2014年09月20日

さかなクンら ESD世界会議PR (岡山) =ESD(持続可能な開発のための教育)=/秋トマト、高梁

さかなクンら ESD世界会議PR (岡山) =ESD(持続可能な開発のための教育)=

岡山、名古屋市で10、11月に開かれる「ESD(持続可能な開発のための教育)に関するユネスコ世界会議」をPRする直前イベント「ESDフェスタ2014秋in東京」(文部科学省主催)が20日、東京都内で開かれた。
 タレントのさかなクン、宇宙飛行士山崎直子さん、シンガー・ソングライター白井貴子さんのオフィシャルサポーター3人が登場。下村博文文科相は「進歩、開発の一方で環境保護を図るのがESD。95カ国から2千人近くが集まる予定の世界会議で、共存共栄を考えよう」とあいさつ。さかなクンは「2048年には魚が食卓から消えるという学説がある。そうならないよう行動を起こしてほしい」と呼び掛けた。
 会場では岡山市のイメージキャラクター・ミコロとハコロが盛り上げに一役買ったほか、市内での会合やイベントを紹介する冊子が配布された。
 ESDは環境、平和、人権などの問題を解決する人材育成の活動。世界会議は10月9日から岡山市で関係機関の会合を開いた後、名古屋市で閣僚級会合などがある。
//////
秋トマト、高梁で収穫と料理体験

岡山県内最大のトマト産地の高梁市で20日、収穫・料理体験イベントが開かれた。
 農産物の消費拡大を目指すJA全農おかやま(岡山市北区磨屋町)と、旬の食材をお好み焼きの具として提案するオタフクソース(広島市)などが連携して開催。岡山、倉敷市などから家族連れ5組12人が参加した。
 JAびほくトマト部会の仲山潔俊部会長(高梁市川上町下大竹)のハウスで収穫体験。仲山部会長から「昼夜の寒暖差が糖度を高める秋物が一番おいしい」との説明を聞き、赤く熟した実を摘み取った。この後、角切りトマトをソースに加えたお好み焼きを作り、味わった。
 JA全農おかやまの梶田謙二次長は「消費者に県産農産物への愛着を深めてもらうとともに、新たな食べ方を提案し需要を掘り起こしたい」と話していた。
 JA全農おかやまによると、県産トマトは7~11月出荷の夏秋トマトが主力。出荷量は2289トン(2013年)で、JAびほく管内が約6割を占める。
//////
【関連する記事】
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。