席を備えた多目的ホール「おかやま未来ホール」や映画館なども併設する。

///////
イオンモール岡山の全容明らかに
///////
The whole picture clearly of Aeon Mall Okayama

The 22nd, Aeon Mall (Chiba City) held a press conference at the hotel in Okayama city, I announced an overall outline large shopping center to open in the city, Kita-ku, Shimoishii on December 5 of "Aeon Mall Okayama". Specialty store of 356, including 238 stores in Okayama prefecture first appearance shop tenants.
Aeon Mall Okayama under construction south of JR Okayama Station, on the site of the old Hayashibara, about 250,000 square meters of floor area 8 floors above ground and two floors underground. Ion Okayama shop super (tentative name), the sub-nuclear Kaku-ten store "Takashimaya
Food Maison Okayama store "," Tokyu Hands "(Okayama first opened), 3 stores of" ion Cinema Okayama ".
The floor of the shopping center, the fashion "in Tite Zasutoa", of goods "AWESOME STORE (Awesome store, etc.)" is Chushikoku first store openings fourth floor from the first floor facilities configuration. I a 11 screen, about 2000 seats cinema complex food court, on the fifth floor is "ion Cinema Okayama" on the fourth floor. 6,7 floor becomes (39 stores) restaurant district.
Place about 1050 seats table, chair of the large space atrium through the fourth floor from the first floor to the "future Square". The 7th floor from the fifth floor outdoor oasis space with a green "haremachi
I provided the Garden (Haremachi Garden) ".
Number of employees in the entire mall is about 4000 people. Parking accommodates 2,500. I will be the grand opening to 10:00 December 5.
///////


イオンモール岡山の全容明らかに

イオンモール(千葉市)は22日、岡山市内のホテルで記者会見を行い、12月5日に同市北区下石井にオープンする大型ショッピングセンター「イオンモール岡山」の全体概要を発表した。岡山県内初出店の238店舗を含む356の専門店が入居する。
 JR岡山駅の南側、旧林原の跡地に建設中のイオンモール岡山は、地上8階、地下2階で延べ床面積約25万平方メートル。核店舗はスーパーのイオン岡山店(仮称)、サブ核店は「タカシマヤ
 フードメゾン岡山店」、「東急ハンズ」(岡山県初出店)、「イオンシネマ岡山」の3店。
 施設構成は1階から4階がショッピング中心のフロアで、ファッションの「ティテ イン ザストア」、雑貨の「AWESOME STORE(オーサム・ストア)」などが中四国初出店。4階にフードコート、5階のシネマコンプレックス「イオンシネマ岡山」は11スクリーン、約2000席を備える。6、7階はレストラン街(39店舗)となる。
 1階から4階にかけての吹き抜けの大空間「未来スクエア」にはテーブル、いす約1050席を配置。5階から7階には緑地を備えた屋外オアシス空間「haremachi
 Garden(ハレマチ・ガーデン)」を設ける。
 モール全体の従業員数は約4000人。駐車場は2500台収容。12月5日午前10時にグランドオープンする。

///////
7割 238店舗が県内初出店
///////
70% of 238 stores is the prefecture's first store opening

The 22nd, shop Overview (SC) "Aeon Mall Okayama" (Okayama city north district Shimoishii, December 5 open) of a large shopping center being built on the JR Okayama Station south of ion distribution's largest (Chiba City) I announced. About 70% of the 356 stores specialty stores in Okayama Prefecture first appearance shop, local businesses account for nearly 20%. I aim to attract 20 million people a year in the SC in western Japan's largest with a cinema complex and restaurant district of large (cinema complex), multi-purpose hall.
Prefecture first appearance store 238 stores. Tokyu Hands of major household goods, fashion chains of the world's largest "ZARA" and "H & M" into.
Local bias 65 stores. I will provide a store of new business Cross Company (apparel), Sakiya Create (same), Tomiya Corporation (Jewelry & Watch), peer Thirty etc. (eating and drinking). Hours of specialty stores 10:00 to 21:00.
Restaurant district that consists of 39 shop is called "the largest West", cinema complex a total of about 2,000 seats in the 11 screen. Also be provided space to experience the manufacturing of Okayama studio Okayamahoso (OHK) and multi-purpose hall (about 600 seats), and jeans.
Number of employees in the entire facility is about 4,000. Has not been published sales targets, but it is assumed that the scale of more than Aeon Mall Kurashiki that are more than 40 billion yen per year (Kurashiki Mizue).
There is a briefing in Okayama city this day, as a flagship store "and" "West, Okazaki bilinear president of Chiba management company Ion Mall will make the future of Okayama and, together with local companies I was talking to a pair ".

Aeon Mall Okayama
And develop a second floor 8th floor and underground steel ground to about 40 006 one thousand square meters of land that was purchased from the former Hayashibara that was bankrupt. Sales floor area of ​​about 92,000 square meters. West the largest in the company's floor space, both the number of stores. Multi-storey car park of the hotel accommodates 2,500.
///////


7割 238店舗が県内初出店

流通最大手のイオン(千葉市)は22日、JR岡山駅南に建設している大型ショッピングセンター(SC)「イオンモール岡山」(岡山市北区下石井、12月5日オープン)の店舗概要を発表した。専門店356店のうち約7割が岡山県初出店で、地元企業は2割近くを占める。大型の飲食店街やシネマコンプレックス(複合映画館)、多目的ホールも備えた西日本最大級のSCで年間2千万人の集客を目指す。
 県内初出店は238店。生活雑貨大手の東急ハンズ、世界最大級のファッションチェーン「ZARA」「H&M」などが入る。
 地元勢は65店。クロスカンパニー(アパレル)、サキヤクリエイト(同)、トミヤコーポレーション(宝飾・時計)、ピアーサーティー(飲食)などは新業態の店舗を用意する。専門店の営業時間は午前10時~午後9時。
 39店で構成するレストラン街は「西日本最大級」といい、シネマコンプレックスは11スクリーンで計約2千席。多目的ホール(約600席)や岡山放送(OHK)のスタジオ、ジーンズなど岡山のモノづくりを体験できるスペースも設ける。
 施設全体の従業員数は約4千人。売り上げ目標は公表していないが、年間400億円超とされるイオンモール倉敷(倉敷市水江)を上回る規模を想定している。
 この日は岡山市内で説明会があり、運営会社・イオンモール(千葉市)の岡崎双一社長は「『西の旗艦店』として、地元企業と一緒になって岡山の未来をつくっていきたい」と話した。
 ◇
 イオンモール岡山
 経営破綻した旧・林原から購入した土地約4万6千平方メートルに鉄骨地上8階・地下2階を整備。売り場面積は約9万2千平方メートル。売り場面積、店舗数とも同社では西日本最大級。併設の立体駐車場は2500台収容。

///////
イオン、駅前に続々 人口の都心回帰に対応、出店強化
///////
It corresponds to the regression of the downtown population after another ion, in front of the station, store openings strengthening

Recently, ion, which has been opened in the suburbs of central regional cities have focused on opening large malls such as the front of the station to the city center. Against the background of the city, such as regression of the population, I'm trying to grab a wide range of customer base.

In the boulevard of Okayama and hotels department stores lined, construction of "Aeon Mall Okayama" is progressing. It is a prime location that directly underground from JR Okayama Station. Open is scheduled to December 5. I expected the attendance of 20 million people a year.

Suburban are often 2-3 story, but here's 8-story for the site is narrow in front of the station. Initial investment is higher than the suburban.
///////

イオン、駅前に続々 人口の都心回帰に対応、出店強化

地方都市の郊外を中心に出店してきたイオンが最近は、都心部の駅前などへの大型モールの出店に力を入れている。人口の都心回帰などを背景に、幅広い客層をつかもうとしている。

 百貨店やホテルが並ぶ岡山市の大通り沿いで、「イオンモール岡山」の工事が進んでいる。JR岡山駅から地下で直結する一等地だ。オープンは12月5日を予定している。年間2千万人の来場を見込む。

 郊外型は2~3階建てが多いが、ここは駅前で敷地が狭いために8階建てだ。初期投資は郊外型より高くなる。

///////
イオン、商業施設に従業員向け保育所 社外にも開放(全国)
///////
Ion and commercial facilities for employees nursery outside open (nationwide)

To large-scale commercial facility, which operates nationwide, ion retail giant, to introduce a private nursery for employees. It is thought that from that employees of many women, including the part, leading to securing excellent human resources who are interested in creating an environment that able to work longer as relieved to entrust infants.

Ions did not have the nursery of their own until now. In addition to the holiday attendance and weekends, sometimes working hours are over at midnight, trouble had come out when you leave your child in the nursery of private sales colleagues to work in a commercial facility.

In order to solve these troubles, to open a nursery of its own furnished for children up to 22:00 seven days a week.
///////

イオン、商業施設に従業員向け保育所 社外にも開放(全国)

小売り大手のイオンは、全国で運営する大型商業施設に、従業員向けの民間保育所を導入する。パートを含め女性の従業員が多いことから、乳幼児を預けて安心して長く働ける環境を整えて意欲のある優秀な人材の確保につなげる考えだ。

 イオンはこれまで自前の保育所は持っていなかった。商業施設で働く販売員らは土日や祝日出勤のほか、勤務時間が深夜に及ぶこともあり、民間の保育所に子どもを預ける際に支障が出ていた。

 こうした悩みを解消するため、年中無休で午後10時まで子どもを預かる自前の保育所を開設する。



///////
地方都市は「ほどほどパラダイス」になった! 地方の若者におけるイオンモールの存在感
///////
Local city became a "moderate Paradise"! Presence of ion mall in young local

Shopping mall on the outskirts is not a hangout of downstream family now. It was turned into a power spot that meet the needs of all the layers, from the elderly to young people surging one after another. "Ion mall" What is particularly popular, but "LaLaport". As huge and evolution of commercial facilities, congregate there "Ionisuto" "Ra-rapota" are growing.

Do people go to the mall to what Fascinated? I analyzed in five consecutive days the background of the popular shopping mall. Abe Shin-dai's sociologist, first day, hear the relationship between the ion Mall and local young people.

"Spend ion mall leisure" half of the young people

- In the "young people confined to local", Mr. Abe Shin-dai has discussed the relationship of Aeon Mall and local young people. How did you focus on there?

Along with the seniors in college in Okayama, I began research on values ​​of young people, but I was aware of the magnitude of the presence occupied by the Aeon Mall in the young people of the region at that time.

When asked "Where leisure time" to young people, half answered "Aeon Mall". Now that we have investigated in Okayama, this refers to the Aeon Mall Kurashiki. If you include a leisure complex and shopping center of the mall other than ion, three in four people had spent in "place ionically" indeed.

- It really mean? Leisure facilities because less, where you only go ion mall that, no.

No, when viewed from Tokyo, it looks Aeon Mall only as projects with Dawn, but ion Mall ones in the center, as it were castle tower. It's a castle town image such as that spread around it.

When I listen to their stories, for example, somewhere one hour from the house, go to the Aeon Mall in the car over a period of 2 hours, until go there, enjoy the drive, and also, to shop at Aeon Mall eating rice to go to the family restaurant, and resting in place, such as the gazebo in the middle, go to the round One, and ..., commercial facilities combine several depending on the GEO, a large commercial area of one has been formed.

In the 2000s from the late 1990s, commercial facilities could one after another in the region. Is there a place that shopping center also towards the countryside pretty, but it was a shop or not shining much to small. The finished in such shops, daily life goes on ion mall on the weekend. Consumption in their life, there is a ranking of various commercial facility, it is located in the vertex, it is not an ion Mall.

- Vertex. If you go to Aeon Mall certainly, shopping also meals to be able to, movies seen, all day, you can enjoy.

Well, It is something like Disneyland. I did not notice that a native of Gifu, and came out to Tokyo for college in 1995, the local has changed really. There are several huge shopping mall in Gifu now, but it was not yet at that time. Rural changed dramatically over the last few years in Tokyo is me, I had left behind only Tokyo.


"Comfortable regional cities in moderation" was able to

- You can move one after another commercial facilities, life in the car it is because the center.

It does not talk about the car without. It is the premise of the consumer life of young people in local, but it is motor metallization. Shopping street of provincial been lost by this.

Young people will go a couple or family, friends and the Aeon Mall. Recently, as has been referred to as a "Yankee reduction", family and fellow local loves young local, human relationships with parents and friends is very dense.

On the other hand, if you have become very lean, such as the shopping street of old, annoying little relationship was no longer involved with the local community. For young people, it's to enhance the attractiveness of rural areas.

Once was a long time ago, it was only two of the "big city exciting" and "boring local", there is "a pleasant provincial city in moderation" in the meantime now. Countryside about not inconvenient, metropolis as not squalid. Local city became was balanced in the "moderate Paradise".

Not interested in the people of the region, local young people has become in a location that is not going to even Shopping Arcade, or disappeared. Once you go out riding in the car with my family and good friends, it will be go to a comfortable place that is not much different city.

- I can urban and rural "cherry pick".

If you look at something youth movie 1970's and 80's, have been tied to human relations of old-fashioned, in bondage full, of that country of the region was the place where suffocating very for young people. That you throw away the local, it means freedom from bondage, and go out to the big cities, interesting relationships and exciting was waiting a lot of the big cities.

By the motor metallization local, it is I was able to "country without fetters" now. What human relations in the countryside with no bondage, only family and friends. And location Aeon Mall basis is applied, local city is now a terribly comfortable place.


Anxiety ...... of lukewarm water also "mild Yankee"

- There is no need to discard the local anymore, going out to the big city.

Recently, Harada kun Hakuhodo is saying "mild Yankee", it is so at all. I think a little more, "hard Yankee" and had been living in bondage, but because there is no bondage is mild Yankee, slightly, it might be reflected unreliable when viewed from the adults. It's not because ravenously than guys going out in the city. These, place a lukewarm manner that is of that was able to region, it is a situation of 2000 or later.

Just to get along with parents and friends, go to the Aeon Mall, young children of today, it looks that way is enjoying Nuruku the life of the current, but also felt anxiety about the future.

In the background, there is a low level of income. Were surveyed about job satisfaction, the median annual income of single people is 2000000-2490000 yen. It is the young people who are engaged in the service industry primarily, but not less than 3 million yen again, life is tough and even the region. The reason for the parasite to home to get along with the parents, it is one of the wisdom to live. Household income, including the single people that live with their parents, even parental income from is 6 million yen or more, and can not live easily in alone, but you can live if with their parents.

However, it is characterized by satisfaction of revenue side is only low they, satisfaction is high strangely and with humans and rewarding relationship. In particular, a person because the other party in the case of service industry, it is easy rewarding. There is where it covers the dissatisfaction of revenue side. It is the so-called "exploitation of challenging". In other words, the parents support the monetary, young local has supported challenging the mentally.

But, in the absence only human relationships with family and friends, this earlier, when Toka wonder could parenting have been married, care of the parent is required, anywhere but do not know Nante care facilities, okay by myself alone I feel the anxiety and wonder such.

Mall does not remain only in Tokyo

- I have found that the current "moderate Paradise" is not persistent.

Well, yes. Withdrawn and sponsors only the portion of consumption from the mall, was the giant is Aeon Mall. Place to live as a place of consumption is integral to, where if you buy things, shopping street of the past, had been produced there also of community life at the same time. That's was the strength of the mall, but because ion mall that had gone missing community of life with the sponge from there, it is not only in the consumer anymore. So, anxiety as consumers are not very large.

Family is supported now, but considering the after parents died, it must be made ​​scrupulously communities elsewhere too. Consciousness with a hook such a sense of insecurity, to create a new human relations towards more eye area, and let's create a community steadily also born.

- There was a close relationship than Mall shopping center.

Than mall (laughs).

- Just enjoy to go by car to the mall now. It is urban.

It is a cosmopolitan Speaking of urban, but more of the city has also remained mall than the local recently. Tokyo alone has become to feel pre-modern in Japan. For example, there is a shopping street in Jinbocho and Azabu Juban of the middle of Tokyo, and I'm leaving the good old downtown in Arakawa-ku and Kita-ku. Feel hard Yankee basis will prefer people of downtown Tokyo. Not only in downtown Tokyo anymore in Japan during hard Yankee. Such like seeing if you go to Tabata and Nishinippori (laughs).

Grandpa lives much locally, or to your Bachangai, those that region have been visualized. On the contrary, prefer my parents' home, local hard to see. Better in Tokyo have remaining dense human relations, the children of rural enough without knowing the area, I do not know only Aeon Mall. Such reversal phenomenon has occurred.

Tokyo can not motor metallization population density is too high, it will because I did not make the ion mall without a land.

- Currently, Abe's lives in Australia as the University of Western Australia Visiting Fellow, but shopping mall circumstances there is?

There are only shopping mall in Australia. Travel by car is the center, and the United States and Australia but it is so.

- People of Australia or probably are feeling anxiety, or whether comfortable.

Would be comfortable. The difference with Japan, it is that there is a church. There is a culture of the community to do something activities gathered in the church at all. Location is felt by may not be a church Separately, that is not it? Do I make it come together somewhere anyway.

In the case of Japan, the temple I'm not playing much like that function. I think that there is a point in the future Japan should be consulted.

- As a way for the future of the shopping mall, "community building" You will probably prove to be the keyword.
///////
以前、以下のような記事もあった。
2014年7月27日(日)
地方都市は「ほどほどパラダイス」になった! 地方の若者におけるイオンモールの存在感

郊外のショッピングモールは、今や下流ファミリーのたまり場ではない。あらゆる層のニーズを満たし、若者からお年寄りまで続々と押し寄せるパワースポットと化した。中でも人気なのが、「イオンモール」と「ららぽーと」だ。商業施設の巨大化・進化につれて、そこに集う「イオニスト」「ららぽーたー」が増殖している。

 人々は何に魅せられてショッピングモールに行くのか? 人気ショッピングモールの背景を5日連続で分析する。1日目は、社会学者の阿部真大さんに、地方の若者とイオンモールの関係を伺う。

若者の半数「余暇をイオンモールで過ごす」

――阿部真大さんは『地方にこもる若者たち』の中で、地方の若者とイオンモールの関係について論じています。そこに注目したきっかけは?

岡山の大学にいる先輩と一緒に、若者の価値観に関する調査を始めたのですが、その際に地方の若者たちの中でイオンモールの占める存在感の大きさに気づいたのです。

若者たちに「余暇を過ごす場所」を質問したところ、半数が「イオンモール」と答えた。岡山で調査したので、これはイオンモール倉敷を指します。イオンモール以外のショッピングセンターや複合レジャー施設を含めると、実に4人に3人が「イオン的な場所」で過ごしていました。

――レジャー施設が少ないから、イオンモールしか行くところがない、という意味でしょうか。

いや、東京から見ると、イオンモールだけドーンと突出しているように見えますが、イオンモールは中心にあるもので、言ってみれば天守閣。その周りに城下町が広がっているようなイメージなのです。

彼らの話を聞いてみると、たとえば、家から1時間、2時間かけて車でイオンモールに行って、そこに行くまでの間、ドライブを楽しみ、イオンモールで買い物をして、またどこかのファミレスに行ってご飯を食べて、途中の展望台のようなところで休んで、ラウンドワンに行って、ゲオに寄って……と、商業施設がいくつか組み合わさって、ひとつの大きな商業圏を形成している。

1990年代後半から2000年代に、地方に続々と商業施設ができました。かなり田舎のほうにもショッピングセンター的なところはありますが、それは小さくてあまり輝いてない店だったりする。日常生活はそういう店で済ませて、週末にイオンモールに行く。彼らの消費生活の中で、いろいろな商業施設のランキングがあり、その頂点に位置するのが、イオンモールなわけです。

――頂点。確かにイオンモールに行けば、買い物も食事もできて、映画も見られて、一日中、楽しめます。

まあ、ディズニーランドみたいなものですね。僕は岐阜の出身で、1995年に大学進学のために東京に出てきて、地方がすごく変わったことに気づきませんでした。今は岐阜にも巨大なショッピングモールがいくつかありますが、その頃はまだなかった。僕が東京にいる数年の間に地方が劇的に変わり、東京だけ取り残されていたのです。


「ほどほどに快適な地方都市」ができた

――商業施設を次々と移動できるのは、車での生活が中心だからですね。

車抜きには語れません。地方の若者の消費生活の前提となるが、モータライゼーションです。これによって地方の商店街が消失しました。

若者はイオンモールに友達や家族、あるいはカップルで行きます。最近、「ヤンキー化」と言われているように、地方の若者は地元の仲間や家族が大好きで、友達や親との人間関係が非常に濃密です。

一方、地域とのかかわりは非常に希薄になっていて、昔の商店街のような、ちょっとわずらわしい関係がなくなった。それが若者にとって、地方の魅力を高めているのです。

昔だったら、「つまらない地方」と「刺激的な大都市」のふたつしかなかったのが、今はその間に「ほどほどに快適な地方都市」がある。田舎ほど不便ではなく、大都市ほどごみごみしていない。地方都市はバランスの取れた「ほどほどパラダイス」になりました。

地方の若者は、地域の人には興味がなく、商店街は消滅したか、もしくはあっても行かない場所になった。仲の良い友達や家族と車に乗って出かけてしまえば、都会と大して変わらない快適な場所に行けてしまいます。

――田舎と都会の「いいとこ取り」ができる。

1970年代、80年代の青春映画なんかを見ると、地方の田舎というのは、昔ながらの人間関係にしばられていて、しがらみだらけで、若い人たちにとっては非常に息のつまる場所でした。大都市に出ていくのは、地元を捨てること、しがらみからの解放を意味し、大都市には刺激的な人間関係や面白いものがたくさん待っていた。

それが今は地方のモータライゼーションによって、「しがらみのない田舎」ができたのです。しがらみのない田舎での人間関係って、友達と家族だけです。それにイオンモール的な場所が加わり、地方都市がものすごく快適な場所になりました。


ぬるま湯の「マイルドヤンキー」にも不安が……

――もう地元を捨てて、大都市に出ていく必要がない。

最近、博報堂の原田曜平くんが言っている「マイルドヤンキー」って、まったくそうですよ。「ハードヤンキー」はもう少し、しがらみの中で生きていたと思いますが、マイルドヤンキーはしがらみがないので、大人から見ると若干、頼りなく映るかもしれません。都会に出ていく連中よりガツガツしていないですから。こうした、ぬるま湯的な居場所が地方にできたというのが、2000年以降の状況です。

ただ、今の若い子たちは、友達や親と仲良くして、イオンモールに行って、現在の生活をぬるく楽しんでいるふうに見えますが、将来への不安も感じています。

その背景には、収入の低さがあります。仕事に対する満足度について調査したところ、単身者の年収の中央値は200万~249万円。主にサービス業に従事している若者たちですが、やはり300万円に満たないと、地方といえども生活が厳しい。親と仲良くして実家にパラサイトするのは、生きる知恵のひとつなのです。親と同居している単身者の、親の収入も含めた世帯収入は600万円以上ですから、ひとりではなかなか生活できないけど、親と一緒なら生活できます。

しかし、彼らは収入面の満足度が低いだけで、やりがいや人間関係に関しては満足度が異様に高いのが特徴です。特に、サービス業の場合は人が相手なので、やりがいを感じやすい。それが収入面の不満をカバーしているところがある。いわゆる「やりがいの搾取」です。つまり、地方の若者は、金銭的には親が支え、メンタル的にはやりがいが支えている。

でも、友達と家族との人間関係しかない中で、この先、結婚して子育てができるだろうかとか、親の介護が必要になったときに、介護施設なんてどこも知らないのに、自分ひとりで大丈夫なのだろうかと不安を感じています。

商店街は東京にしか残っていない

――現在の「ほどほどパラダイス」が永続しないことがわかっている。

そりゃ、そうです。商店街から消費の部分だけをスポンと抜き出して、巨大にしたのがイオンモールです。かつての商店街は、消費の場と生活の場が一体化していて、そこでモノを買えば、同時に生活のコミュニティもそこに生成していた。それが商店街の強みだったのですが、そこから生活のコミュニティがスポンと抜け落ちてしまったのがイオンモールなので、もう消費者でしかない。だから、生活者としての不安感はすごく大きいわけです。

今は家族が支えているけれども、親が亡くなった後を考えると、やっぱり別のところでコミュニティをきちっと作らなければいけない。そういう不安感をフックして、地域にもっと目を向けて新たな人間関係を作り、地道にコミュニティを作っていこうとする意識も生まれています。

――商店街にはモールよりは密な人間関係があった。

モールよりは(笑)。

――今はモールに車で行って楽しむだけ。都会的ですね。

都会的といえば都会的ですが、最近は地方よりも都会のほうが商店街は残っていますよ。日本中で東京だけが前近代的な感じになっています。たとえば、東京のど真ん中の麻布十番や神保町に商店街があるし、北区や荒川区に古き良き下町を残している。東京の下町の人のほうがハードヤンキー的な感じがします。ハードヤンキーは日本中でもう東京の下町にしかいない。西日暮里や田端に行けば会えるみたいな(笑)。

地元でずっと暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんがいたりして、地域というものが可視化されています。逆に、僕の実家のほうが、地域が見えづらい。東京のほうが密な人間関係が残っていて、地方の子ほど地域を知らず、イオンモールしか知らない。そういう逆転現象が起きています。

それは、東京は人口密度が高すぎてモータライゼーションができず、土地がなくてイオンモールを作れなかったからでしょう。

――阿部さんは現在、西オーストラリア大学客員研究員としてオーストラリアに住んでいますが、そちらのショッピングモール事情は?

オーストラリアはショッピングモールしかありません。車での移動が中心ですし、オーストラリアとアメリカはそうですよね。

――オーストラリアの人は快適なのか、それとも不安を感じているのでしょうか。

快適でしょう。日本と違うのは、教会がある点です。皆で教会に集まって何かコミュニティ活動をするという文化がある。場所は別に教会でなくてもよくて、とにかくどこかに集まって作ればいいじゃないかという感じです。

日本の場合は、お寺がそういう機能をあまり果たしていないですよね。今後の日本が参考にすべき点はあると思います。

――ショッピングモールの今後のあり方として、「コミュニティ作り」がキーワードになるかもしれませんね。

そうですね。
///////
「イオンモール岡山」関連の話題

2014年08月21日
イオンモール岡山12月5日開業
http://okayamapowers.seesaa.net/article/404093700.html

2014年08月12日
<岡山市>今秋イオンモール開業前、社会実験断念 県警が交通渋滞懸念 /岡山
http://okayamapowers.seesaa.net/article/403619282.html
2014年08月11日
路面電車の駅乗り入れで4検討案 岡山市、高架化や地下で接続も/イオン整備、歩道橋の架設本格化
http://okayamapowers.seesaa.net/article/403619808.html

2014年08月07日
岡山駅前商店街 木曜マルシェ  (イオンモール岡山の共存への模索  OHK、テレビせとうちのニュースに)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/403347701.html

2014年07月29日
岡山の子供たちが「もんげー」と方言をしゃべりだしたのは「妖怪」の仕業だった?「妖怪ウォッチ」ブームで岡山弁「もんげー」が今年の流行語に?!
http://okayamapowers.seesaa.net/article/402755845.html


2014年07月13日
岡山駅前商店街「桃太郎市」( 毎月第2日曜 )
http://okayamapowers.seesaa.net/article/401974258.html

2014年06月29日
イオン開店前に交通量調査実施 今日と来月1日 岡山 (ももちゃりとアプリと割引連携を・・・)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/400557156.html

2014年06月27日
商店街で土曜夜市楽しもう (夏恒例の「土曜夜市」が岡山市中心部の3商店街) 「妖怪ウォッチ」のもんげーの街 岡山
http://okayamapowers.seesaa.net/article/400426959.html

2014年06月27日
イオン渋滞対策で交通量調査へ  「大型商業施設・イオンモール岡山」
http://okayamapowers.seesaa.net/article/400426204.html



2014年06月17日
<妖怪ウォッチ>「もんげー」復権 岡山弁から全国へ (地域活性化 岡山に「もんげー神社」をつくろう!)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/399681720.html

2014年06月16日
「妖怪ウォッチ」の聖地に岡山に「もんげー神社」を商店街につくろう!(「妖怪ウォッチ」が待望の映画化!ゲーム発売から1年足らず)地域活性化!
http://okayamapowers.seesaa.net/article/399574607.html

2014年06月10日
イオン、2500台の臨時駐車場 本当に大丈夫か? 
http://okayamapowers.seesaa.net/article/399146492.html

2014年05月31日
商店街の魅力高め、イオンに対抗 (イオン VS 商店街・天満屋) (イオン VS セブン&アイ)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/398369258.html

2014年05月20日
マルナカ VS 天満屋ストア (イオン VS セブン&アイHD の地域戦か)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/397532085.html

2014年05月12日
岡山ビブレ、35年の歴史に幕の「瞬間」
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396850404.html


2014年05月10日
<岡山ビブレ>35年の歴史に幕 類似の店舗間競争激化 ( 明日 )
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396730542.html

2014年05月10日
天満屋ストアどうなる? 岡山県が地盤の天満屋ストアなどM&A戦略 (セブン&アイが買収・出資)
http://okayamapowers.seesaa.net/article/397174349.html


2014年05月08日
イオン岡山「車で来店」7割超? のニュースがあったが・・。イオンの戦略は・・ 岡山にどう影響? 以下の記事
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396525951.html


2014年05月08日
岡山 山陽マルナカの挑戦 デジタルサイネージの情報発信でスーパーや放送局、通信など連携   デジタルサイネージとは・・
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396738379.html


2014年05月06日
イオン岡山「車で来店」7割超 県警調査、店側想定は3割未満
http://okayamapowers.seesaa.net/article/396525147.html
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:55| Comment(0) | <イオンモール岡山>12月5日に開業 (発表)『西の旗艦店』 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。