2015年02月03日

岡山駅東口バス乗り場再編で4案 「イオンモール岡山」の周辺から

岡山駅東口バス乗り場再編で4案
/////
4 draft in Okayama Station East Exit bus stop restructuring

Okayama and Okayama Chamber of Commerce "Okayama urban transport strategy cooperation meeting" is the 2nd by plants, is a city, "before prefectural government" that is distributed to three locations in JR Okayama Station East Exit Bus Terminal restructuring of the hall of bus stop direction, for the pros and cons of fly of circulation bus "Tour of do", the city showed a 4 pattern.
4 patterns, two ways to aggregate in the southeast or terminal northwest you are still using for landing the same direction, Tour of do shows the two ways thinking of when the case and it is not served to drive over, is a combination of each .
City, the conference office, executives a total of 15 people from the bus company to use the terminal attendance. Executives of the bus company said, such as "diamond adjustment is difficult to use in the same landing multiple company", "company does not claim the only interests, there is a need Yuzuriau" "worry safety and served increases is".
"For convenience improvement of user, I want to propose ideas that lead to the resolution of issues" city and the conference office is determined to be, that the city is to hear an opinion from each bus company during this month, to again discuss at the next meeting was in.
/////
岡山駅東口バス乗り場再編で4案

岡山市と岡山商工会議所による「おかやま都市交通戦略連携会議」が2日、市内であり、JR岡山駅東口バスターミナルで3カ所に分散している「県庁前」バス停方面の乗り場の再編、循環バス「めぐりん」の乗り入れの是非について、市が4パターンを示した。
 4パターンは、同方面の乗り場については現在も使っているターミナル北西部か南東部に集約する2通り、めぐりんは乗り入れる場合と乗り入れない場合の2通りの考えを示しており、それぞれを組み合わせている。
 市、同会議所、ターミナルを利用するバス会社から幹部計15人が出席。バス会社の幹部は「同じ乗り場を複数の社で使うとダイヤ調整が難しい」「各社が利害ばかりを主張せず、譲り合う必要がある」「乗り入れが増えると安全面が心配」などと述べた。
 市と同会議所は「利用者の利便向上のため、課題の解決につながるアイデアを提案してほしい」と求め、市が今月中に各バス会社から意見を聞き、次回会合であらためて協議することにした。
/////
【関連する記事】
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。