2015年01月28日

「ドクターイエロー」車内を公開 岡山

「ドクターイエロー」車内を公開 岡山
/////
Publish car "Doctor Yellow" Okayama

JR West 27th, Tokaido and Sanyo Shinkansen a ran while line and electricity, was a car parked in the running of the test vehicle to perform the inspection of communication equipment "Doctor Yellow" for the first time published in the press. Part of the whole line opened 40 anniversary of the Sanyo Shinkansen to welcome in March.
Inspection vehicle JR West Metropolitan Tokai is owned by one organization, Tokyo - round trip once in between Hakata about 10 days. The official name is popular in "Shinkansen electric orbit comprehensive test car" But, of Doctor yellow from yellow body nickname.
7-car train that was the 700 system to base. Pantograph is in the car (current collector) In addition to state dedicated ceiling windows seen up close there are two places of, lined with monitors that display the measurement data, such as distortion of the wear condition and line of overhead lines in real time, inspector waveform I have watched constantly whether there is an abnormality in or numerical.
Tahara KyoFutoshi deputy manager of the Shinkansen management headquarters facility Division ", if I know that there is a vehicle to support behind the the safety of role. Shinkansen Doctor yellow to accumulate the data to allow maintenance before the failure occurs." I was talking to.
Doctor yellow diamond private. Even it is said to "see happy and", parents and children from that heard the information was eagerly awaiting the arrival in the stop station.
Sanyo Shinkansen is Shin-Osaka in March 1972 - between Okayama is opened. Okayama in '75 - Hakata between is opened, the whole line (sales distance about 620 km) led.
/////
「ドクターイエロー」車内を公開 岡山

JR西日本は27日、東海道・山陽新幹線を走りながら線路や電気、通信機器の点検を行う検査車両「ドクターイエロー」の走行中の車内を報道陣に初めて公開した。3月に迎える山陽新幹線の全線開業40周年記念の一環。
 検査車両はJR西日本と東海が1編成ずつ所有し、東京-博多間を約10日に1回往復。正式名称は「新幹線電気軌道総合試験車」だが、黄色い車体からドクターイエローの愛称で親しまれている。
 700系をベースにした7両編成。車内にはパンタグラフ(集電装置)の状態を間近で見られる専用の天井窓が2カ所あるほか、架線の摩耗具合や線路のゆがみといった測定データをリアルタイムに表示するモニターが並び、検査員が波形や数値に異常がないかを絶えず見守っている。
 新幹線管理本部施設課の田原興太課長代理は「故障が起こる前にメンテナンスができるようデータを蓄積するのがドクターイエローの役目。新幹線の安全を陰で支える車両があることを知ってもらえれば」と話した。
 ドクターイエローのダイヤは非公開。「見かけると幸せになれる」ともいわれ、停車駅では情報を聞きつけた親子連れらが到着を待ちわびた。
 山陽新幹線は1972年3月に新大阪-岡山間が開業。75年に岡山-博多間が開通し、全線(営業距離約620キロ)がつながった。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 「ドクターイエロー」車内を公開 岡山 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。