2015年01月07日

難関大学目指し「合同学習合宿」岡山県内の高校

難関大学目指し「合同学習合宿」岡山県内の高校
/////
Aiming challenge university "Joint learning camp" Okayama prefecture of high school

Tokyo University and Kyoto University Okayama prefecture of high school sophomore, which aims to go to challenge schools to study in Tomarikomi "Joint learning camp" was done in Kurashiki city in the schedule of two nights and three days to the 6th.
County high school length Association and Ken Board of Education has launched a "prefecture Leader Development Support Project Executive Committee" in 2014, it was the first time out. To increase the aspirations and achievement of students by the AC beyond the framework of the school, aim to nurture human resources who are active in the global society.
From 13 prefectural school, participating students 90 people who wish to participate. College's many private Nada sales to challenge school (Kobe) and the national language from the prefecture of teachers, mathematics, in addition to receiving the English classes, how to proceed and college life of exam study from the University of Tokyo students from nine native prefecture Experience I heard Dan. Students divided into groups of 10, was also provided time to discuss such as "responsibility should bear a leader in society" to the theme.
Aim to go to Kokkoritsudai Engineering Okayama girls (17) "it is possible to work hard together with students of other schools, stimulation was obtained" he said.
Ichiro Joto High School length Ishii of execution chairman are referred to as "the development of human resources facing eyes to the world want to continue pressing issue. Business in the future so that they can Haishutsu many from the prefecture for Japan".
/////
難関大学目指し「合同学習合宿」岡山県内の高校

東京大や京都大など難関校への進学を目指す岡山県内の高校2年生が泊まり込みで勉強する「合同学習合宿」が、6日まで2泊3日の日程で倉敷市内で行われた。
 県高校長協会と県教委が「県リーダー育成支援事業実行委員会」を2014年度に立ち上げ、初めて実施した。学校の枠を超えた交流によって生徒の志と学力を高め、グローバル社会で活躍する人材を育てる狙い。
 13の県立学校から、参加を希望した生徒90人が参加。難関校への進学者が多い私立灘高(神戸市)と県内の教諭から国語、数学、英語の授業を受けたほか、県出身の東大生ら9人から受験勉強の進め方や大学生活について体験談を聞いた。生徒が10のグループに分かれ、「社会におけるリーダーが負うべき責任」などをテーマに議論する時間も設けた。
 国公立大工学部への進学を目指す岡山市の女子生徒(17)は「他校の生徒と一緒に頑張ることができ、刺激が得られた」と話した。
 実行委員長の石井一郎・城東高校長は「世界に目が向く人材の育成は日本にとって喫緊の課題。県内から多く輩出できるよう今後も事業を続けたい」としている。
/////
ICT教育ニュース
Powered by RSSリスティング

/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 難関大学目指し「合同学習合宿」岡山県内の高校 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。