2014年10月15日

高橋引退「1、2年かけて次の目標探す」 (故郷・岡山)

高橋引退「1、2年かけて次の目標探す」 (故郷・岡山)
高橋大輔- Google News
Powered by RSSリスティング

"Find the next target over two years" Takahashi retired

Farewell, ace of Japan. The 14th, Daisuke Takahashi (28 = Kandai graduate) of the Vancouver Olympic bronze medalist in '10 is conference in Okayama Prefecture hometown Figure skating in the men's, I announced his retirement. Sochi Olympics started in February sixth place at the culmination. Influence of right knee failure is large, I had to rest this season. Stressed the decision to proceed, we consider, including the choice of non-skating in the future. Name skater who led the popular figure in Japan, finished the day-to-day battle.

It was Takahashi outside everyday even in mustache figure, not decorated in unusual glasses. Find the answer in good faith while shy little questions. I did not change in the seat-speaking big decision of life.

I made ​​a decision to retire Takahashi. I want to go towards the next goal.

Decision mid-September. Declared a rest this season, it was supposed to ponder over one year, "Moyamoya" that had been left in the mind. Miss a malfunction the World Championships in March. Including the Sochi Olympics that was positioned as a separator, it was incomplete combustion. At the same time, it felt "to keep the motivation is difficult," said Pyeongchang Olympics until four years later. Each other that clash was a "moyamoya". So, I decided the way to "Leaving even a little. Feeling that I wanted to clean, it is difficult to proceed," he said.

Was obtained the title of "Ace" started fighting at the forefront of the Japanese men's a teenager, but it was not a smooth sailing. I continued to struggle and failure. The October 08, and seriously injured anterior cruciate ligament of the right knee (the human body) rupture, of medial meniscus damage. Players life has been threatened. Barely walk even one year ago Vancouver Olympics opening. The resurrected from there, you have to hand the bronze medal. On this day, the players suffer from failure, and sent a message "the very good experience is, if you go to do it and I enjoy, the experience will be a thing of their own," he said.

The conference started in Okayama Prefecture was born and raised. When I started competing in 8-year-old in Kurashiki, referred to as "was glad my parents are of us laughing" than fun slide of their own. Even now, joy fans, their coach's joy the best. When asked the attractions of acting, I answered "We leave it to everyone it" always. Rather than their commitment, people who have seen the protagonist. "Rather than pass forcibly myself, it has been accepted by the flow." That's why, I was familiar with a rare representation of persons with kind dance to hip-hop from the classic.

're Fixed now only ice show in December. Unlike the past, to pass their own future, to determine its goals. To grin to be "really puzzled". "First of all it would do was liked to skate to where?" I start with that question. Period of two years. Or choreographer or coach, there to its destination or another road. However, it is certainly now think there is one. "I'm glad as yourself is going to be involved in skating, and good or result". [Abe Kengo]

◆ 16 days (Akira 61) March Daisuke Takahashi (Takahashi Daisuke) in 1986, was born the youngest of four brothers in Kurashiki, Okayama Prefecture. At the age of 8, I start to skate in a well Sanpia Kurashiki (at the time) near the house. Okayama Kurashiki Midorimatsu High - Kandai - Kandai graduate school. 165 cm, 59 kg.
/////
高橋引退「1、2年かけて次の目標探す」

さらば、日本のエース。フィギュアスケート男子で10年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(28=関大大学院)が14日、故郷の岡山県内で会見し、現役引退を発表した。集大成で臨んだ2月のソチ五輪は6位。右膝故障の影響も大きく、今季は休養していた。次に進むための決断を強調し、今後はスケート以外の選択肢も含め考えていく。日本のフィギュア人気をけん引した名スケーターが、戦いの日々を終えた。

 珍しいメガネに口ひげ姿でも、飾らない普段の高橋がいた。質問に少し照れながら誠実に答えを探す。人生の大きな決断を話す席でも変わらなかった。

 高橋 引退するという決断をしました。次の目標に向かって進みたい。

 決断は9月半ば。今季休養を宣言し、1年間かけて熟考するはずだったが、心には「モヤモヤ」が残っていたという。3月の世界選手権を故障で欠場。区切りと位置付けたソチ五輪も含め、不完全燃焼だった。同時に、4年後の平昌五輪までは「モチベーションを保つのは難しい」と感じていた。そのせめぎ合いが「モヤモヤ」だった。だから、「スッキリしたかった。気持ちを少しでも残すと、次に進みにくい」と道を決めた。

 10代で日本男子の最前線で戦い始め「エース」の称号を得たが、順風満帆ではなかった。故障と闘い続けた。08年10月には、右膝の前十字靱帯(じんたい)断裂、内側半月板損傷の大けが。選手生命が危ぶまれた。バンクーバー五輪開幕1年前でも歩くのがやっと。そこから復活し、銅メダルを手にした。この日、故障に悩む選手に、「大変さを良い経験、楽しむんだとやっていったら、その経験は自分のものになる」とメッセージを送った。

 生まれ育った岡山県で会見に臨んだ。倉敷市で8歳で競技を始めた時、自分の滑る楽しみより「両親が笑ってくれるのがうれしかった」という。いまも、ファン、コーチの喜びが最上の喜び。演技の見どころを聞かれると、必ず「それは皆さんに任せます」と答えた。自分のこだわりでなく、見ている人が主役。「自分を強引に通すのでなく、流れを受け入れてきた」。だからこそ、クラシックからヒップホップまで踊れる類いまれな表現者となれた。

 いま決まっているのは12月のアイスショーだけ。これまでと違い、今後は自分を通す、その目標を決める。「本当に戸惑っている」と苦笑いする。まずは「どこまでスケートを好きだったんだろう?」。そんな疑問から始める。期間は1、2年。その先にあるのはコーチか振付師か、別の道か。ただ、いま確かに思うことが1つある。「スケートに関わっていくのが自分としてはうれしいし、良い結果かな」。【阿部健吾】

 ◆高橋大輔(たかはし・だいすけ)1986年(昭61)3月16日、岡山県倉敷市で4人兄弟の末っ子として生まれる。8歳の時、家の近くのウェルサンピア倉敷(当時)でスケートを始める。岡山・倉敷翠松高-関大-関大大学院。165センチ、59キロ。
フィギュア 高橋- Google News
Powered by RSSリスティング


高橋大輔- Google News
Powered by RSSリスティング

(これからは、「岡山」を宣伝してね!)
フィギュア 大輔- Google News
Powered by RSSリスティング


<高橋大輔引退>母親「ちゃんとした社会人になって」

会見には高橋大輔選手の関係者も同席した。出身地の岡山県倉敷市で最初にスケートを教えたスケートクラブ「倉敷FSC」の佐々木美行監督(57)は「彼が最初にスケート靴を履いた20年前は、男子フィギュアはマイナーな存在だった。試合でひどい点数でも『よし今度こそ!』と前向きに取り組んだ。その姿は後輩たちの目標になった」とたたえた。

 高橋選手の母清登(きよと)さん(64)は「『お母さん、引退することに決めたから』と聞き、覚悟はしていたが、半分ホッとして、半分は寂しい気持ち。『よく頑張りましたね』と言いたい。選手生活が一段落し、ちゃんとした社会人になってほしいなと思う」と柔和な表情で語った。


<フィギュアスケート>高橋選手引退表明 大ちゃんお疲れさま 恩師ら笑顔でねぎらい /岡山

故郷・岡山で14日、現役引退を表明したフィギュアスケートの高橋大輔選手(28)=倉敷市出身、関大大学院。北区錦町の両備ホールディングスでの記者会見には、両親や恩師らが駆け付けた。世界選手権優勝、2010年バンクーバー冬季五輪で銅メダル獲得といった輝かしい記録と、鮮やかな記憶をファンに残した高橋選手に、集まった人々は「大ちゃん、本当にお疲れさま」と声を掛けた。

 「この街に生まれていなければ、フィギュアスケートに出合ってなかったと思うし、違う場所で始めたとしても早くにやめていたかもしれない」。高橋選手は、地元の財団から表彰されるのを機に、岡山で引退表明をしたことについて「自分の育った場所で、自分の口からお伝えしたいと思った」と語った。「これで『引退です』という演技をファンの皆さんに見せられず、申し訳ない。(今年3月の)世界選手権の時に(表明を)しておけば、という後悔もある」と打ち明けた。それでも高橋選手は終始、穏やかな笑顔で「一つ区切りを付け、すっきりとした気持ちで前に進みたい。まだ明確な目標はないが『この道を選びました』と堂々と見せられるように、ちゃんと自分と向き合っていきたい」と語った。

 会見中、最初にフィギュアスケートを教えた倉敷FSC監督の佐々木美行さん(57)が「サプライズが好きでしょう」と、後輩の三宅星南選手(中学1年)たちと花かごをプレゼント。小学校教諭の佐々木さんは「今までお疲れ様でした。今日は引退というより、大輔君の『社会人の入学式』だから」と、自身が入学式に着る服で会見に臨み、「新たな門出を祝いたい」と笑顔でねぎらった。

 ◇「郷土の誇り、胸張って」 中学担任・山根さん

 高橋選手が倉敷市立連島中3年の時に学級担任だった同市立東中の山根敬仁教頭(55)は「(中学時代から)1年の半分以上を海外などに遠征していた。郷土の誇りなので、胸を張って生きてほしい。夢を与えた大輔を教え子として持てて幸せだ」と話した。連島中1、2年の学級担任だった同市立連島南中の竹岡典子教諭(52)は「穏やかなおとなしい子で、『大ちゃん』と呼ばれ、慕われていた。(サッカー日本代表になった同級生の)青山(敏弘)君が中2の時、日々の気持ちをつづる『生活ノート』に『僕も大ちゃんのように全国で活躍できる選手になりたい』と書いていたことが印象に残っている。2人とも全国に羽ばたいて、先生としてうれしい」と話した。

 その同級生、青山敏弘選手(28)=サンフレッチェ広島=は「今年は厳しい状況でソチ五輪に出場したが、それは誰にでもできることではない。僕はずっと彼を目指していたし、刺激を受けてきた」とコメントを出した。

 伊原木隆太知事は「日本男子初となる五輪銅メダル、世界選手権金メダルなど県民はもとより国民に大きな感動と勇気を与えてくれた」。伊東香織・倉敷市長は「市民に多くの元気と感動、勇気を与えていただきました。新たなステージでの活躍を願っております」とコメントを出した。

 また、14日夜には、ヘルスピア倉敷(倉敷市連島町西之浦)で「高橋大輔選手『オリンピック入賞を祝う会』」があり、地元町内会や学校関係者ら約500人が参加した。




フィギュア高橋選手引退 岡山知事「活躍に深い敬意」

岡山市で14日、現役引退を表明したフィギュアスケート男子の五輪メダリスト、高橋大輔選手(28)=関大大学院。県内でもフィギュアスケート日本男子をエースとして牽引(けんいん)した功績をたたえ、ねぎらう声があがった。

 「長きにわたった競技生活、大変ご苦労様でした。これまでのご活躍に深く敬意を表します」。伊原木隆太知事は、右膝前十字靱帯断裂の大けがを乗り越え、2010年にバンクーバー冬季五輪で銅メダル、世界選手権王者に輝いた高橋選手の功績をたたえた。そのうえで「ご功績を本県の財産とし、高橋選手に続く世界レベルの選手が輩出できるよう育成と強化に努めてまいりたい」とした。

 出身地・倉敷市の伊東香織市長は「突然の発表に大変驚いております。これまでご活躍を通じて、市民に多くの元気と感動、そして勇気を与えていただきましたことに大変感謝いたしております」とコメント。「次の新たなるステージでご活躍されることを願っております」とした。

 引退を公表した同日夜、高橋選手が初めてスケートを習ったリンクのある「ヘルスピア倉敷」では、関係者約600人を集めて慰労会を開催。実行メンバーの一人で、地元での応援イベントを企画してきた同市内の主婦グループ代表、牧野陽子さん(59)は「『ついにその日がきた』が率直な心境。約20年間、私たちにも夢を与えてくれた。私たちとしては今後も大ちゃんを応援していきますよ」と話した。
/////

posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 高橋引退「1、2年かけて次の目標探す」 (故郷・岡山) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。