2015年02月14日

「でーれーガールズ」岡山封切り =全編、岡山ロケの話題作がついに封切り=

「でーれーガールズ」岡山封切り =全編、岡山ロケの話題作がついに封切り=
優希美青さん スケッチ.jpg

足立梨花さん スケッチ.jpg

桃瀬美咲さん スケッチ7.jpg
「でーれーガールズ」岡山封切り =全編、岡山ロケの話題作がついに封切り=
/////
"DERE girls" the work in topics of Okayama release = a whole book and Okayama location releases at last=.

The work in topics of a whole book and Okayama location releases at last,--. On the 14th, the preceding showing of the "DERE girls" who filmed a novel of Mr. author Harada MAHA on the Okayama-shi relation has started with ZION movie Okayama (the said city Kita-ku Shimoishii). The fan who couldn't wait thronged from a morning and enjoyed the female senior high school student's youth story developed by the familiar landscape it.
The film is shown on the screen of the western Japan maximum level (18 meters of width and 9 meters of height) from 9:30am. The most part was buried by reservation by the previous day, and 410 seats of audience could make the long line one just after the opening. The female of Takahashi-shi who lined up at 8:00am 1 hour ago when the said movie theater opens (42), "I wanted to see at even a little good seat. It's wonderful you're homesick somewhere, and how a warm original work is reflected by a picture, the pleasure" and eldest son of an elementary school for 6 years (12), "Fan of Mr. Adachi pear flower who performed 1 person of a main character. I'd like to see the form that Mr. Adachi shines at Okayama early.", I was speaking.
The uniform of "Okayama white heron girls' high school" which appears on a movie was exhibited in a screen entrance and exit way, and Juan and others who take a ceremonial picture were seen. Mr. former daughter role top white feather lily after showing the film, who are Ooku Akiko director, Mr. Adachi and Takarazuka Revue Company including Mr. Harada and Momose Misaki from Okayama-shi, a stage greeted.
The story by which "DERE girls" drew best friend's friendship by taking place in 1980 by a classmate with the female senior high school student who has moved to Okayama-shi from Tokyo. It was taken a picture of at a model high school in the Sanyo girl of a work at Mr. Harada's old school including Tsurumi-bashi near Korakuen in September of last year. An extra of total of 700 people of active junior and senior high school students participated.
The whole country opening to the public is 21 days.
/////
「でーれーガールズ」岡山封切り =全編、岡山ロケの話題作がついに封切り=

全編、岡山ロケの話題作がついに封切り—。岡山市ゆかりの作家原田マハさんの小説を映画化した「でーれーガールズ」の先行上映が14日、イオンシネマ岡山(同市北区下石井)で始まった。待ちかねたファンが朝から詰め掛け、見慣れた風景で繰り広げられる女子高生の青春ストーリーを観賞した。
 午前9時半から西日本最大級のスクリーン(幅18メートル、高さ9メートル)で上映。客席410席は大半が前日までに予約で埋まり、開館直後は長い列ができた。同映画館が開く1時間前の午前8時には並んでいたという高梁市の女性(42)は「少しでもいい席で見たかった。どこか懐かしくて温かい原作がいかに映像に反映されているか、すごく楽しみ」、小学校6年の長男(12)は「主人公の1人を演じた足立梨花さんのファン。岡山で足立さんが輝く姿を早く見たい」と話していた。
 スクリーン出入り口には映画に登場する「岡山白鷺女子高校」の制服が展示され、記念撮影するファンらが見られた。上映後は、原田さんをはじめ、大九明子監督、足立さん、宝塚歌劇団の元娘役トップ白羽ゆりさん、岡山市出身の桃瀬美咲さんが舞台あいさつした。
 「でーれーガールズ」は東京から岡山市に引っ越してきた女子高生と、クラスメートで親友の友情を、1980年を舞台に描いた物語。昨年9月、後楽園そばの鶴見橋をはじめ、原田さんの母校で作品のモデルの山陽女子中高などで撮影が行われた。現役の中高生ら計700人のエキストラが参加した。
 全国公開は21日。
/////
「でーれー 中学生?!」
中学生が「おかやまスマホ宣言」

岡山県内の中学生有志がスマートフォン・携帯電話の適切な使い方を考える「OKAYAMAスマホサミット」(山陽新聞社主催、県教委、岡山市教委共催)の第3回会合が14日、岡山市北区柳町の山陽新聞社で開かれ、インターネット上でのトラブルを防ぐためのスローガン「おかやま中学生スマホ宣言2015」を決めた。今後、啓発ポスターなどに盛り込み、県内全域にアピールする。
 岡山、倉敷、高梁、鏡野など7市1町の18校から男女26人が参加。青少年のネット利用に関する国の連絡会座長で兵庫県立大の竹内和雄准教授が司会を務め、5班に分かれ、まずスマホ・携帯に関して「使用時間」「危険性」「ネット上の人間関係」の三つのテーマで意見を交わした。
 参加者は「スマホの使い過ぎは大事な時間の浪費」「ネットに頼った意思疎通はトラブルのもと」などと問題点を挙げた後、各班ごとに複数の宣言案を発表。多数決の結果、

「勉強じゃ!スマホ手放せ中学生!!」

「大丈夫?自分自身に問いかけて」

「その画面で築いた友情は本物ですか?」

の三つを選んだ。
 県立中学校2年の女子は「これまで議論したことが『宣言』という形になってうれしい。学校でも広め、スマホを正しく使える生徒を一人でも増やしたい」と話した。
 この日は、宣言を題材にしたポスターコンクールの開催、ソーシャルゲーム大手ディー・エヌ・エー(東京)の協力を得てスマホ・携帯の使い過ぎを防ぐアプリの開発を進めることも決めた。
 サミットは、スマホ・携帯を介したネットトラブルが相次ぐ中、生徒自身に解決策を探ってもらおうと14年11月に初めて開催。最終回となる3月28日の第4回会合では、啓発動画の撮影などを行う。
//////
ももせ ポーズ スケッチ.jpg
//////
【関連する記事】
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:55| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。