2015年01月05日

イオン、経営刷新で事業会社中心の新たな体制を発表

イオン、経営刷新で事業会社中心の新たな体制を発表
////
Ion, announced a new system of business company center in management reform

Ion is the 5th, in order to strengthen the autonomy and autonomous management of group companies, the function of the holding company ion, in order to significantly transferred to human resources to business company, and halved the executive officer the number of employees, core operating subsidiaries 3 company top of my announced that change on February 1. Top to change the ion retail, Daiei, is a three companies of ion Mall.

This each operating company by the aim to realize a "customer first", "community management", "hands-on approach", region, store in places emphasis on management resources, including human resources towards the 2020, for further growth I aim to achieve.

In the background of this management reform, there is a promotion of group common strategies listed in the corresponding ion Group's medium-term management plan to the business environment changes (2014-2016 fiscal year). Past, the company since August 2008, the group each business and companies to grow and to number one in the industry and community, and those of business and enterprise into a corporate group that exhibits high overall force that binds organic the aim is evolving, has been promoted to group structural reforms that pillars such as "specialization of business" and "1 business category one brand", "community".

As a result, GMS business, SM business, in the developer business, and establish the scale of the overwhelming number one in the country. In addition, comprehensive financial business and drag Pharmacy business also structural reform is successful such as growth, consolidated operating revenues 8 trillion yen were leap into a corporate group that enters the field of view.

However, changes in the business environment surrounding the company significantly, it must respond quickly to environmental changes, also common strategy "Asia shift" set forth in the Group's medium-term management plan of "urban shift", "senior shift", "digital shift" 4 order to further promote the shift, is that it is necessary to the evolution of the management structure, which has led to advance the transformation to a new group management structure of the company center of this time.
////
イオン、経営刷新で事業会社中心の新たな体制を発表

イオンは5日、グループ事業会社の自主・自律的な経営を強化するため、持ち株会社イオンの機能、人材を事業会社に大幅に移管するため、執行役と従業員数を半減し、中核事業子会社3社のトップが2月1日に交代することを発表した。トップが交代するのは、イオンリテール、ダイエー、イオンモールの3社である。

 これにより各事業会社は「お客さま第一」「地域密着経営」「現場主義」の実現をめざし、地域、店舗に人材をはじめとする経営資源を重点配置し2020年に向けて、さらなる成長の実現を図る。

 この経営刷新の背景には、経営環境変化への対応とイオングループ中期経営計画(2014~2016年度)で掲げるグループ共通戦略の推進がある。過去、同社は2008年8月以降、グループ各事業・企業が業界や地域でナンバーワンへと成長し、それらの事業・企業が有機的に結合することで高い総合力を発揮する企業グループへと進化することを目指し、「事業の専業化」「1業態ワンブランド化」「地域密着」などを柱とするグループ構造改革を推し進めてきた。

 その結果、GMS事業、SM事業、ディベロッパー事業で、国内で圧倒的ナンバーワンのスケールを確立。また、総合金融事業やドラッグ・ファーマシー事業も成長するなど構造改革が成功し、連結営業収益8兆円が視野に入る企業グループへと飛躍した。

 しかし、同社を取り巻く経営環境の変化は著しく、環境変化に迅速に対応しなければならないこと、またグループ中期経営計画で掲げる共通戦略「アジアシフト」「都市シフト」「シニアシフト」「デジタルシフト」の4シフトのいっそうの推進を図るため、経営体制の進化が必要であるとし、今回の事業会社中心の新たなグループ経営体制への変革を進めるに至った。
////
【関連する記事】
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:55| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。