2014年12月26日

吉備線LRT化 160億円超必要 岡山

吉備線LRT化 160億円超必要  岡山

将来、「岡山の市電」と「吉備線LRT化」で、電車が相互乗り入れできれば、「回遊性」や「コンパクトシティ」につながるのでは?
「イオンモール岡山」からの「回遊性」や「コンパクトシティ」を夢見て・・・。
/////
Kibi Line LRT of 16 billion yen super necessary

Okayama consider the JR Kibi Line of LRT (next-generation tram) of, Soja and JR West 25th, announced a second round draft plan. With the aim of one hour per 4-6 pieces of operating frequency, if you have advanced such as vehicle purchases and line maintenance, and required at least about 16 billion yen as an initial investment of up to practice. Management entities such as business scheme (framework) was kept to exemplary 6 pattern.
According to the same draft, with the aim of operating frequency with which users can use without worrying about the time table, set the interval to 10-15 minutes. During morning and evening peak is six per hour, non-peak also to ensure the four, the current of 2-3 this peak, during non-peak 1 to increase from two to more than double.
Installation of overhead lines is the realization, the purchase of low-floor vehicle, home of new, need and expansion of crossing equipment, it was estimated the initial investment. However, it has not been taken into account as a need for further discussion about the expansion of the station.
Improved convenience in LRT of, per day about 10 500 people (2012, JR West survey) if we increase Kibi Line users of, service number or a stepwise adding a further increase or the station also I incorporate thought to promote the hard maintenance.
6 pattern business scheme of the two cities and the country to help in such subsidies private operators to develop and operate "private business method" ▽ line administrative infrastructure, such as private operators responsible for the operation "up and down the separation method" ▽ solicit business person "PFI method"? like. Private business method "efficiency, safety is likely to be secure," "If the company withdrew in balance worsening, the city can not handle" the benefits of each pattern as that, has also described disadvantages. Public-private project cost burden of each pattern is not shown.
Plan draft is, including the pros and cons of the project implementation, to the basis for discussion of the LRT of, cities and JR West is formulated. The first edition, which summarizes the current situation and challenges of Kibi Line wayside in October, "LRT of the best" was as a method for achieving the enhancements of trains. 2nd is the 25th, was revealed in Review Conference opened in Okayama city (Chair Abe Hiroshi Okayama Vice President).
Future cities and JR West, go into the creation of the basic plan, to advance concrete image creation of LRT of such as the number of stations, the scheme of narrowing. Kibi Line 20 - 4 km connecting the Okayama? Soja.
/////
吉備線LRT化 160億円超必要

JR吉備線のLRT(次世代型路面電車)化を検討する岡山、総社市とJR西日本は25日、計画素案第2弾を公表した。1時間当たり4~6本の運行頻度を目指し、車両購入や線路の整備などを進めた場合、開業までの初期投資として少なくとも160億円程度が必要とした。運営主体など事業のスキーム(枠組み)は6パターンの例示にとどめた。
 同素案によると、利用者が時刻表を気にせずに利用できる運行頻度を目指し、間隔を10~15分に設定。朝夕のピーク時は1時間当たり6本、非ピーク時も4本を確保し、現行のピーク時2~3本、非ピーク時1~2本から倍以上に増やす。
 実現には架線の設置、低床車両の購入、ホームの新設、行き違い設備の増設などが必要とし、初期投資額を試算した。ただ、駅の増設についてはさらなる議論が必要として加味していない。
 LRT化で利便性が向上し、1日当たり約1万500人(2012年、JR西日本調べ)の吉備線利用者が増えていけば、運行本数をさらに増やしたり駅を増設したりと段階的にハード整備を進める考えも盛り込んだ。
 6パターンの事業スキームは、民間事業者が整備・運営して両市と国が補助金などで支援する「民間事業方式」▽線路などインフラを行政、運行を民間事業者が担う「上下分離方式」▽事業者を募る「PFI方式」?など。民間事業方式は「効率性、安全性が確保されやすい」「収支悪化で事業者が撤退した場合、市が対応できない」というように各パターンのメリット、デメリットも説明している。パターンごとの官民の事業費負担は示していない。
 計画素案は事業実施の是非を含め、LRT化の議論のたたき台とするため、両市とJR西日本が策定。10月に吉備線沿線の現状と課題をまとめた第1弾は、同線の機能強化を図る手法として「LRT化が最適」とした。第2弾は25日、岡山市内で開いた検討会議(座長・阿部宏史岡山大副学長)で明らかにした。
 両市とJR西日本は今後、基本計画案の作成に入り、駅数などLRT化の具体像づくり、スキームの絞り込みを進めていく。吉備線は岡山?総社間を結ぶ20・4キロ。
/////
<JR吉備線>LRT「初期投資160億円」 検討会議でJRと2市、計画たたき台示す /岡山

JR吉備線の次世代型路面電車(LRT)化について有識者らの意見を聞く「第2回基本計画検討会議」(事務局・岡山市、総社市)が25日、北区であった。両市とJR西日本は「誰もが移動しやすい公共交通網の形成」を目指すとして、運行本数は10~15分間隔▽新駅設置などアクセス機能を強化▽バスや自転車に乗り換えやすく--などを盛り込んだたたき台を示した。初期投資160億円、概算総事業費は30年間で270億~450億円と試算した。

 今後は民営、第三セクターといった運営形態について議論を進め、3者は来年度、基本計画素案をまとめる予定。

 経済界や観光関係者、沿線市民ら委員約20人が議論した。委員からは「自転車を積めるようにするなど、多様なニーズに応えれば利用者が増える」「デザインも工夫すべきだ」といった意見が出た。

 JR吉備線は岡山-総社間の約20キロ。LRT化すると、車両の床が低いため乗降時の段差をなくせるほか、環境への負荷が小さいなどの利点がある。
/////
【関連する記事】
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:08| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。