2015年02月04日

岡山県内私立高1期入試始まる 教育戦国時代か?/ 小学全科目中学3科目 平均下回る 教育戦国時代か?

岡山県内私立高1期入試始まる 教育戦国時代か?
/ 小学全科目中学3科目 平均下回る 教育戦国時代か?

岡山県内私立高1期入試始まる
/////
Begin Okayama prefecture private sales of term admissions

2015 Selection Phase 1 admissions that private 21 high schools in Okayama prefecture carried out in a common schedule is three days began. Some high school performed in schedule of up to 4 days total of about 20 007 thousand people challenge in two days.
Okayamaridaifu (Okayama, Kita-ku, redirecting the Town) in the first day, the Department of Education to be established in April (40 people capacity), there was a test of three courses of the infantry 6 course (same total of 180 people). In the classroom of education department, and wait while read the reference books in students serious look up to the start of the test 9:20, started to issues such as language and mathematics. The interview in the afternoon.
Starting with with redirecting the, Kansai, with Okayama quotient large, Sanyo women, 就実, AkiraMakoto Academy, Curator Museum, Seishin girls, 9 schools of Ryukoku, introduced the two-day entrance examination that can be duplicated take the two of Department of courses in the same school is is, there are as four-day study.
Announcement is white tomb is the earliest the 4th, Kanemitsu school is the 6th, Takahashi Nissin, Mimasaka, Sakuhi, symbiosis is the 9th, other 15 schools 10 days. Selection Phase 2 admissions by 17 schools are in the 24th.
Average competition rate at application time of selection Phase 1 entrance examination is 5 · 04 times. And the second highest in the current aggregation method and it became 2005 or later.
/////
岡山県内私立高1期入試始まる

岡山県内の私立21高校が共通日程で実施する2015年度選抜1期入試が3日、始まった。一部高校は4日までの日程で行い、2日間で延べ約2万7千人が挑む。
 岡山理大付(岡山市北区理大町)では初日、4月に新設する教育学科(定員40人)と、普通科6コースのうち3コース(同計180人)の試験があった。教育学科の教室では、午前9時20分の試験開始まで生徒は真剣な表情で参考書に目を通しながら待ち、国語や数学などの問題に臨んだ。午後からは面接。
 理大付をはじめ、関西、岡山商大付、山陽女子、就実、明誠学院、学芸館、清心女子、龍谷の9校は、同一校で二つの学科・コースを重複受験できる2日間入試を導入しており、4日も試験がある。
 合格発表は白陵が最も早く4日、金光学園が6日、高梁日新、美作、作陽、共生が9日、他の15校は10日。17校による選抜2期入試は24日にある。
 選抜1期入試の出願時点での平均競争率は5・04倍。現行の集計方法となった2005年度以降で2番目に高い。
/////
小学全科目中学3科目 平均下回る

岡山県教委は2日、昨年11月に公立の全ての小学4、5年生と中学2年生を対象に実施した「学力定着状況たしかめテスト」の結果を発表した。全国学力テストの過去の問題を中心に出題し、小学生は全科目で、中学生は5科目のうち3科目で全国平均を下回った。
 小6と中3を対象にした2007~14年度の全国学力テスト問題を小4、5、中2の学習範囲内で再構成し、他の全国規模テストの問題を加えた。小5と中2は今年春に全国学力テストを受ける学年で、過去の問題を解くことで学力向上に役立てる。小4は主に基礎的知識を問うA問題のみ解いた。
 国語、算数・数学のA問題は全ての学年で全国平均以下となり、11・0~1・7ポイント低かった。知識の活用力をみるB問題は、中2の国語で0・4ポイント上回ったほかは3・8~2・2ポイント下回った。
 県教委義務教育課は「小学校は漢字、計算の基礎はよくできていたが、応用が試される設問で正答率が低かった。中学校は国語も数学も応用力が必要な問題で無解答の割合が高かった」とし、学習内容の定着を各学校などに求めている。
 たしかめテストは県教委が2013年度に始め、2回目。初回は採点基準が統一されていなかったことなどから、結果を公表していない。

/////
大学院自然科学研究科長に田中氏

岡山大は3日、任期満了に伴う大学院自然科学研究科長に、田中秀樹・同研究科教授(59)を選んだと発表した。任期は4月1日から2年。
 
田中秀樹氏(たなか・ひでき)京都大工学部助手、岡山大理学部教授など経て2005年から現職。13年から同学部長。専門は理論化学。京都大大学院工学研究科博士後期課程修了。香川県まんのう町出身。

/////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。