2015年01月26日

岡山駅と岡電とイオンモール岡山が「つながる」日、街は大きく変わるかもしれない

岡山駅と岡電とイオンモール岡山が「つながる」日、街は大きく変わるかもしれない
イオンモール岡山
Powered by RSSリスティング

/////
イオンモール岡山 地図

大きな地図で見る
/////

「地方創生」メモ
「地方創生」せっかち禁物 人づくりは時間必要 慶應義塾大学法学部教授 片山善博氏
/////
Okayama Station and the Oka power and ion mall Okayama "lead" the day, might be the city vary greatly

The Okayama running is the most short tram in Japan. Management company is called "Okayama Electric Tramway", it also was open to have a history of over 100 years and in 1912, operating distance is only about 4.8 km in two lines. Also was only about 5.2 km at the peak.
Nicknamed "Oka power". 1968 or by introducing a one-man operation to, or to birth to Japan's first female streetcar motorman in 1991, you can disconnect the stunned the industry by introducing a low-floor vehicles "MOMO", in the "cat Tama stationmaster" and take over the famous Wakayama DenTetsu from Nankai Electric Railway -. Famous as ambitious company the size of the assignment (see: The version up to the "Tama Train", "cat ears" popular in Wakayama Electric Railway).

In such Oka power there is also weak points.
Origin station there is a "Okayama stop field" But, distance from JR Okayama Station to approximately 180 meters. Ride for home was beyond the city hall muscle (Station intersection), located in the central part of Momotaro Boulevard. To arrive to must go through or underground shopping area across the ground crosswalk.

Transfer from the Oka power to JR Okayama Station farther, I is allowed to get off at the rear of the drop-off for the home more than 20 meters.

Although cars and trams have been fulfilled in front of the station congestion mitigation in that it is separated, a little confusing for people who came from other regions. People with weak people and large luggage of legs also will that I think "I wish I had Norere from before Okayama Station".

Very of that shorten the approximately 180 m

City that you want close to the more Okayama Station a streetcar, (1) plane fly, (2) elevated fly, (3) underground fly, has published the (4) fly not to pedestrian deck installation, 4 draft.


In review meeting of January 21, 2015 In addition, we presented three patterns in the plane, three patterns in the elevated, two patterns in the basement, a total of 12 patterns of four patterns on the deck.

The project cost is not applied most It's plane fly (1). However to which may cause congestion for traversing the city hall muscle, should not be relocated without a portion of the east exit square bus terminal by the pattern. And because the ticket gate of JR is in the 2F and B1F, transfer visitors from JR, it is necessary to climb up and down the stairs.

While thorough separation of cars and trams, it is in the basement of whether elevated If you close the outage to Okayama Station (2) (3).

(2) elevated to, but ideal in that it can be closest to the JR wicket of 2F, project cost of up to 4.61 billion yen consuming.

It's underground proposal (3), Station Square directly under the much distance because they spread underground mall will not Chijimara. Also somewhat confusing is the landing position for JR users.

Does not change the distance according to transfer the deck proposal (4). I much trouble can be reduced to at most getting on and off the stairs.
However there is an advantage. To proceed with 2014 also lead to ion Mall Okayama district, which opened on December 17, increases migration of the pedestrian.

In order to further enliven the booming Ekimae

Aeon Mall Okayama, opened away from JR Okayama Station is a 5-minute walk to the December 17, 2014. On the second floor above ground 8 basement, total floor area 250,000 square meters, it's also a huge commercial facility total leased area 92,000 square meters. Number of specialty store and food tenant also put about 400. Parking is about 2500. No doubt one of the best scale of the also in western Japan (see: toilet of "women force high too," said the topic of Okayama ion mall still amazing).

As Okayama Station of JR Okayama Station and Oka electricity are connected by underground shopping center, JR and ions are connected by underground shopping center and the underground passage. Traffic volume compared with the previous ion practice is that ballooned to 90-fold.

Aeon Mall Okayama underground passage ♪ Now pic.twitter.com/ltCrdYmnNl
- Butubutu727 (butubutu727) 2015, 1 月 13

It is possible to be in convenient transfer of JR and Oka power, even in the city center as well as ion wonder there is a feeling that I want carrying foot.

Local Chamber of Commerce and civic groups are not only east exit plaza served, has been demand for often a stretch of Oka power. But it is reality is not quite proceed before.
Oka power's local Ryobi group sequences rather than municipal. Whether there is expected to be recovered even if capital investment, it might be looking severe.

City owns the equipment, there is also a way that Oka electricity is responsible only operation. On the other hand there is also the voice of "I want to give priority to road maintenance of the annular portion" in.
If significantly up passengers realized Station Square served by, momentum of tram reinstatement is, might spread to the whole country, not only Okayama.
/////
岡山駅と岡電とイオンモール岡山が「つながる」日、街は大きく変わるかもしれない

岡山市には日本で一番短い路面電車が走っている。運営会社は「岡山電気軌道」といい、営業したのは明治45年(1912年)と100年以上の歴史を有するも、営業距離は2路線で約4.8キロしかない。ピークでも約5.2キロしかなかった。
愛称は「岡電」。1968年にワンマン運転を導入したり、1991年に日本初の女性路面電車運転士を誕生させたり、低床車「MOMO」を導入して業界の度肝を抜いたり、「猫のたま駅長」で有名な和歌山電鐵を南海電鉄から引き継いだり――。規模の割に意欲的な会社として有名だ(参照:和歌山電鉄で人気の「たま電車」 「猫耳」にバージョンアップ)。

そんな岡電にもウィークポイントがある。
起点駅は「岡山駅前停留場」だが、JR岡山駅から約180メートルの距離がある。乗車用ホームは市役所筋(駅前交差点)を超えた、桃太郎大通りの中央部に位置する。辿り着くには地上の横断歩道を渡るか地下街を通らなくてはならない。

岡電からJR岡山駅への乗り換えはさらに遠く、20メートル以上後方の降車用ホームで下車させられる。

車と路面電車が分離されていることで駅前の混雑緩和は果たされているが、他地域からやってきた人にとっては少々分かりにくい。また足腰の弱い人や大きな荷物を持った人は「岡山駅前から乗れればいいのに」と思うことだろう。

約180メートルを縮めることの大変さ

路面電車をもっと岡山駅に近づけたい市は、(1)平面乗り入れ、(2)高架乗り入れ、(3)地下乗り入れ、(4)乗り入れずに歩行者デッキ設置、の4案を公表している。


2015年1月21日の検討会ではさらに、平面で3パターン、高架で3パターン、地下で2パターン、デッキで4パターンの計12パターンを提示した。

一番事業費がかからないのは (1)の平面乗り入れだ。ただし市役所筋を横断するため渋滞を引き起こす可能性があるし、パターンによっては東口広場のバスターミナルの一部を移設しなくてはいけない。そしてJRの改札は2FとB1Fにあるので、JRからの乗り換え客は階段を上り下りする必要がある。

車と路面電車の分離を徹底しつつ、電停を岡山駅に近づけるなら(2)の高架か(3)の地下になる。

(2)の高架は、2FのJR改札口に最接近できる点で理想的だが、最大46.1億円の事業費がかかる。

(3)の地下化案だが、駅前広場直下は地下街が広がっているので大して距離は縮まらない。またJR利用者にとっては乗り場の位置がやや分かりにくい。

(4)のデッキ案では乗り換えにかかる距離は変わらない。せいぜい階段を乗り降りする苦労が軽減されるくらいだ。
ただしメリットもある。2014年12月17日に開業したイオンモール岡山方面にもつなげることになれば、歩行者の回遊性が高まる。

活気づく駅前をさらに盛り上げるためには

イオンモール岡山は、JR岡山駅から徒歩5分のところに2014年12月17日にオープンした。地下2階地上8階で、延べ床面積25万平方メートル、総賃貸面積9万2000平方メートルもある巨大商業施設だ。食品テナントも入れると専門店数は約400。駐車場は約2500台ある。西日本でも屈指のスケールなのは間違いない(参照:「女子力高すぎ」と話題の岡山イオンモールのトイレがやっぱりすごい)。

JR岡山駅と岡電の岡山駅前が地下街でつながっているように、JRとイオンも地下街と地下通路でつながっている。イオン開業前と比べて通行量は90倍に膨れ上がったという。

イオンモール岡山 地下通路♪ナウ pic.twitter.com/ltCrdYmnNl
- butubutu727 (butubutu727) 2015, 1月 13

JRと岡電の乗り換えを便利にすることで、イオンだけでなく市中心部にも足を運んでもらいたいという思いがあるのだろう。

地元商工会議所や市民グループは東口広場乗り入れだけでなく、岡電の延伸を度々市に対して要望している。しかしなかなか前に進まないのが実情だ。
岡電は市営ではなくて地元の両備グループ系列だ。設備投資しても回収できる見込みがあるか、シビアにみているのかもしれない。

市が設備を保有して、運転のみ岡電が受け持つというやり方もある。一方で「環状部の道路整備を優先してほしい」という声もある。
駅前広場乗り入れが実現して利用客が大幅アップすれば、路面電車復権の勢いが、岡山だけでなく全国に波及するかもしれない。
/////
【関連する記事】
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。