2015年01月14日

岡山・慈圭病院 新病棟4月稼働

岡山・慈圭病院 新病棟4月稼働
////
Okayama Jikeibyoin new ward April running

Jikeibyoin to specializing in mental illness (Okayama, Minami-ku, Urayasuhon Town), it has established a new ward that corresponds to a variety of symptoms (300 beds), to start the use from April. With the aging, in addition to increasing the sickbed of dementia treatment demand increases to about 2 times, and established a new stress care dedicated hospital room that target is a relatively mild patient symptoms. Nearly 70% we aim to improve hospital environment such as private rooms of, Shooting at early recovery of patients with generous support.
Jikeibyoin was opened in 1952, is currently 3 ward (a total of 600 beds). Instead of two buildings that these aging (a total of 330 beds), in May 2013, began the new ward construction rebar 8 Kainobe about 16,000 square meters.
New ward, place a foreign window and pharmacy on the first floor, devote 2-7 floor hospital room. Dementia correspondence of beds in the 5,6 floor total of 96 beds (currently 50 beds). Stress care dedicated hospital room is a private room on the 7th floor (25-35 m2) 8 providing a floor. 2-3 times wider than normal private room "asked to relax in the size of comparable hotels, encourage the recovery," the hospital. 2, 3 floor in a 96-bed hospital beds of acute phase, all private room. 4th floor to develop a hospital room 52 floor of complications.
Horii Shigeo director is "as well as lead to early recovery of a patient in a generous medical and comfortable hospitalization environment, you want to strive to operate, such as can boost the smooth reintegration" talking with.
In the investigation the Ministry of Health, Labour and Welfare is doing every three years, mental illness number of patients of 2011 is estimated 3.2 million people. Exceeded the number of patients, such as diabetes (2.7 million people) and cancer (1.5 million people), enhancement of measures are being sought.
////
岡山・慈圭病院 新病棟4月稼働

精神疾患を専門とする慈圭病院(岡山市南区浦安本町)は、多様な症状に対応した新病棟(300床)を整備しており、4月から利用を開始する。高齢化に伴い、需要が高まる認知症治療の病床を約2倍に増やすほか、症状が比較的軽い患者を対象にしたストレスケア専用の病室を新設。7割近くを個室化するなど入院環境の改善を図り、手厚い対応で患者の早期回復を狙う。
 慈圭病院は1952年に開院し、現在3病棟(計600床)ある。このうち老朽化した2棟(計330床)の代わりに、2013年5月、鉄筋8階延べ約1万6千平方メートルの新病棟建設を始めた。
 新病棟は、1階に外来窓口と薬局を配置し、2~7階を病室に充てる。認知症対応の病床は5、6階に計96床(現在50床)。ストレスケア専用病室は7階に個室(25~35平方メートル)8床を設ける。通常の個室より2~3倍広く「ホテル並みの広さでリラックスしてもらい、回復を促す」と同病院。2、3階は急性期の病床96床で、全て個室。4階は合併症の病室52床を整備する。
 堀井茂男院長は「手厚い医療と快適な入院環境で患者の早期回復につなげるとともに、スムーズな社会復帰を後押しできるような運営に努めたい」と話している。
 厚生労働省が3年ごとに行っている調査では、2011年の精神疾患患者数は推計320万人。糖尿病(270万人)やがん(150万人)などの患者数を上回り、対策の充実が求められている。
////
2009/2/20
藤田慈圭会理事長の山陽新聞賞祝う
精神医療へ挑戦続ける 

地域の精神医療の発展に貢献し第六十七回山陽新聞賞(社会功労)を受賞した慈圭会理事長の藤田英彦氏(80)の祝賀会が十九日、岡山市内のホテルで開かれた。

 医療関係者ら約九十人が出席。慈圭病院(同市浦安本町)院長の堀井茂男・祝賀会代表発起人が「藤田先生の偉大な功績を基に、変遷著しい精神科医療の荒波を乗り越えたい」とあいさつ。藤田氏は「精神医療のため、チャレンジに次ぐチャレンジを重ねてきた。今後も意志を貫き通したい」と謝辞を述べた。

 藤田氏は岡山医科大(現岡山大医学部)卒業後の一九五四年から同病院に勤務し、精神障害者の社会復帰などに尽力した。
////
岡山・慈圭病院
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 岡山・慈圭病院 新病棟4月稼働 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。