2014年09月25日

岡山高島屋で「秋の大北海道展」/天満屋で岡山市いけばな展開幕

岡山高島屋で「秋の大北海道展」/天満屋で岡山市いけばな展開幕
岡山 高島屋
Powered by RSSリスティング


岡山 天満屋 - Google News
Powered by RSSリスティング


/////
"Large Hokkaido Exhibition of autumn" in Okayama Takashimaya

The 25th, "Hokkaido large exhibition of autumn" a collection of Suites and agricultural products of Hokkaido began in Okayama Takashimaya (Okayama, Kita-ku, Hon). Until October 7.
43 shops, including three new shop selling about 850 kinds. Potato chips corn white corn that seafood lunch was dished salmon roe and salmon, sea urchin (2376 yen), eaten raw (399 yen), multiplied by the chocolate, such as (¥ 756) are arranged, it was crowded with tourists of many from the first day .
The exhibition (2700 yen) roll cake sandwiched Okayama the "Momotaro grapes" in the same store limited. I also sell crafts such as wood carving figurine of Otaru glass or (glass) until the 30th.
Was talking about "shopping is fun just delicious products of Hokkaido unique," said (37) housewife Kurashiki who purchased the confectionery and king crab. (The last day of the same 4:00) 10:00 to 19:00.

Okayama Ikebana Exhibition opening in Tenmaya

The 25th, (sponsored by the city, such as the city flower arranging cultural Federation) 64th Okayama Ikebana exhibition began in Tenmaya Okayama shop 6 Kaiashikawa Hall Kita Table town. Works autumnal lovers with a focus on the city, are pleasing to the eyes of visitors. Up to 30 days.
To exhibit while replacing a total of 498 points lovers of 11 schools Ikenobo, such as 専敬 flow was exhibited one point one. On the first day, 167 points to start the epic using persimmon of about 2 meters height fruited in laden, using flowers of autumn cosmos pink and white, and gentian violet are lined up.
Women of the same city that you have seen (78) had said, "just a beautiful piece as if brought into the room as it is natural. Vitality comes out When I see," he said.
(29 days for the same 6:00) 10:00 to 17:30. ¥ 200 entrance fee.
/////
岡山高島屋で「秋の大北海道展」

岡山高島屋(岡山市北区本町)で25日、北海道の農水産物やスイーツを集めた「秋の大北海道展」が始まった。10月7日まで。
 新規3店を含む43店が約850種類を販売。サケやイクラ、ウニを盛り付けた海鮮弁当(2376円)、生で食べられるトウモロコシ・ホワイトコーン(399円)、チョコレートをかけたポテトチップス(756円)などが並び、初日から大勢の客でにぎわった。
 同店限定で岡山産「桃太郎ぶどう」を挟んだロールケーキ(2700円)を出品。30日までは小樽硝子(がらす)や木彫りの置物といった工芸品も販売している。
 タラバガニや菓子を購入した倉敷市の主婦(37)は「北海道ならではのおいしい商品ばかりで買い物が楽しい」と話していた。午前10時~午後7時(最終日は同4時)。

天満屋で岡山市いけばな展開幕

 第64回岡山市いけばな展(市、市華道文化連盟など主催)が25日、北区表町の天満屋岡山店6階葦川会館で始まった。市内を中心とした愛好家の秋らしい作品が、来場者の目を楽しませている。30日まで。
 池坊、専敬流など11流派の愛好家が1人1点ずつ出品した計498点を入れ替えながら展示する。初日は、たわわに実をつけた高さ約2メートルの柿の木を使った大作をはじめ、白やピンクのコスモス、紫のリンドウといった秋の花を用いた167点が並んでいる。
 観賞した同市内の女性(78)は「自然をそのまま室内に持ち込んだかのように美しい作品ばかり。見ていると元気が出てきます」と話していた。
 午前10時~午後5時半(29日は同6時)。入場料200円。

/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 岡山高島屋で「秋の大北海道展」/天満屋で岡山市いけばな展開幕 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。