2015年01月23日

「日生カキオコ」のソースできた 岡山 備前市

「日生カキオコ」のソースできた 岡山 備前市
////
The source can Okayama Bizen of "Nissei Kakioko"

Finished the original source for the "Nissei Kakioko" locally grown oysters containing okonomiyaki to gather popularity as your local gourmet of Bizen Hinase district, the 22nd, sales began to the general public.
Local group Nissei Kakioko meeting of Town Planning and soy sauce manufacture and sale of Takatori soy sauce (soy sauce) (city Kagatomoto) is joint development. Kurashiki Arts and Sciences University students designed the bottle label.
Source, in addition to general material onions and tomatoes, such as apple use the oyster. The clean and was sweet, and that brings out the flavor of the oyster that has entered the okonomiyaki.
Label design of plastic bottle (600 g containing) is in charge at the request from the Association through the acquaintance graduate Wada Bundt's (24) from three people to learn the design in the university. I was representing a sea of Nissei a white background to keynote.
Kakioko provide shop in more than 15 to Hinase district, are using each source prefecture outside of manufacturers to manufacture. There are calls for variation enhancement, the meeting is July 2014, were asked to product development to Takatori soy sauce. Prior to the general public sale, 6 shop is using from the same November.
Dokai have to be "at home to people who ate the Kakioko at the store asked to taste the original source, want to expand the Kakiokofan the country."
One ¥ 600 other 6 stores in (excluding tax), sold in the prefecture super. Contact the company (0869 66 9033).
////
「日生カキオコ」のソースできた 岡山 備前市

備前市日生町地区のご当地グルメとして人気を集める地元産カキ入りお好み焼き「日生カキオコ」用のオリジナルソースが出来上がり、22日、一般向けに販売が始まった。
 地元グループ・日生カキオコまちづくりの会としょうゆ製造販売の鷹取醤油(しょうゆ)(同市香登本)が共同開発。倉敷芸術科学大の学生がボトルのラベルをデザインした。
 ソースはタマネギやトマト、リンゴといった一般的な材料に加えてカキエキスを使用。すっきりとした甘口で、お好み焼きに入っているカキの風味を引き立てるという。
 プラスチック製のボトル(600グラム入り)のラベル図柄は、同大でデザインを学ぶ大学院生和田文都さん(24)ら3人が知人を介して同会から依頼を受けて担当。白地を基調に日生の海を表現した。
 日生町地区に15以上あるカキオコ提供店は、県内外のメーカーが製造するソースをそれぞれ使っている。バリエーション充実を求める声があり、同会が2014年7月、鷹取醤油に商品開発を依頼した。一般向け販売に先立ち、6店が同11月から使っている。
 同会は「店でカキオコを食べた人に家庭でもオリジナルソースを味わってもらい、全国にカキオコファンを広げたい」としている。
 1本600円(税別)で6店のほか、県内スーパーなどで販売。問い合わせは同社(0869 66 9033)。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:05| Comment(0) | 「日生カキオコ」のソースできた 岡山 備前市 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。