2015年01月07日

イオン開業1カ月230万人来店 イオンモール岡山

イオン開業1カ月230万人来店 イオンモール岡山
ポポンデッタ(鉄道模型)000.jpg

ハレマチ ガーデン002.jpg

イオンモール岡山
Powered by RSSリスティング


/////
Ion opened a month 2.3 million people visit ion Mall Okayama

JR Okayama Station south of a large shopping center (SC) · Aeon Mall Okayama (Okayama, Kita-ku, Shimoishii) Aeon Mall, which operates (Chiba City) the 6th, a summary of the performance of the opening month of the SC. The Grand number of online users from opened last year December 5 until this month four days a total of 2.3 million people. Toward the goal of attracting year 2 million people I have a "strong turnout".
Saturday and Sunday about 10 million people, weekdays from about 5 million people online. A total of 320 000 people in New Year Sanganichi (New Year's Day 90 000 people, the 2nd 120 000 people, the 3rd 110 000 people) visited. Many of Aeon Mall of SC in 140 locations in the country Saturday and Sunday 50 000 people, referred to as the weekday 30,000 people about, the company has a "faster than expected, even subtracting the practice effect".
Of the visit's, is estimated to be more than 30% were using public transport such as JR. New Year from the situation of the parking lot (December 26 - January 4) Hiroshima, Kagawa, Tottori, I found that there is prefecture Gaikyaku from such Shimane Prefecture accounted for nearly 30%.
By age widely visit to senior high school students from around the 20s. As especially strong sector-tenant, restaurant district and the food court, of household goods Tokyu Hands, I mentioned the food department of Takashimaya Okayama "Takashimaya Food Maison". Sales is not published, ion Mall are referred to as "you are able to nearly clear goals. Or Fuyaseru the repeater in the future how challenges".
On the other hand, trends of 1 month of the city's existing commercial facilities Okayama, Okayama shop online number of people year-on-year decrease of 5% Tenmaya. Okayama Ichibangai of Okayama Takashimaya and Okayama station underground, Omote-machi district of Credo Okayama also December sales such as that it was the previous year minus.
For the future, view that in each facility "effect comes faded". Oshikawa Masahiro president of Sanyo SC development, which operates the Okayama most city is getting back is "gradually foot traffic, visitors to Okayama and early this month from late December in sales was also the day to clear the previous year. Ion practice you are talking to is increasing, as it takes in Ikere if also a chance. "
Aeon Mall Okayama
Ion mall, get the land about 46,000 square meters formerly Hayashibara of biotechnology company, established a second floor above ground 8th floor and underground. Sales floor area of 90 002 one thousand square meters and the largest in the middle Shikoku commercial facilities. My tenant 356 stores Okayama Prefecture first appearance shop 238 stores, local companies have 65 stores. In urban SC is directly connected with JR Okayama Station and underground, ion group of domestic distribution largest is positioned as a "flagship store".
/////
イオン開業1カ月230万人来店 イオンモール岡山

JR岡山駅南の大型ショッピングセンター(SC)・イオンモール岡山(岡山市北区下石井)を運営するイオンモール(千葉市)は6日、同SCの開業1カ月間の実績をまとめた。グランドオープンした昨年12月5日から今月4日までの来店者数は計230万人。年間2千万人の集客目標に向け「好調な出足」としている。
 土日は約10万人、平日は約5万人が来店。正月三が日には計32万人(元日9万人、2日12万人、3日11万人)が訪れた。国内に140カ所あるイオンモールのSCの多くは土日5万人、平日3万人程度といい、同社は「開業効果を差し引いても見込みを上回るペース」としている。
 来店者のうち、JRなど公共交通機関を利用したのは30%以上と推計。駐車場の状況から年末年始(12月26日~1月4日)は広島、香川、鳥取、島根県などからの県外客が3割弱を占めたとみられる。
 年代別では20代を中心に高校生からシニア層まで幅広く来店。特に好調な部門・テナントとして、レストラン街やフードコート、生活雑貨の東急ハンズ、岡山高島屋の食品売り場「タカシマヤフードメゾン」を挙げた。売上高は公表していないが、イオンモールは「目標をほぼクリアできている。いかにリピーターを増やせるかが今後の課題」としている。
 一方、岡山市内の既存商業施設の1カ月の動向は、天満屋岡山店の来店者数が前年比5%減。岡山高島屋や岡山駅地下の岡山一番街、表町地区のクレド岡山なども12月の売上高は前年マイナスだったという。
 今後については、各施設とも「影響は薄れてくる」との見方。岡山一番街を運営する山陽SC開発の押川正大社長は「徐々に客足が戻りつつあり、12月下旬から今月初めにかけては売り上げが前年をクリアする日もあった。イオン開業で岡山を訪れる人は増えており、取り込んでいければチャンスにもなる」と話している。
 イオンモール岡山
 イオンモールが、バイオ企業の旧・林原の所有地約4万6千平方メートルを取得し、地上8階・地下2階を整備。売り場面積は9万2千平方メートルと中四国の商業施設では最大規模。テナント356店のうち岡山県初出店が238店、県内企業が65店。JR岡山駅と地下で直結する都市型SCで、国内流通最大手のイオングループが「旗艦店」と位置づける。
/////
イオンモール 開業1か月で230万人来店 「イオンモール岡山」

イオンモール(千葉市)は6日、運営する大型商業施設「イオンモール岡山」(岡山市北区)の開業1か月間(12月5日~1月4日)の入店者数を約230万人と発表した。同社広報部は「約2000万人の年間目標に向けて好調な出足」としている。


 同社によると、1日あたりの来店が最も多かったのは、12月7日と1月2日で各約12万人。平日の平均は約5万人、土日は約10万人で、正月三が日の初売りは約32万人が来店したという。懸念していた大きな交通渋滞は発生せず、同社広報部は「予想を上回る30%以上が公共交通機関での来店。周辺駅では臨時駐車場が開設され、公共交通機関利用者への買い物券の贈呈が効果的だった」とみている。

/////
イオン、小売り立て直しへ経営体制見直し

イオンは5日、小売り事業の立て直しのため、グループの経営体制を見直すと発表した。


 持ち株会社イオンの執行役と従業員の数を2015年度をめどに半減し、事業子会社に人材と機能を移す。これに伴い、主要子会社3社の社長が2月1日付で交代する。

 主力の総合スーパー事業を手がける完全子会社のイオンリテール社長には、東証1部上場のイオンモールの岡崎双一社長(56)が転じ、梅本和典社長(63)は代表権のない会長となる。1月1日付で完全子会社化したダイエーは、イオン出身の近沢靖英専務(59)が昇格し、村井正平社長(64)は代表権のない会長となる。イオンモール社長には吉田昭夫常務(54)が昇格する。

 イオンは執行役20人と従業員約500人を半分に減らし、イオンリテールやダイエーなどへ異動させて、グループ全体の人員配置を見直す。

 イオンは14年8月中間連結決算で、税引き後利益が前年同期から9割減となり、総合スーパー事業は赤字だった。
/////
【関連する記事】
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。