2015年02月03日

岡山で後藤さんらを追悼する会 [日本の“転機”か? 新しいグローバル化の時代か?]

岡山で後藤さんらを追悼する会

静に、手をあわせたい。
祈り 震災20年 a.jpg

新しい危機管理が各個人で必要になる時代かも?
[日本の“転機”か? 新しいグローバル化の時代か?]
/////
Meeting to mourn the Goto-san from Okayama

In response to the Middle East of the extremist "Islamic countries" and claiming organization has issued a statement that it is assumed that killed a freelance journalist Goto Kenji from 2 Japanese, 2 Japanese day and night 2 meeting to mourn, Okayama, Kita-ku, of Saiwaicho I was held in Shimoishii park.
Civil servants Hara Akiko (52) = city Naka-ku = one day, invited to participate in a face-book of exchange site, civil servants and housewives men and women 13 people were gathered. Place the bouquet to the ground of the park, was offered a silent prayer to face the Middle East direction seen two Japanese were killed.
After this, the discussion about the incident, Muslim woman in Malaysia-born (29) = city, Kita-ku, = the "Islam is or scared of religion. Believers who love peace, I'm worried or not spread is prejudice or hostile" confided. Hara was called for "in the Middle East is unending people hurt in the war and terrorism. In order to reduce even one person who suffer from what to what we can do, it is important to keep thinking."
/////
岡山で後藤さんらを追悼する会

中東の過激派「イスラム国」を名乗る組織がフリージャーナリスト後藤健二さんら2邦人を殺害したとする声明を出したのを受け、2邦人を追悼する会が2日夜、岡山市北区幸町の下石井公園で開かれた。
 公務員原明子さん(52)=同市中区=が1日、交流サイトのフェイスブックで参加を呼び掛け、公務員や主婦ら男女13人が集まった。公園のグラウンドに花束を置き、2邦人が殺害されたとみられる中東の方角を向いて黙とうをささげた。
 この後、事件について話し合い、マレーシア出身でイスラム教徒の女性(29)=同市北区=は「イスラム教は平和を愛する宗教。信者を怖がったり、敵視したりする偏見が広がらないか心配だ」と打ち明けた。原さんは「中東では戦争やテロで傷つく人が後を絶たない。苦しむ人を一人でも減らすために私たちに何ができるのか、考え続けることが大切だ」と呼び掛けた。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 岡山で後藤さんらを追悼する会 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。