2014年08月24日

中高生がネット利用や弊害で熱弁/「スマホ子守り」に注意呼び掛け 岡山

中高生がネット利用や弊害で熱弁
///////
High school students in the spiel evils and net use

The 23rd, "argued speech contest of the 10's" by high school students in Kurashiki Kojima district (sponsored by Soroptimist International of Kojima) was held in Kojima citizen Exchange Center of the city Kojimaajino. 12 people 7 schools opinion published on the theme of "network society and I" this year. While emphasizing the convenience of the net, and complained of the need for information ethics.
Participants, introduce the benefits "was able to have ties with many beyond the regional and age" and "was motivated by the heart to the message that transmits the video on the Internet" sprinkled with real-life experience.
It pointed out that "it looks like a conversation with a communication app in the family together, the opportunity to match the face has decreased" and "no longer able to concentrate on studying the reply from friends worrisome" for evil. It said, "devised and make rules in their own needs" or.
Okutomi Yoichi Associate Prof. of the City College will review, we chose to Excellence Award a total of five people.
///////
中高生がネット利用や弊害で熱弁

倉敷市児島地区の中高校生による「10代の主張弁論大会」(国際ソロプチミスト児島主催)が23日、同市児島味野の児島市民交流センターで開かれた。今年は「わたしとネット社会」をテーマに7校12人が意見発表。ネットの利便性を強調する一方、情報モラルの必要性を訴えた。
 参加者は、実体験を交え「年齢や地域を超え大勢とつながりが持てた」「ネット上の動画が発信するメッセージに心を突き動かされた」と利点を紹介。
 弊害については「家族同士で通信アプリを使って会話するようになり、顔を合わせる機会が減った」「友達からの返信が気になり勉強に集中できなくなった」と指摘。「自分の中でルールをつくるといった工夫が必要」などと述べた。
 同市立短大の奥富庸一准教授らが審査し、計5人を優秀賞に選んだ。
///////
「スマホ子守り」に注意呼び掛け
//////
And call attention to the "smartphone lullaby"


The 20th, lectures on the theme of the relationship of children and electronic media such as smartphones and game was held in Kasaoka first hospital of Kasaoka evil. Pointed out that pediatricians from, it is not coming into direct contact with the child, that there is a parent to the muffled by giving electronic media. And called attention as may adversely affect the mental and physical development of children.
In recent years, the hospital is planning for the first time as a health class of citizens to try to raise issues that children from a patient to visit a pediatric outpatient, media-dependent is suspected in many cases. About 100 patients and medical personnel, residents are asked.
Miyajima Yuko pediatrician, description stimulation of the five senses of early childhood is to form the basis of personality in the same hospital vice president. It said, "risk that prevents the development of language and brain function is allowed to lack the experience involved with people, to control the emotion there is over-reliance on the booming using the media," he said.
A survey of private organizations, that if the time you want to use games and television is more than 6 hours a day, result child is that four to three times the amount of children that do not use exits the violence impulse also introduce further. I complained, "close attention must contact from infancy, the use of a long period of time," he said.
The hospital survey carried out for the 100 family of outpatient. Realities 3-5 year-olds who are experienced in contact with the smartphone and that more than 30% have been published prior to the lecture.
//////
「スマホ子守り」に注意呼び掛け


スマートフォンやゲームなどの電子メディアと子どもの関わりをテーマにした講演会が20日、笠岡市横島の笠岡第一病院で開かれた。小児科医らが、子どもと直接触れ合わず、電子メディアを与えて子守をさせる親がいると指摘。子どもの心身の発達に悪影響を及ぼす可能性があるとして注意を呼び掛けた。
 同病院は近年、小児科外来を訪れる患者に、メディア依存が疑われる子どもが多いことから問題提起しようと市民向けの健康教室として初めて企画。医療関係者や患者、住民ら約100人が聴いた。
 同病院副理事長で小児科医の宮島裕子さんは、乳幼児期の五感への刺激が人格の基礎を形成すると説明。「メディアを使った子守への過度の依存は人と関わる体験を不足させ、感情を制御する脳機能や言語の発達を妨げる危険性がある」と述べた。
 さらに民間団体の調査では、テレビやゲームなどを使う時間が1日6時間を超える場合、暴力衝動を持つ子は、使わない子の4・3倍という結果が出たことも紹介。「乳幼児期からの接触、長時間の使用には細心の注意が必要」と訴えた。
 同病院は外来患者の家族100人を対象にアンケート実施。スマホなどに接した経験のある3~5歳児は3割を超えるという実態が、講演に先立って公表された。
//////
2014年8月29日

岡山)通信会社が学校現場でスマホ教室

スマートフォン関連の通信会社が、学校でインターネットやスマホとの付き合い方について考える出前教室を始めた。犯罪やいじめ被害など学校現場では敬遠されがちなスマホだが、便利なツールとして認識してもらうのが目的だ。学校側も「すでに生活に密着したツールで、付き合わないわけにはいかない。正しい使い方を学ぶことが必要だ」と歓迎している。

 岡山市立芳泉中学校では7月、スマホの無料通信アプリの「LINE」(本社・東京)が、2年生(288人)を対象に情報モラルの教室を開いた。

 同社は静岡大学教育学部の塩田真吾講師(32)=教育工学=と連携。LINEを題材にした情報モラル教室を5月から全国の小中学校で始めた。

//////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。