2015年02月03日

西大寺観音院で「会陽事始め」 岡山 /千足古墳の石室をレプリカで再現

西大寺観音院で「会陽事始め」 岡山
/////
In Saidaiji Kannon-in "Kaihi Getting started" Okayama

Saidaiji Kannon-in 21 days naked festival that takes place in the (Okayama Higashi-ku, Saidaijinaka) and toward "Saidaiji meeting yang", the beginning of a series of events "Kaihi Guidance" is the 2nd, was the same Kannon-in. Shine a tool to make Hogi (faith) that naked men compete, I engaged in the Hoe.
Tool Shine Tsugita Hisao's master carpenter (Dongling) (76), Norio's (45) father and son = same Okunogo = the implementation. To Eboshi (Veiled) in the form of Shiroshozoku and care carefully the tools of 11 points such as polish in plane arranged in reception hall (Canna) the grinding wheel (grinding stone).
Hoe is a main hall, Celebration Lord Nettsutoyota Okayama (city, Minami-ku, Izumida), officers of Nettsutoyota Kagawa (Takamatsu Kitacho), members from about 40 people Saidaiji meeting yang Hosan meeting was attended. Tsuboi was chanting the whole wide priest (71), et al., I prayed the safety of participants and the success of the Kaihi.
From the 4th midnight go get the wood of Hogi "Hogi up", is the 5th there is a "Hogi sharpener". Begins "Modify Association (Prime Minister E)" to pray for such rich harvest (Hojo) is in the 8th, Kechigan (Kechigan) to become the 21st 22:00, and the two of Hogi from your Fuku window of the main hall to drop.
Saidaiji Kaihi is that it began in 1510, it is counted as one of Japan's three large odd festival.
/////
西大寺観音院で「会陽事始め」 岡山

21日に西大寺観音院(岡山市東区西大寺中)で行われる裸祭り「西大寺会陽」に向け、一連の行事の幕開けとなる「会陽事始め」が2日、同観音院であった。裸の男たちが奪い合う宝木(しんぎ)を作る道具を磨き、法会を営んだ。
 道具磨きは棟梁(とうりょう)の次田尚生さん(76)、典生さん(45)父子=同邑久郷=が実施。烏帽子(えぼし)に白装束の姿で、客殿に並べられた鉋(かんな)を砥石(といし)で磨くなど11点の道具を丁寧に手入れした。
 法会は本堂であり、祝い主のネッツトヨタ岡山(同市南区泉田)、ネッツトヨタ香川(高松市木太町)の役員、西大寺会陽奉賛会のメンバーら約40人が参列した。坪井全広住職(71)らが読経し、会陽の成功と参加者の無事を祈った。
 4日深夜からは宝木の原木を取りに行く「宝木取り」、5日は「宝木削り」がある。8日には五穀豊穣(ほうじょう)などを祈願する「修正会(しゅしょうえ)」が始まり、結願(けちがん)となる21日午後10時、本堂の御福窓から2本の宝木を投下する。
 西大寺会陽は1510年に始まったとされ、日本三大奇祭の一つに数えられる。
/////
千足古墳の石室をレプリカで再現

国史跡・千足古墳(岡山市北区新庄下)の石室の復元レプリカが2日、同市中区網浜の市埋蔵文化財センターにお目見えした。直線と弧を複雑に絡ませた古代文様「直弧文」が刻まれた石障(石材)などを原寸大で再現しており、常設展示される。損傷が激しいため同センターで保管している本物の石障も14日までの期間限定で展示が始まった。
 千足古墳は墳長81メートルの前方後円墳。石室(長さ2・9メートル、幅1・8メートル、高さ2・5メートル)は過去の盗掘で穴が開き、雨水などで内部が劣化。立ち入りが禁止されており、記録保存と市民らへの説明のため、市教委がレプリカで復元した。
 繊維強化プラスチック(FRP)を用い、石室のほぼ半分のスペースを再現。石障の直弧文は今ほど劣化していなかった約40年前に作った模型を参考にして鮮明に描いている。壁面に積み上げられた岩の凹凸、表面の赤色顔料なども精密に表現している。
 同市北区の男性(71)は「石室の様子が精巧に作られており、雰囲気が伝わってくる」と話した。
 本物の石障は劣化を防ぐため、原則公開していないが、2013年から毎年、期間限定で展示している。
 日曜・祝日は休館。問い合わせは同センター(086 270 5066)。
/////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。