2014年09月16日

見守りロボットと楽しく“会話”(岡山 卓上型のロボット)

見守りロボットと楽しく“会話”(岡山 卓上型のロボット)
//////
"Conversation" with the robot fun watching (robot Okayama tabletop)

The 15th of Respect for the Aged Day, there is a meeting Keiro nursing home in Okayama Prefecture Yakage town Minamiyamata in "Yakage Zhuang", was to experience the support system watch elderly residents were using a robot.
Two elderly, "conversation" (24 cm in height) of the tabletop robot. When you call "right now" to be such as "What is the plan", the robot was reply "was cheers for good work" or "There is a dinner party." Etc. blush cheek towards the face to the speaker in the light that lights on the head, experience who had squint to figure of the robot speak expressively.
The system, intended for use or elderly people living alone home, in private, such as facilities for the elderly. In addition to become a companion of the day-to-day, you can notify the doctors and family and can be connected to the communication line, when you perceive an abnormality of the user, the robot call attention to the user in conjunction with evacuation information and emergency earthquake that can also. There were also exhibition of emergency equipment in conjunction with fire alarm.
In addition, showcase of attractions and Kagura by staff also enjoyed the Aged Association.
//////
見守りロボットと楽しく“会話”(岡山 卓上型のロボット)

敬老の日の15日、岡山県矢掛町南山田の特別養護老人ホーム「矢掛荘」で敬老会があり、入所者がロボットを使った高齢者見守り支援システムを体験した。
 お年寄り2人が、卓上型のロボット(高さ24センチ)と“会話”。「ただいま」「予定を教えて」などと呼び掛けると、ロボットは「お疲れさまでした」「夕食会があります」などと返事した。頭部に点灯するライトで話し手に顔を向けて頬を赤らめるなど、表情豊かに話すロボットの姿に体験者は目を細めていた。
 同システムは、独居老人宅や、高齢者施設の個室などでの利用を想定。ロボットは日常の話し相手になるほか、通信回線と接続することで、利用者の異常を察知すると家族や医師らに通知したり、緊急地震速報や避難情報などと連動して利用者に注意を呼び掛けることも可能という。火災報知機と連動した緊急通報装置の展示もあった。
 敬老会ではこのほか、職員によるアトラクションや神楽の披露も楽しんだ。
//////
高齢者見守り  ロボット - Google News
Powered by RSSリスティング

ロボット - Google News
Powered by RSSリスティング

/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 見守りロボットと楽しく“会話”(岡山 卓上型のロボット) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。