2014年12月26日

岡山県内寺社で迎春準備着々

岡山県内寺社で迎春準備着々
/////
Geishun preparation steadily in Okayama Prefecture temples

As will be happiness Oki one year?. Each temples and shrines of Okayama Prefecture cleaning preparations and precincts of good luck before the New Year, is promoting the Geishun preparation and installation of Shimekazari.
Okayama, Kita-ku, Takamatsuinari best Inari in length about 12 meters staff was handmade of, Decoration in the main hall a large rope weighs about 1 · 5 tons. Sweeping of precincts to greet the prefecture most of Hatsumode customers also go to elaborate. Kibitsu Shrine of the same Kibitsu also I proceed with the preparation of awarding offices and bill of temporary to pass such charm.
In the same Ishizeki the town of Okayama shrine Hisayama Shintaro rights leek (Gonnegi), Miko-tachi mounting the Emma to Hamaya, I went a final check of the presence or absence of scratches and dirt. Hisayama rights leek have said, "such as natural disasters was the hope to become a little gentle one year".
/////
岡山県内寺社で迎春準備着々

幸多き1年となりますように?。岡山県内の各寺社は新年を前に縁起物の準備や境内の清掃、しめ飾りの設置など迎春準備を進めている。
 岡山市北区高松稲荷の最上稲荷では職員が手作りした長さ約12メートル、重さ約1・5トンの大しめ縄を本殿に飾り付け。県内最多の初詣客を迎えるため境内の掃き掃除も入念に行っている。同吉備津の吉備津神社もお守りなどを渡す仮設の授与所やお札の準備を進める。
 同石関町の岡山神社では久山信太郎権禰宜(ごんねぎ)、みこたちが破魔矢に絵馬を取り付け、傷や汚れの有無の最終チェックを行った。久山権禰宜は「自然災害などが少ない穏やかな1年となるよう願いを込めました」と話している。
////
【関連する記事】
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。