2014年08月26日

14年度全国学テ 岡山県は低水準/全国学力テスト、岡山は中3が42位に下落 全国平均との差拡大

14年度全国学テ 岡山県は低水準/全国学力テスト、岡山は中3が42位に下落 全国平均との差拡大

単純に考えたほうがよい。
対策は、「勉強時間」を増やす工夫。 沖縄県のように、対策の授業や人材(人)をつけるべし。効果のある予算配置が必要。 人が不足なら、地域ボランチィア先生(高校生・大学生等)、見守り隊(高齢者)を導入する。 地域・地区で、「サポート」する体制を構築する。 具体的に対策問題を作成し、取り組むべし。

興味関心がスマホにあるなら・・・。
スマホ(タブレット)は、利用すべし。 スマホ利用のぱアプリを作成するべし。
//////
14年度全国学テ 岡山県は低水準

//////
2002 national Gakute Okayama Prefecture low level


The result of a 2014 national achievement test that the Ministry of Education announced the 25th, 38 the same as the previous year elementary school six years, junior high school three years became the # 42 falling from # 32 the previous year national ranking of Okayama Prefecture. I is in the low-level still.
The average percentage of correct answers was below the national average in all subjects. The difference between the whole country of the largest was lower 3-9 points in junior high school mathematics B. Difference becomes maximum at math B, I was less than one-six points in the elementary school. Tendency to poor utilization of knowledge in both elementary and secondary appeared.
The difference between the nationwide spread even A problem to ask the basics, 3 was sluggish in the same rank with the 12 year was the lowest ever in the same prefecture. It has set the most important issue of the prefectural education playback, but it became a harsh result.
6-position small 6, the national ranking of Hiroshima Prefecture # 15 is 3. Position 10 small 6, Kagawa Prefecture was 18 position 3.
//////
14年度全国学テ 岡山県は低水準


文部科学省が25日公表した2014年度全国学力テストの結果で、岡山県の全国順位は小学6年が前年度と同じ38位、中学3年が前年度32位から下がり42位となった。依然として低水準にある。
 平均正答率が全科目で全国平均を下回った。全国との差が最も大きかったのは中学数学Bで3・9ポイント低かった。小学校では算数Bで差が最大となり、1・6ポイント下回った。小中ともに知識の活用を苦手とする傾向が表れた。
 中3は基礎を問うA問題でも全国との差が広がり、同県の過去最低だった12年度と同順位に低迷した。教育再生を県政の最重要課題と掲げているが、厳しい結果となった。
 広島県の全国順位は小6が6位、中3が15位。香川県は小6が10位、中3が18位だった。
//////
全国学力テスト、岡山は中3が42位に下落 全国平均との差拡大

//////
National achievement test, Okayama expanded with the national average decline in the 42 position 3

The 25th, the result of (achievement test) national academic and learning survey of 26 fiscal year, which was conducted on the junior high school third grade and sixth grade elementary school has been published. Fell significantly from position 32 nationwide last year, in 3 of the prefecture was the same position 42. "Medium 3 Unfortunately the difference between the national average has expanded at an average rate of correct answers of all subjects" as, county Board of Education that will focus on and support of the Board of Education to the municipalities.



The number of participants, 17 491 people 396 schools small 6, 3 in 16,899 people in 170 schools, all public and private schools in the prefecture have participated in principle. Two types of "B issues leverage" has been questions as "A problem related to knowledge" in mathematics and languages.

The average percentage of correct answers are below the national average with any problem, kind, and less than 3, 9 Point 3 Mathematics B (utilization problem) in the difference was the largest, small 6 math A 0 · 3 in (knowledge problem) is minimal I was below point.

You are in the "Plan alive live country Okayama sunny" long-term guidelines for this year start, and raise small 6, # 10 within 3 both nationwide to 28 year national ranking prefecture, but a result of the fall to plan the first year came out. County board of education is increasingly a sense of crisis, was "It's tough, but a result, there is no choice but to improve one step at a time," he said.

It is promoting and teaching improvement and dispatched to the field supervisors "In elementary school, the effect seems to have been seen little by little. However, prefectural board of education compulsory education department lowered the rank greater in middle school effort was weak. I showed the policy of "strengthening the efforts in junior high school in the future.

On the other hand, in the study of learning situation, a small 6 percentage who answered "have a review of the lessons at home" is 41, 5% (nationwide 53, 9%), 39, 8​​% in 3 (the same 50 - policies as low as 4%), that the amount of learning in the home was less known, and tackle to improve together.

"Unfortunately the result is severe overall. Continue working on measures to analyze the results firmly" Takei Sen-ko education length

"I want you to promote initiatives (prefectural board of education) so that the results of. Education playback regrettable results appear like this" Italian wood Ryuta governor
//////
全国学力テスト、岡山は中3が42位に下落 全国平均との差拡大

小学6年生と中学3年生を対象に行われた平成26年度の全国学力・学習状況調査(学力テスト)の結果が25日、公表された。県内の中3は昨年の全国32位から大きく下落し、同42位だった。県教育委員会は「中3はすべての科目の平均正答率で全国平均との差が拡大し残念」として、市町村教委への支援などに力を入れていくという。

                  ◇

 参加人数は、小6が396校1万7491人、中3は170校の1万6899人で、原則的に県内の全公私立校が参加した。国語と算数・数学で「知識に関するA問題」と「活用に関するB問題」の2種類が出題された。

 平均正答率はどの問題・種類とも全国平均を下回っており、もっとも差が大きかった中3数学B(活用問題)では3・9ポイント下回り、最少は小6算数A(知識問題)で0・3ポイント下回った。

 県は今年度スタートの長期指針「晴れの国おかやま生き活きプラン」で、全国順位を28年度までに小6、中3とも全国10位以内に引き上げるとしているが、プラン初年度に下落する結果が出た。県教委は危機感を強めており、「厳しい結果だが、一歩ずつ改善するしかない」とした。

 県教委義務教育課は「小学校では指導主事を現場に派遣して授業改善などを進めており、少しずつ効果が見られてきたようだ。しかし、取り組みが弱かった中学校で大きく順位を下げた。今後は中学校でも取り組みを強化する」との方針を示した。

 一方、学習状況の調査では、「家で授業の復習をしている」と答えた割合が小6で41・5%(全国53・9%)、中3では39・8%(同50・4%)と低く、家庭での学習量が少なかったことも判明し、併せて改善に取り組んでいく方針。

 竹井千庫教育長「全体的に厳しい結果で残念。結果をしっかり分析し施策に取り組んでいく」

 伊原木隆太知事「今回のような結果は残念。教育再生の成果が現れるよう(県教委は)取り組みを進めてもらいたい」
//////
全国学力テスト児童生徒アンケート スマホ使用が長いほど成績低く

///////
National achievement test students' questionnaire smartphone use is low grade longer

■ time of the game, year by year increase

In the students questionnaire Ministry of Education has made with national achievement test, 1 hour or more in cell phones and smartphones on weekdays, and to call or mail, the Internet 15 · 1% in small 6, 47, 6​​% in the 3 it was found that to climb. Compared to the test results, the longer trend, usage time low grades came out.

The ministry, a detailed comparison of results and use time except to "do not have a smartphone and mobile" of the respondents. Students to use for more than four hours 3 is 10, 8%, and the average percentage of correct answers math A was 55, 7%, but the average percentage of correct answers of the students of 15, 9% of the less than 30 minutes usage time 72-7 % it ​​was. The average percentage of correct answers of math A students to use more than four hours, even small 6 in 66, 6%, the difference was wide open with 79-eight percent accuracy rate of less than 30 minutes.

Also are you (including smartphone and mobile phone) video games for over an hour on weekdays, small 6 in 54, 4%, 55-9% 3. Climb to around 10% in both the elementary and junior high, even if only 4 hours or more. Time of the game has been increasing year by year, game time is longer, the average percentage of correct answers was low.

The ministry has been "game and use of mobile phones, I want you to an opportunity to think for. Important home be with a Distinction," he said.



■ performance increases as the frequency goes up children, a high percentage of correct answers read newspaper

The students questionnaire, I found that the proportion that are reading the newspaper, was reduced in both elementary and junior high school students. I found that there is influence of newspaper away from home. But, Analysis of the test results and how often read the newspaper, better results for children Read well the newspaper, with the higher average percentage of correct answers came out. It seems though to be effective in improving academic achievement is that you read the newspaper.

Percentage is reading a newspaper at least once a month, 4.4 points lower than last year small 6 49, 6%. 3 was also reduced 3-9 points at 40, 6%. In relation to the test results and how often read the newspaper, percentage of correct answers in the small 6 languages ​​B and "not read" the child was 52, 0%, but in the 62-3% "almost every day", results more frequently rises rise. 3 B language even while a 49-3% "do not read", "almost every day" was 57, 2%. Trend was the same in other problems.
///////
底上げ進み、地域差縮小=沖縄の小学校で改善目立つ―全国学力テスト

///////
Proceeds raised, and conspicuous improvement in the elementary school of regional differences reduction = Okinawa - national achievement test

The 25th, the Ministry of Education announced the results went to April subject to the junior high school three years and six years elementary school academic achievement and learning nationwide survey of (national achievement test). Trend while the results came out in A problem that question the basic knowledge, challenges that remain in the B issue to try to leverage force does not change, but the results raise the level of sub-prefecture becomes significant in the prefecture, and the elimination of regional disparities in academic achievement it has resulted in But it proceeds further.
Looking at the average percentage of correct answers by prefecture, Okinawa Prefecture breakthrough at the 6-position from 47 last year in math A. Became a cuckoo to raise the rank 10th more than elementary school all subjects, the results of teaching improvement was enhanced from fiscal 2012 came out. Result of Shizuoka Prefecture for receiving the elementary language A bottom of the last year, published a part principal name is governor also worked on such measures problem, extended grades in elementary school all subjects. There was no significant variation in the upper Akita Prefecture, and Fukui.
Municipalities the difference between the national average and the average percentage of correct answers of 3 municipality subordinate to shrink in all subjects, less than 5 points or more the national average in the subjects of mathematics AB other than the junior high school was zero. The ministry is analyzing "to analyze the weak field, such as the introduction of initiatives good other schools, efforts to improve teaching led to the bottom-up," he said.
Improvement was seen in the problem of the function of mathematics A and arithmetic math computation A in the field that has been a challenge in the test of the past, "write to convey the information obtained from the documentation" and (junior high school language B) "position correct answer rate is low an opinion as to clarify the "the (elementary school language B), there was a weak trend Story Seigo. Percentage of blank answer was improved.
The ministry accepted that such municipalities to publish the results of another school under certain conditions from this time. Seen local governments to publish the amount is less, but the ministry has said "I want to watch the actual situation so that the hierarchy of the school does not occur."
///////
底上げ進み、地域差縮小=沖縄の小学校で改善目立つ―全国学力テスト

文部科学省は25日、小学6年と中学3年を対象に4月に行った全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。基礎知識を問うA問題で成果が出た一方、活用力を試すB問題に課題が残るという傾向は変わらないが、都道府県別で下位県の成績底上げが顕著になり、学力の地域格差の解消が一層進む結果となった。
 都道府県別の平均正答率を見ると、沖縄県が算数Aで昨年の47位から6位に躍進。小学校全教科で10位以上順位を上げ、2012年度から強化した授業改善の成果が出た格好となった。昨年の小学国語A最下位を受け、知事が一部校長名を公表した静岡県も対策問題などに取り組んだ結果、小学校全教科で成績を伸ばした。秋田、福井など上位県に大きな変動はなかった。
 下位3自治体の平均正答率と全国平均との差は全教科で縮小し、中学の数学AB以外の教科では全国平均を5ポイント以上下回る自治体はゼロだった。文科省は「苦手分野を分析し、他校の良い取り組みを導入するなど、授業改善への努力が底上げにつながった」と分析している。
 過去のテストで課題とされた分野では算数Aの四則計算や数学Aの関数の問題で改善が見られたが、「資料から得た情報を伝わるように書く」(中学国語B)や「立場を明確にして意見を述べる」(小学国語B)は正答率が低く、故事成語も苦手傾向があった。白紙解答の割合は改善した。
 文科省は今回から一定の条件で市町村などが学校別の成績を公表することを容認。公表する自治体は少ないとみられるが、同省は「学校の序列化が起きないよう実態を注視したい」としている。 
///////

全国学力テスト児童生徒アンケート スマホ使用が長いほど成績低く

■ゲームの時間、年々増加

 文部科学省が全国学力テストとともに行った児童生徒アンケートで、平日に携帯電話やスマートフォンで1時間以上、通話やメール、インターネットをするのは小6で15・1%、中3では47・6%に上ることが分かった。テスト結果と比べると、使用時間が長いほど、成績が低い傾向が出た。

 文科省は、回答のうち「携帯やスマホを持っていない」を除いて使用時間と成績を詳細に比較。中3で4時間以上使う生徒は10・8%で、数学Aの平均正答率は55・7%だったが、使用時間30分未満の15・9%の生徒の平均正答率は72・7%だった。小6でも4時間以上使う生徒の算数Aの平均正答率は66・6%で、30分未満の正答率79・8%とは差が大きく開いた。

 また平日に1時間以上テレビゲーム(携帯電話やスマホなどを含む)をしているのは、小6が54・4%で、中3が55・9%。4時間以上に限っても小中ともに10%前後に上る。年々ゲームの時間が増加しており、ゲームの時間が長いほど、平均正答率は低かった。

 文科省は「携帯電話の使用やゲームは、けじめをもってすることが大切。家庭で考えるきっかけにしてほしい」としている。

                  ◇

 ■新聞読む子供、正答率高く 頻度上がるほど成績上昇

 児童生徒アンケートでは、新聞を読んでいる割合が、小中学生ともに減少したことが分かった。家庭の新聞離れの影響があるとみられる。だが、新聞を読む頻度とテスト結果を分析したところ、新聞をよく読む子供の方が、平均正答率が高いとの結果が出た。新聞を読むことは学力向上に効果があるといえそうだ。

 月に1回以上新聞を読んでいる割合は、小6が49・6%で昨年より4・4ポイント減少。中3も40・6%で3・9ポイント減った。新聞を読む頻度とテスト結果との関係では、小6国語Bで「読まない」子供の正答率は52・0%だったが、「ほぼ毎日」は62・3%で、頻度が上がるほど成績は上昇。中3国語Bでも「読まない」は49・3%なのに対し、「ほぼ毎日」は57・2%だった。ほかの問題でも傾向は同じだった。
//////
<学力テスト>下位道府県が底上げ 沖縄は小学校伸びる


文部科学省は25日、今年4月に実施した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。応用問題の正答率は例年同様低かったが、都道府県別の平均正答率は基礎、応用問題とも下位層と全国平均との差がさらに縮小し、同省は「学力の底上げが進展した」と分析。例年最下位層だった沖縄県が順位を上げ、小学校算数の基礎問題では6位に浮上した。また、昨年同様「総合的な学習の時間」に積極的に取り組む学校ほど平均正答率が高く、相関が明確になった。

 テストは小学6年と中学3年の全員が対象(私立は希望校で参加率47%)。科目は国語、算数・数学で、それぞれ基礎知識を問うA問題と、応用力をみるB問題がある。国公私立計約3万校の約215万人が受けた。

 公立校の正答率の全国平均は小学校国語Aが72.9%▽同B55.5%▽算数A78.1%▽同B58.2%。中学校国語Aは79.4%▽同B51.0%▽数学A67.4%▽同B59.8%だった。

 都道府県別の公立校の平均正答率について、下位3県の平均値と全国平均との差を2009年度、13年度と比較したところ、4科目とも縮小傾向にあった。小学校国語Bは09年度4.1ポイント→13年度3.3ポイント→今年度3.0ポイント。中学校数学Bは09年度7.7ポイント→13年度7.3ポイント→今年度6.5ポイントで、回数を重ねるごとに差が縮まっている。

 全国平均を5ポイント超下回った都道府県が昨年同様、小学校の全科目でなくなり、同省は「学力の底上げが進展」と分析。要因として(1)過去の結果分析に基づく指導の改善(2)書く習慣や実生活との関連を意識した授業の普及(3)家庭学習の習慣が定着--を挙げている。

 一方、上位3県の平均値と全国平均との差は8.4~3.8ポイントで、同省は「上位県はレベルを維持している」とみている。

 「総合的な学習の時間」の探究活動を進めている児童生徒のほうが、すべての科目で成績が良く、中学校数学Bでは平均正答率で5ポイントの差があった。

 都道府県別では、毎回小中とも成績が最下位層だった沖縄県が、小学校の結果を大幅に伸ばした。小学校算数Aの平均正答率が初めて全国平均を上回った(プラス2.8ポイント)ほか、他の科目でも、前回4ポイント近くあった全国平均との差が1ポイント前後にまで縮小した。
//////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。