2014年09月24日

「でーれーガールズ」女優がPR(岡山県出身の桃瀬美咲さんら)

「でーれーガールズ」女優がPR(岡山県出身の桃瀬美咲さんら)

次は、「もんげーボーイ」だな? 県知事出演で・・。
//////
(Misaki Momose et al Okayama Prefecture) PR is "Dere Girls" actress

Ahead the end of shooting the movie "Dere Girls", the 23rd, production report meeting by starring actress et al was held in (Okayama, Naka-ku, Kadotayashiki) Sanyo Women's mid-high model of the story. Along to the original writer Harada Maha's Okayama Yukari (52), friendship and love of high school girls are drawn, was PR to be "work heartwarming charm of Okayama is jammed" movie.
Yuki started Yoshiao san, Adachi Rika that on the stage of the 1980s, played a high school two hero, five actress Misaki Momose et al Okayama Prefecture was attended.
Full-length works of Okayama location. Yuki's student officers coming to changing schools in Okayama was proudly "views overlooking the Asahikawa ku Okayama Castle from the top of the Tsurumibashi was beautiful really. Contents for me to sympathize also people of every generation," he said.
On the other hand, smile "was struggling to accent the unique, but was glad to be referred to as" Na was "growth from teacher guidance dialect" Adachi's that contains the Okayama valve plenty to dialogue with. Momose-san according to "have Kawayu Dere, and I was delicious," said it was wowed venue.
Italian wood Ryuta Governor also skies made the debriefing. Horipro is planning to produce the movie, Okayama Roque scheduled until the 27th.
//////
「でーれーガールズ」女優がPR(岡山県出身の桃瀬美咲さんら)

映画「でーれーガールズ」の撮影終了を控え、主演女優らによる制作報告会が23日、物語のモデルの山陽女子中高(岡山市中区門田屋敷)で行われた。映画は岡山ゆかりの作家原田マハさん(52)の原作に沿い、女子高生の恋と友情が描かれ、「岡山の魅力が詰まった心温まる作品」とPRした。
 1980年代を舞台に、主人公2人の高校時代を演じた優希美青さん、足立梨花さんをはじめ、岡山県出身の桃瀬美咲さんら女優5人が出席した。
 全編岡山ロケの作品。岡山に転校してくる生徒役の優希さんは「鶴見橋の上から旭川と岡山城を臨む景色は本当に美しかった。どの世代の人たちにも共感してもらえる内容」と胸を張った。
 一方、せりふにたっぷり岡山弁が含まれる足立さんは「独特のアクセントに苦労したけれど、方言指導の先生から『成長したな』と言われてうれしかった」と笑顔。桃瀬さんが「でーれーかわゆうて、うまかったわ」と応じ、会場を沸かせた。
 報告会には伊原木隆太県知事も応援に駆け付けた。映画はホリプロが企画、制作し、岡山ロケは27日までの予定。
//////
「でーれーガールズ」制作報告会「岡山県民と作った映画」

オール岡山ロケで岡山弁を駆使した映画「でーれーガールズ」(来年2月公開)の制作報告会が23日、岡山市内で開かれ、ダブル主演の女優、優希美青さん(15)と足立梨花さん(21)が作品への熱い思いを語った。

 東京から岡山の女子高に転校した漫画好きの主人公(優希さん)と勝ち気な友人(足立さん)をめぐる友情や恋愛を描いた同作。今月13日にクランクインし、前例がないというオール岡山ロケで撮影が進み、この日までに主役級がクランクアップした。

 足立さんは平成19年、優希さんは24年の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でともにグランプリを獲得し、さらに昨年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」にも2人そろって出演して注目された。優希さんは「エキストラなどたくさんの岡山県民と一緒に作った映画」と話し、足立さんは「難しい岡山弁も最後は指導の先生からオーケーが出るほど。うれしかった」と完成を心待ちにしている。

 撮影は今月末で終了する予定。来年2月上旬、岡山市で先行公開、その後、全国ロードショーされる。

                  ◇

 原作者の原田マハさん(52)も岡山市内で会見し、「第二の故郷である岡山で過ごした私の青春。岡山弁は春の川をいく船のイメージ」と話した。作品は小学校6年生から大学進学までを岡山市内で過ごした体験をもとにしているという。
//////
<映画>岡山舞台の「でーれーガールズ」 出演者報告会「じゃけ」かわいい! /岡山

岡山が舞台の青春映画「でーれーガールズ」の出演者5人が23日、撮影場所の山陽女子高(中区門田屋敷2)で報告会を開いた。この日、メインキャストの優希美青さん(15)、足立梨花さん(21)らは撮影を終え、「全力で生きる女の子たちの姿を見て」と作品の魅力を語った。

 「でーれーガールズ」は、同校卒業生の作家、原田マハさんの小説が原作。1980年代の岡山が舞台で、東京から引っ越してきた主人公・鮎子が、高校で出会った武美らクラスメートと友情を育む物語。鮎子が慣れない岡山弁を通じて武美たちと仲良くなる。

 出演者たちは、再現された30年前の同校制服の衣装で報告会に臨んだ。武美役の足立さんは「方言指導の先生に教わりながら、楽しく撮影できた。私なりに岡山の人になれたのがうれしい」。鮎子を演じる優希さんは「『じゃけ』という言い方がかわいいな、と思った」と笑顔を浮かべた。クラスメート役で出演する岡山市出身の桃瀬美咲さん(21)は「岡山の人にとっては『ここ知ってる』という場所がいくつも出てくるはず。楽しんで見てほしい」と話した。

 映画は来年2月、岡山で先行上映され、全国公開される。
//////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。