2015年01月11日

中高一貫入学者選抜に1755人 岡山県/私立中学入試に英語、首都圏で30校以上に「グローバル入試」

中高一貫入学者選抜に1755人 岡山県

私立中学入試に英語、首都圏で30校以上に「グローバル入試」

起業家教育:小中学校で 政府、来年度から全国拡大「グローバル入試?」


中高一貫入学者選抜に1755人 岡山県

/////
1755 people Okayama Prefecture in middle and high consistency admission

Okayama Prefecture Tatsunaka high consistency School of fiscal 2015 admissions is the 10th, in Tsuyama to opened this spring and (Tsuyama Tsubakikoge), (Kitanagasehon cho, Okayama, Kita-ku), etc. education school Daianjinaka, Misao Yamanaka (city Naka-ku, Yokohama ) is carried out in four schools in Amagi (Kurashiki Fujitochoamaki), but 1755 elementary school students are challenged to capacity recruitment of people a total of 480.
To 297 people in in Tsuyama (80 people capacity) is subject to inspections, competition ratio was 3 · 71 times. The children are set to gymnasium visited by being accompanied by a guardian from early morning. After hearing a description of the notes, to enter the classroom with a strained look, has received two types of aptitude test asking such as thinking and expressive power.
Daian-ji (160 people capacity) competitive rate of 3 · 76-fold in 601 people (previous year 4 · 71-fold), Misao-san (120 people capacity) is the same 4-20 times in 504 people (previous year 4, 18 times), Amagi (120 people capacity) How was 2 · 94-fold in 353 people (previous year 3 · 49-fold). The results I be notified before the 23rd all four schools.
Okayama private entrance examination in the prefecture has begun Okayama Curator Museum Kiyohide during last December 6 a (Okayama Higashi-ku Saidaijikami) Starting.
/////
中高一貫入学者選抜に1755人 岡山県

岡山県立中高一貫校の2015年度入学者選抜が10日、今春開校する津山中(津山市椿高下)と、大安寺中等教育学校(岡山市北区北長瀬本町)、操山中(同市中区浜)、天城中(倉敷市藤戸町天城)の4校で行われ、計480人の募集定員に小学生1755人が挑んだ。
 津山中(定員80人)では297人が受検し、競争率は3・71倍となった。早朝から保護者に付き添われて訪れた児童たちは体育館に集合。注意事項の説明を聞いた後、緊張した面持ちで教室に入り、思考力や表現力などを問う2種類の適性検査を受けた。
 大安寺(定員160人)は601人で競争率3・76倍(前年度4・71倍)、操山(定員120人)は504人で同4・20倍(前年度4・18倍)、天城(定員120人)は353人で同2・94倍(前年度3・49倍)だった。結果は4校とも23日までに通知する。
 岡山県内の私立中入試は昨年12月6日の岡山学芸館清秀中(岡山市東区西大寺上)を皮切りに始まっている。
/////
ICT教育ニュース
Powered by RSSリスティング

/////

起業家教育:小中学校で 政府、来年度から全国拡大

ICTで変わる教育 育て!未来のグーグルやMS プログラミング教育で人材育成

数学 算数メモ 『21世紀の資本』 データのグラフ化
/////
私立中学入試に英語、首都圏で30校以上に「グローバル入試」
////
English to private junior high school entrance examination, to more than 30 schools in the metropolitan area and "Global entrance exam"

Incorporate English in admissions are increasing private junior high school. According to the executing agency of If we to introduce English in 2015 entrance examination, only the Tokyo metropolitan area, even excluding the return raw limited so that up to at least 32 schools. English learning in earnest in elementary school, has accelerated the introduction in anticipation that further progress in the future.

Junior high school entrance examination featured
Last year in December, with the junior high school (men's, women's) Secondary School was Toingakuen of Yokohama (men) in the briefing of, the English description about 800 people protection we have for the first time entrance examination subjects was listened. Teachers is to explain such that English composition of problems out, concluded this. "From now on important that we put the power to master the English with a force that works in college entrance examination." English only in the afternoon entrance examination of February 2 was introduced as elective, Eiken tertiary level (about current junior high school graduation) of vocabulary (Goi) and reading comprehension is required descriptive also called to question.

"Child of you want to meet the needs that are hard the English out of the elementary school," said Toru Yamaki academic affairs director of Toingakuen says. Briefing to came Fujisawa, Kanagawa Prefecture of 40s of company employee men of the family about four years until last March, was living in the United States. Although it is under consideration to take the examination of the eldest son of the small 6, men as "general admissions spread a chance When English can choose in" rejoice.

There in the background it's full of English learning in elementary school. 5,6 year in fiscal 11 English became compulsory. Education, Culture, Sports, Science and the Ministry of December 13, and early in the third grade classes, from the fifth grade published a reform plan for the subject. With the aim to improve the English ability, we aim to step-by-step implementation from 2006.

Tokyo city large comes in (Setagaya-ku, Tokyo) to start a new English, math, "Global entrance examination" by 3 subjects of writing (Japanese). The level of problem in the second grade about from the British Kenjun second grade, writing only. Masato Ono principal of "or was eager to English education, parents from home or was English-speaking native query began to come," said feels the growing interest.
////
私立中学入試に英語、首都圏で30校以上に「グローバル入試」

英語を入試に取り入れる私立中学が増えている。模試の実施機関によると、2015年入試で英語を導入するのは、帰国生限定を除いても首都圏だけで少なくとも32校にのぼるという。小学校で英語学習が本格化し、今後さらに進むことを見越して導入が加速している。

中学入試特集
 昨年12月、横浜市の桐蔭学園であった中等教育学校(男子)と中学校(男子部、女子部)の入試説明会では、保護者ら約800人が初めて入試科目となる英語の説明に聴き入った。担当教員は、英作文の問題も出ることなどを説明し、こう締めくくった。「これからは大学入試に通用する力とともに英語を使いこなす力をつけていくことが重要」。英語は2月2日の午後入試にだけ選択科目として導入し、英検3級レベル(現在の中学卒業程度)の語彙(ごい)や読解力が必要で記述式も出題するという。

 「小学生のうちから英語を頑張っているお子さんのニーズに応えたい」と桐蔭学園の山木亨教務部長は言う。説明会に来た神奈川県藤沢市の40代の会社員男性の一家は昨年3月まで約4年間、米国で暮らした。小6の長男の受験を検討中だが、「一般入試でも英語が選べるとチャンスが広がる」と男性は喜ぶ。

 背景にあるのは小学校での英語学習の本格化だ。11年度に5、6年生は英語が必修になった。文部科学省は13年12月、授業を3年生からに早め、5年生からは教科とする改革計画を公表した。英会話能力の向上をねらい、18年度からの段階的実施を目指す。

 東京都市大付属中(東京都世田谷区)は新たに英語、算数、作文(日本語)の3科目による「グローバル入試」を始める。問題のレベルは英検準2級から2級程度で、筆記のみ。小野正人校長は「英語教育に熱心だったり、親が英語圏出身だったりする家庭から問い合わせがくるようになった」と関心の高まりを感じているという。
////
起業家教育:小中学校で 政府、来年度から全国拡大「グローバル入試?」
////
Entrepreneur education: national expansion government, from the next fiscal year in elementary and junior high school

Government from next year, begin efforts to encourage the introduction of "entrepreneur education" which was intended for elementary and junior high school students in schools across the country. In the Ministry of Economy, Trade and Industry next fiscal year budget budget request of, request a \ 500 million in expanding nominal entrepreneur education. Were grown rich human resources to challenge spirit and originality, with the aim of soil that nurtures venture to leap to the companies that represent the world such as Apple and Google.

◇ product planning and sales

Entrepreneur education, you can experience to establish the "Corporation" of simulated using such a comprehensive learning time, with or heard by calling entrepreneurs from outside, the children "entrepreneurial spirit" cultivate thing. Already in some of the elementary and junior high school has implemented, in the elementary school in Suginami-ku, Tokyo, children create a "company", planning and development of original products such as towel. Collected funds by issuing shares, actually sell you ordered the goods, you have activities such as donate the profits to the school.

◇ cooperation with shopping town

However, penetration into the education of the country can not be said to be sufficient, the government from next year, specify the model schools, promote the dissemination and promotion of entrepreneurship education, such as by distributing a brochure that shows the case in elementary and junior high schools. Cooperation with economic organizations and shopping district of the region also it's aggressively boost to policy.

In the background the government to promote entrepreneurship education, entrepreneurship is in the background is something weak in Japan. Entrepreneurship is active in the United States Apple and Google, experienced venture is rapid growth, such as Facebook, you are leading the economy. On the other hand, entrepreneurs who wish in Japan, consists of 1.6 million people stand in 1997, such as in 2012 reduced to 800,000 units, it is a major issue is less challenger to entrepreneurship. METI "I thought their own, such as the ability to proactively judgment, can feed the power to live" are educational effect of (person in charge) and also expected.
////
起業家教育:小中学校で 政府、来年度から全国拡大

政府は来年度から、小中学生を対象にした「起業家教育」の導入を全国の学校に促す取り組みを始める。経済産業省が来年度予算の概算要求で、起業家教育の拡充名目で5億円を要求。チャレンジ精神や独創性に富んだ人材を育成し、アップルやグーグルのような世界を代表する企業に飛躍するベンチャーが育つ土壌づくりを目指す。

 ◇商品企画や販売

 起業家教育は、総合学習の時間などを使って模擬の「株式会社」を設立する体験をしたり、外部から起業家を呼んで話を聞いたりして、子供たちの「起業家精神」を養うもの。既に一部の小中学校では実施しており、東京都杉並区内の小学校では、子供たちが「会社」を作り、タオルなどのオリジナル商品を企画・開発。株式を発行して資金を集め、発注した商品を実際に販売し、利益を学校に寄付するなどの活動をしている。

 ◇商店街とも連携

 ただ、全国の教育現場への浸透は十分とは言えず、政府は来年度から、モデル校を指定し、事例を示すパンフレットを小中学校に配布するなど起業家教育の普及・促進を図る。地域の経済団体や商店街との連携も積極的に後押しする方針だ。

 政府が起業家教育を推進する背景には、日本での起業が低調なことが背景にある。起業が活発な米国ではアップルやグーグル、フェイスブックなどのベンチャーが急成長を遂げ、経済をけん引している。一方、日本での起業希望者は、1997年の160万人台から2012年には80万人台まで減少するなど、起業への挑戦者が少ないことが大きな課題となっている。経産省は「自ら考え、主体的に判断する能力など、生きる力を養うことができる」(担当者)との教育効果も期待している。
////
私立中学入試に英語、首都圏で30校以上に「グローバル入試」起業家教育:小中学校で 政府、来年度から全国拡大
////
難関大学目指し「合同学習合宿」岡山県内の高校
http://okayamapowers.seesaa.net/article/411935332.html

株式会社の学校、苦境…定員割れも 岡山 私立中高一貫
http://okayamapowers.seesaa.net/article/412165139.html

中高生の7割強 ネットでトラブル 14年 スマホ・携帯利用調査 岡山
http://okayamapowers.seesaa.net/article/412114827.html
////
岡山)難関大学目指して高校生90人が合宿 倉敷

東京大学や京都大学など難関大学を目指す県内の公立高校の2年生90人が4~6日、倉敷市の研修施設で2泊3日の合同合宿をした。別々の高校の生徒が交流を通じて学力を高め合うのが狙いで、県高校長協会や県教委が初めて開いた。

 生徒たちは県内外の指導力に優れた教員の授業を受けた。6日の数学の授業では、県立岡山朝日高校の石井一郎・指導教諭が、東大の過去問題を教材に解き方を指導。数列や確率の問題について「とにかく書き出してみることが大事だ」と強調していた。

 生徒はこのほか、「number one(1番)とonly one 目指すべきはどちらか」といった簡単には答えが出ない問題について議論するなどして、学力だけでなく、大学進学の目的意識も高めていた。同高の高木俊彰さん(17)は「参加者のレベルも高く、頑張っていこうと思った」と意気込んでいた。

 合宿には教員約100人も参加。学習指導の方法を学び合った。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 中高一貫入学者選抜に1755人 岡山県 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。