2015年01月23日

街の医院に感謝 (赤ひげのいるまち) 「先生、ありがとう 感謝です。」

街の医院に感謝 (赤ひげのいるまち) 「先生、ありがとう 感謝です。」

街の医院で。主治医を持つことは、大切ですね! 子供からお年寄りまでの健康を見守ってくれる。
「先生、ありがとう 感謝です。」
/////
赤ひげのいるまち

人々の健康を守り、自然や環境の"輝き"を大事にする医師達。各地域で現代の赤ひげとして地域医療に従事しておられる医師を中心として、その活動を通して、町に住む人々、自然、習慣、その土地ごとの風光明媚な風景などを紹介します。

赤ひげのいるまち

お医者さんガイド
例 
「街の主治医を探そう」
/////
最近の医療・介護・福祉
/////
患者本位にした医療体制実現を

在宅介護総合特区の岡山市が講演、インセンティブ制度や介護予防ポイント事業なども構想
/////
患者本位にした医療体制実現を
/////
The medical system implementation that was in patient-oriented


Although soon are going to close the curtain even in 2014, there were numerous events that made a big opportunity of medicine industry this year.
The changes in the environment surrounding the pharmacist, first country, positioned as "health information center for the region," the corresponding pharmacy to home or self-medication from 2003, along with that it has launched a policy to a place of fast access, each also it's noteworthy matters of health information based Council on prefecture was established.
The introduction of a notification system of specimen measuring chamber associated with the clinical laboratory technologist Law also been implemented, amounting to many pharmacies that made the notification of specimen laboratory in the nation.
The other day, the Japan Medical Association and the Japan Pharmaceutical Association is, if you do a simple test of blood sugar measurement, etc. at the pharmacy, medical association region, with the understanding and guidance of family doctor, and be carried out in compliance with the "Guidelines for specimen measuring chamber" to still fresh in our minds was agreed in particular.
Pharmacy "health Navi station" to become for the environment is being put in place gradually. After, in this system, or not I would be a big point pharmacist how to go put the soul.
Regional Comprehensive medical fee as attending physician functional evaluation in this year's medical fee revision (once a month - 1500 points), can not be overlooked establishment of the so-called "attending physician" system. This system is intended to achieve the promotion of further home care to resemble the region in one of the hospital, working as a member of the medical team has been determined as a hospital pharmacist to pharmacist of insurance pharmacy.
Direction of the pharmacist fee is going to greatly shifted to the home from preparations unwavering. To survive is now pharmacies and pharmacists, ▽ health support services ▽ dispensing business ▽ community activities ▽ home care - Turn well four of access, it would be essential to build a solid foundation to contribute to community medicine.
For the pharmaceutical industry, as a pillar of the "Japan revival strategy", to determine the priority areas related to drug discovery and medical field as "health and medical Strategy Headquarters", centrally manage the ministries another research and development budget and budget allocation to "Japanese medical research and development mechanism" was established.
In addition, in May this year, as a medical innovation center is the centerpiece of the growth strategy of the Abe Cabinet, is a big event also the Kansai region has been specified in the national strategy zones. Along with this, in the end of September, for the first time zone plan in the medical field is certified, environmental improvement for business promotion such as innovative pharmaceuticals and medical devices are deployed.
As regulatory reform to be carried out in a special zone, in order to achieve the faster of advanced medical examination, according to the Special Provisions for insurance outside combination recuperation "special prior consultation" has also been implemented.
Health and medical field, regenerative medicine, in which is advanced deregulation on such drug development, the achievements potential of research activities of bio-medical equipment field that has been accumulated in the Kansai region to including iPS cells are alive more than enough I where it is expected.
Besides the environmental improvement related to drug discovery progresses, large product is also seen pharmaceutical companies that are coming out from one after another patent expirations the 2010 problem. Such as anti-cancer agents, no launch uncommon of new medicines to meet the unmet medical needs, and has attracted much attention from healthcare professionals and patients.
All people put yourself in medicine industry, want to make it back the years ahead to '14 said that "year that it became in the wake of the medical system making to meet the patient needs."
/////
最近の医療・介護・福祉
/////
患者本位にした医療体制実現を

間もなく2014年も幕を閉じようとしているが、今年は薬業界の大きな契機となる出来事が相次いだ。
 薬剤師を取り巻く環境の変化では、まず国が、15年度から薬局を在宅やセルフメディケーションに対応する「地域の健康情報拠点」として位置づけ、ファーストアクセスの場とする方針を打ち出したことに伴い、各都道府県に健康情報拠点協議会が設置されたのも特筆すべき事項だ。
 臨床検査技師法改正に伴う検体測定室の届出制の導入も実施され、全国で検体検査室の届け出を行った薬局も多数に上る。
 先日、日本医師会と日本薬剤師会が、薬局で血糖測定等の簡易検査を行う場合、地域医師会、かかりつけ医の理解と指導のもと、「検体測定室に関するガイドライン」を遵守して実施することに合意したのは記憶に新しい。
 薬局が「健康ナビステーション」となるための環境は徐々に整いつつある。後は、この制度の中に、薬剤師がどのように魂を入れていくかが大きなポイントになる。
 今年度の診療報酬改定で主治医機能評価として地域包括診療料(月1回・1500点)、いわゆる「主治医」制度の新設も見逃せない。同制度は、地域を一つの病院に見立ててさらなる在宅医療の推進を図るもので、保険薬局の薬剤師にも病院薬剤師のように医療チームの一員としての活躍が求められている。
 薬剤師フィーが調剤から在宅へと大きくシフトしていく方向性は揺るがない。これから薬局・薬剤師が生き残るには、▽健康支援業務▽調剤業務▽地域活動▽在宅医療――の四つのアクセスをうまく回し、地域医療に貢献する揺るぎない基盤を築くことが不可欠となるだろう。
 製薬産業に関しては、「日本再興戦略」の柱として、創薬・医療分野に関する重点分野を決定する「健康・医療戦略推進本部」と、各省別の研究開発関連予算と予算配分を一元的に管理する「日本医療研究開発機構」が創設された。
 また、今年5月、安倍内閣の成長戦略の目玉である医療イノベーション拠点として、関西圏が国家戦略特区に指定されたのも大きな出来事だ。これに伴い、9月末には、医療分野で初めて区域計画が認定され、革新的医薬品・医療機器等の事業化推進のための環境整備が展開されている。
 特区で実施する規制改革として、先進医療の審査の迅速化を図るため、保険外併用療養に関する特例に係る「特別事前相談」も実施されている。
 健康・医療分野、再生医療、医薬品開発などに関する規制緩和が進められる中、iPS細胞をはじめとする関西地域に蓄積されたバイオ・医療機器分野の研究活動のポテンシャルが十二分に生かされる成果が期待されるところだ。
 創薬に関する環境整備が進む傍ら、大型製品が次々と特許切れした2010年問題から脱しつつある製薬企業も見受けられる。抗癌剤など、アンメットメディカルニーズに応える新しい医薬品の上市も珍しくなくなり、医療従事者や患者から高い注目を浴びている。
 薬業界に身を置く全ての人は、数年先に14年を振り返って「患者ニーズに応える医療体制作りの契機になった年」と言えるようにしてほしい。
/////
2014/11/04
在宅介護総合特区の岡山市が講演、インセンティブ制度や介護予防ポイント事業なども構想

2014年10月29~31日に開催された「次世代ヘルスケア展」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)では、「AAAシティ岡山(在宅介護総合特区)の取り組みと健康寿命の延伸に向けて」と題する講演が行われた。登壇したのは、岡山市 保健福祉局 保健福祉企画総務課の松岡克朗氏である。

 岡山市は2013年2月に総合特区として国に指定され、とりわけ在宅介護に特化した規制緩和を求める11項目を提案した。背景には急速な少子高齢化の進行による介護への危機感がある。具体的には2025年時点で岡山市の後期高齢者(75歳以上)は約3万8000人増加すると推測され、医療・介護の受け皿の整備が急務になっている。

 国の方向性は「病院完結型」から「地域完結型」へと向かい、在宅介護へのニーズは高まりつつある。この傾向を鑑み、岡山市では在宅介護のマーケットを新たに創出することで地域の活性化・産業振興を目論む。

 岡山市は、政令市の中でもトップクラスの病院数、ベッド数、介護ベッド数を誇り、中国・四国地方に広がる岡山大学病院と関連病院のネットワークなど、豊富な医療・介護資源もこれら施策を後押しする。市では専門部署の「保健福祉局医療福祉戦略室」を設置するほどの力の入れようだ。

 公民館に出張しての介護講座や、1割の自己負担による介護ロボット、介護機器の安価な月額リースなどの施策は、既に運用を開始している。今後の予定としては、デイサービスの要介護度改善に伴うインセンティブ制度、換金・物品交換が可能な介護予防ポイント事業など、ユニークな取り組みを構想している。「人、モノ、カネ」が動くことで、岡山市は介護特区のリーダーとなるのか――。引き続き注目したいところだ。

/////
「街の赤ひげ先生」に静かに手をあわせたい。
祈り.jpg
/////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。