2015年01月26日

「でーれーガールズ」PR   イオンモール岡山

「でーれーガールズ」PR イオンモール岡山
優希美青さん スケッチ.jpg

足立梨花さん スケッチ.jpg

桃瀬美咲さん スケッチ7.jpg
/////
"Day Re over Girl" PR ion Mall Okayama

◇ performers have found in the preview of the North Ward

Okayama is complete showcase premiere of the stage of the movie "Day Re over Girl" is the 25th, is done in ion Mall Shimoishii Okayama, Kita-ku, Okayama, Yuki Yoshiao YukiMio's starring (15) and Rika Adachi Rika (22) et al greeting, a movie I was PR. Misaki Momose Misaki, who played the friend role of hero in the city-born (21) the same day, he was also the 1st chief of Okayama central station.

The original story writer Maha Harada-san (52), wrote on the basis of the youth spent in Okayama novel. Movie, and we have taken a full-length in Okayama, preceding published in Okayama from February 14, is published in the nation from the 21st.

In the preview, large nine many Akiko Director (46) and Yuki-san, Adachi-san, the Momose Mr. stage greeting, Adachi's a work that jammed "Okayama attractive, depicting friendship and adult friendship of school days have., if I have sympathy for people of various generations "and was PR.

About 400 people admission to the premiere. Okayama Naka-ku Kadotahon Town, N company employee Uchihara Takashio of (24) "In friendship theme, men and women I thought enjoy regardless. I know the location is out a lot, a sense of intimacy was dwarf" talking to was.

◇ Okayama born-Momose's the 1st chief

Momose san attend to crime prevention awareness event was held at JR Okayama Station East as one day chief of Okayama central station, Adachi-san was rushed to cheer as surprise guest.

With volunteers from about 100 people involved in the safety area of the Shoin and tube, was handed out to people who come and go the flyers and hand towel, bag 300 set that contains such as Notepad to call attention to traffic accidents and special fraud.

Momose Mr. "safe and secure and Day Re over good town, in order to Okayama, I want to call for security. Let's liven up the Okayama in you" and was talking cheerfully.
/////
「でーれーガールズ」PR イオンモール岡山

◇北区の試写会で出演者ら

岡山が舞台の映画「でーれーガールズ」の完成披露試写会が25日、岡山市北区下石井のイオンモール岡山で行われ、主演の優希美青ゆうきみおさん(15)と足立梨花りかさん(22)らがあいさつし、映画をPRした。同市出身で主人公の友人役を演じた桃瀬美咲みさきさん(21)は同日、岡山中央署の一日署長も務めた。

 原作は作家原田マハさん(52)が、岡山で過ごした青春時代を元に書いた小説。映画は、岡山で全編を撮影しており、2月14日から岡山で先行公開、21日から全国で公開される。

 試写会では、大九おおく明子監督(46)や優希さん、足立さん、桃瀬さんが舞台あいさつをし、足立さんは「岡山の魅力が詰まった作品で、学生時代の友情や大人の友情を描いています。いろいろな世代の人に共感してもらえれば」とPRした。

 試写会には約400人が入場。岡山市中区門田本町、会社員内原隆多さん(24)は「友情がテーマで、男女が関係なく楽しめると思った。知っている場所がたくさん出て、親近感がわいた」と話していた。

 ◇岡山出身・桃瀬さん一日署長

 桃瀬さんは岡山中央署の一日署長としてJR岡山駅東口で行われた防犯啓発イベントにも出席、足立さんがサプライズゲストとして応援に駆けつけた。

 同署員や管内の地域安全に携わるボランティアら約100人とともに、交通事故や特殊詐欺への注意を呼びかけるチラシやハンドタオル、メモ帳などが入った袋300セットを往来する人たちに配った。

 桃瀬さんは「安心安全なでーれー良い街、岡山にするため、防犯を呼びかけたい。みなさんで岡山を盛り上げていきましょう」と元気よく話していた。
/////
【関連する記事】
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。