2014年09月26日

肺の一部分割し2歳児に 岡山大が移植成功、世界初

肺の一部分割し2歳児に 岡山大が移植成功、世界初

「移植成功、世界初」の成功は、すばらしい。
母子ともに健康でありますように・・・

/////
Okayama portable successful 2-year-olds and some split of the lung, the world's first

Surgery can be divided into smaller units called "zone" part of left lung maternal implanted into both lungs 2 year olds were conducted in Okayama University Hospital. The smallest unit that can function as the lungs "zone". 2-year-olds has been restored to the state that you can breathe on their own, (Takahiro Oto) Associate Professor has said, "surgery was successful," said Takahiro OTOH you surgeon. Was successful in lung transplant unit in the area that the first time in the world.

According to Mr. OTOH, patients boys of 2 years 9 months living in Saitama Prefecture. It is lung transplantation of the youngest in the country. Surgery is carried out over a period of about 11 hours on August 31. Remove the ventilator on September 13, it is no longer also used oxygen inhaler in the 22nd.

Boys develop idiopathic interstitial pneumonia around May this year. The exacerbated as become severe hypoxia even using the ventilator in mid-August, double lung transplant is needed. Initially, it was assumed that ask them to provide one portion lung from two adults, but the results of the inspection, did not have to fit people other than his mother.
/////
母親の左肺の一部を「区域」と呼ばれる小さな単位に分割して、2歳児の両肺に移植する手術が岡山大学病院で実施された。「区域」は肺として機能できる最小単位。2歳児は自力で呼吸できる状態まで回復しており、執刀した大藤剛宏(おおとうたかひろ)准教授は「手術は成功した」と話している。区域単位の肺移植に成功したのは世界で初めてという。

 大藤さんによると、患者は埼玉県に住む2歳9カ月の男児。国内では最年少の肺移植となる。手術は8月31日に約11時間かけて実施。9月13日に人工呼吸器を外し、22日には酸素吸入器も使わなくなった。

 男児は今年5月ごろ特発性間質性肺炎を発症。8月中旬には人工呼吸器を使っても重度の酸欠になるほど悪化し、両肺の移植が必要になった。当初、大人2人から肺を一部ずつ提供してもらう想定だったが、検査の結果、母親以外に適合する人がいなかった。

////
母の肺、小さく分け2歳児へ=世界初「区域」移植―岡山大病院

岡山大病院(岡山市)は24日、母親の左肺の一部を小さく分割して2歳児の両肺に移植する手術に成功したと発表した。同病院によると、肺として機能する最小単位である「区域」に分割して移植が成功したのは世界で初めてで、生体肺移植では国内最年少。

 患者は、埼玉県在住の2歳9カ月男児。今年4月下旬ごろ、特発性間質性肺炎を発症し、両肺の移植が必要な状態となった。

 手術は8月31日、約11時間かけて実施。母親の左肺から「下葉」と呼ばれる部分を摘出し、分割して男児の両肺に移植した。手術は成功し、9月22日には酸素吸入器も必要なくなった。 

/////
<生体肺移植>母親の左肺の一部を細分割 2歳9カ月男児に

 岡山大病院(岡山市北区)は24日、2歳9カ月の男児に、母親から摘出した左肺の一部を「区域」と呼ばれる最小単位に分割して移植する生体肺移植手術に、世界で初めて成功したと発表した。体が小さな男児には肺を分割して移植する必要があった。国内での肺移植はこれまで3歳が最年少で、2歳児への移植も初めて。

 岡山大病院によると、移植を受けたのは埼玉県在住の男児で、今年4月下旬ごろ、特発性間質性肺炎を発症。8月中旬には人工呼吸器を使っても重度の酸欠になるほど悪化し、両肺の移植が必要になった。当初、2人の大人から肺を一部ずつ提供してもらう予定だったが、母親以外に適合する人がいなかった。

 岡山大の大藤剛宏(おおとう・たかひろ)准教授らのチームが先月31日、30人態勢で約11時間かけて移植を実施。母親から摘出した左肺の「下葉(かよう)」という部分を分割し、そのうちの1区域(肺全体の18分の1)を左肺に、3区域を右肺に移植した。

 今月13日に男児の人工呼吸器を外し、同22日には酸素吸入器も必要なくなった。男児は1カ月で退院できる見通しだが、成長の過程で肺の容量が足りなくなった場合には、再移植が必要になる可能性もあるという。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 肺の一部分割し2歳児に 岡山大が移植成功、世界初 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。