2015年02月09日

ベネッセが新サービス 個人情報なしで学習 岡山

ベネッセが新サービス 個人情報なしで学習

復活 なるか?
////
Benesse learning with no new service personal information

In response to the large amount of personal information was leaked problem, Benesse Corporation has announced a new education services.

Buy a dedicated prepaid cards that are sold in some convenience stores from this month on the 17th, when you enter a number that is listed on your PC, without having to register personal information, such as name and address, for learning on the Internet of the thing that software can be purchased.

Benesse I have in the future, also consider development in other retail stores.
////
ベネッセが新サービス 個人情報なしで学習

大量の個人情報が流出した問題を受けて、ベネッセ・コーポレーションが新たな教育サービスを発表しました。

 一部のコンビニで今月17日から発売される専用のプリペイドカードを購入し、記載されている数字をパソコンに入力すると、氏名や住所などの個人情報を登録しなくても、インターネット上で学習用のソフトが購入できるというものです。

 ベネッセは今後、他の小売店での展開も検討するとしています。

////
ベネッセ、会員登録なしの新教材 個人情報の流出踏まえ

教育事業大手のベネッセホールディングスは7日、名前や住所などの個人情報を登録せずにインターネットを通じて学べる教材「BenePa(ベネパ)」を17日に売り出すと発表した。昨年7月に発覚した個人情報の流出を踏まえた対応。会員が減っている通信講座「進研ゼミ」や「こどもちゃれんじ」への誘導を狙う。

 対象は幼児から高校生までで、教科は英語と算数、数学が中心だ。「小3の計算」「中1の英文法」といった一つの分野を30分から2時間ほどで学べる教材を32パック用意した。1パックは税込み500円。プリペイドカードを、まずは全国のローソンで売る。

 教材の配達や電子決済をしないことで、匿名でも教育が受けられるようにした。ダイレクトメールに依存していた「進研ゼミ」などの通信講座への新たな誘導策と位置づける。都内で記者会見した原田泳幸会長兼社長は「顧客との接点を増やしていく」と話した。

 ただ、「進研ゼミ」などの会員にもなってもらうには、住所や名前、学年などの登録が必要で、信頼回復が欠かせない。昨年10月の会員数は前年の同じ月より7%少ない325万人だった。

////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | ベネッセが新サービス 個人情報なしで学習 岡山 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。