2014年11月09日

岡山県内でRSウイルス流行兆し/教育県・岡山の復活テーマに議論

岡山県内でRSウイルス流行兆し/教育県・岡山の復活テーマに議論

岡山県内でRSウイルス流行兆し
//////
RS virus epidemic signs in Okayama Prefecture


Cause the infants of bronchitis and pneumonia "RS virus infection" is, is showing signs of epidemic in Okayama Prefecture. The second most common patient occurs in the year of the past 10 years in October. Experts are calling for a thorough prevention such as hand washing and gargling.
RS virus has a strong infection force prevalent in winter, and expanded through sneezing Sekiya. Cold to it resembles, most but requires only a runny nose or mild symptoms such as cough, infants with a 1-year-old less than or heart disease, the elderly that care must be taken for easy to severe.
According to the county Health Promotion Section, this year began increasing in the country after entering in previous years with the same in September, and is especially noticeable in western Japan. October 6 to 12 in the prefecture, the prefecture designated 54 medical institutions in 1 patient number 1 - 0 personality per facility, in the year of the past 10 years were many subsequent to 2012 (person 1, 17). Peak through January every year from December.
RS virus is low awareness than such as influenza, "the case of infants, can not be neglected, such as falling into difficulty breathing," said Goto, Shin-ichiro Deputy Director of Okayama Red Cross Hospital of Pediatrics. Since the case of mild and not the virus inspection, that the actual number of patients is greater than the county data.
Point to distinguish the cold breath sounds of "wheezing". If symptoms than heavy cold fever and cough is prolonged such as that it is better to suspected infection. Goto deputy director "bring parents in the home, not a few cases to transfer to children. Thorough prevention, including the mask worn" talking with.
//////
岡山県内でRSウイルス流行兆し


乳幼児の気管支炎や肺炎を引き起こす「RSウイルス感染症」が、岡山県内で流行の兆しをみせている。10月には過去10年間の同期比で2番目に多い患者が発生。専門家は手洗いやうがいなど予防の徹底を呼び掛けている。
 冬場に流行するRSウイルスは感染力が強く、せきやくしゃみを通じて拡大。風邪に似ており、大半は鼻水やせきなど軽い症状で済むが、1歳未満や心疾患のある乳幼児、高齢者は重症化しやすいため注意が必要という。
 県健康推進課によると、今年は例年と同じく9月に入って全国で増え始め、とりわけ西日本で目立っている。県内では10月6~12日、県指定54医療機関の1施設当たりの患者数が1・0人となり、過去10年間の同期比では2012年(1・17人)に次いで多かった。ピークは例年12月から1月にかけて。
 RSウイルスはインフルエンザなどより認知度は低いが、「乳幼児の場合、呼吸困難に陥るなど軽視できない」と岡山赤十字病院小児科の後藤振一郎副部長。軽症の場合はウイルス検査をしないため、実際の患者数は県データより多いという。
 風邪と見分けるポイントは「ぜーぜー」という呼吸音。熱やせきが長引くなど風邪より症状が重い場合は感染を疑った方がよいという。後藤副部長は「親が家庭に持ち込み、子どもにうつすケースも少なくない。マスク着用を含め予防の徹底を」と話している。
//////
教育県・岡山の復活テーマに議論
岡山 教育 - Google News
Powered by RSSリスティング


/////
Discussion on education Prefecture and Okayama resurrection theme

In response to rank downturn in the national achievement test that the Ministry of Education has been conducted every year, "the revival of" education Prefecture and Okayama, "" public symposium to think about the training of the high way and leadership of class teachers (Okayama Univ. Graduate School of Education Graduate School sponsored) is the 8th, was held at the university of Tsushimanaka Okayama city north district.
In this year's national achievement test, elementary school six years the previous year and the same position 38, junior high school three years 10th place down to # 42. The average percentage of correct answers below the national average in all subjects, academic development has become a major challenge.
In this situation, as the East Ichiro Professor keynote proposed Kurosaki of Okayama University teaching graduate school, and to foster a high "leadership talent, teaching graduate and local education committee of staff et al validates the challenges point to visit the class , take advantage of the next class? be repeated a commitment he said important it is. "
Then, to report the practice example of class development that teachers from five of the prefecture of elementary, middle and high school aims to improve academic achievement. "By leveraging the tablet terminal that can be recorded in the image such as science of the course of the experiment, effective review" that "incorporates a lively discussion of the children, and have enhanced the ability to think," he announced with such.
Prefecture of teachers from about 130 people attended. There was also talk of Italian wood Ryuta governor complained of a enthusiasm for education reform.
/////
教育県・岡山の復活テーマに議論

文部科学省が毎年実施している全国学力テストでの順位低迷を受け、授業のあり方や指導力の高い教員の養成について考える公開シンポジウム「『教育県・おかやま』の復活」(岡山大大学院教育学研究科主催)が8日、岡山市北区津島中の同大で開かれた。
 本年度の全国学力テストでは、小学6年が前年度と同じ38位、中学3年が10位下がって42位。平均正答率は全科目で全国平均を下回り、学力向上が大きな課題となっている。
 こうした状況に、岡山大教職大学院の黒崎東洋郎教授が基調提案として、「指導力の高い人材を育てるには、教職大学院や地元教育委員会のスタッフらが授業を見学して課題点を検証し、次の授業に生かす?という取り組みを繰り返すことが大切だ」と述べた。
 続いて、県内の小中高校の教諭ら5人が学力向上を目指す授業づくりの実践例を報告。「子どもたちの活発な討議を取り入れ、思考力を高めている」「理科の実験過程などを画像で記録できるタブレット端末を活用すれば、復習に効果的」などと発表した。
 県内の教諭ら約130人が聴講。教育改革への意気込みを訴えた伊原木隆太知事の講演もあった。
タブレッツト 授業 - Google News
Powered by RSSリスティング


ICT教育 - Google News
Powered by RSSリスティング



/////
渡辺和子さん 寄り添う大切さ訴え

岡山いのちの電話協会の開局30周年記念講演会が8日、岡山市内であり、設立に関わったノートルダム清心学園の渡辺和子理事長が、約600人を前に寄り添うことの大切さを訴えた。
 渡辺理事長は、30代半ばでノートルダム清心女子大学長に就任し、人間関係の悩みや忙しさでうつ病になった経験を告白。「1人で苦しんでいた時、年配のシスターが親身に話を聞いてくれた。それだけで気持ちの整理がつき、前に進めた」と強調した。
 その上で、いじめなどの悩みを誰にも相談できず、命を絶つ若者が増えている現状に触れ、「寄り添ってくれる人がいれば、みんな生まれ変われる。末永く活動を続け、悩める人を救ってほしい」とエールを送った。

/////
スマホ、夜9時以降はダメ 岡山県が小中学生対象にルール化を検討

岡山県教育委員会が、県内小中学生の児童・生徒がスマートフォン(スマホ)や携帯電話を利用する時間を午後9時までに制限するなどのルールを盛り込んだガイドラインの作成について協議していることが、10月23日、わかった。岡山県の担当者はハフポスト日本版の取材に対し、ルール化について「子供たちからみてもメリットになる」と話した。

担当者によると、現在協議されているのは、「午後9時以降はスマホ利用を制限し、保護者が預かる」、「ゲームも午後9時までに制限する」、「スマホとのつきあい方を考える場を学校が用意する」などの取り組みだ。これらを盛り込んだガイドラインを県が示し、実際の細かいルールはについては市町村の教育委員会や学校が定めることを考えているという。

ガイドライン作成の背景には、学力低下への懸念がある。2014年度全国学力・学習状況調査を県教委が分析したところ、スマホ等の所持率は小中学校ともに全国と比べてやや低いが、スマホを1日2時間以上使うと回答した中3生徒の割合は38.9%で、全国平均の35.4%よりも高かった。一方、家で学校の授業を復習しているとする生徒は39.8%で全国平均の50.4%よりも低く、家庭での学習時間に影響していると考えられるという。

これまで文部科学省では、小中学校への携帯電話持ち込みを原則禁止するよう各都道府県教育委員会に通知しているが、家庭内の使用時間制限までは踏み込んでいなかった。県の担当者はスマホ利用のルールをつくること、親だけでなく、子供にとってもメリットになると話す。

「『家庭でスマホ利用について考えましょう』とする呼びかけだけではなく、ルールも必要ではないかと考えました。保護者からも子供のスマホ利用への懸念が出ており、ルール化によって指導しやすくなるとの声があります。さらに、子供たちにもメリットになると考えます。ルールがあることを理由に、友達どうしでのやりとりを切り上げやすくなるという面もあるからです」
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 岡山県内でRSウイルス流行兆し/教育県・岡山の復活テーマに議論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。