2015年02月19日

春もうすぐ 後楽園で松のこも焼き 岡山 後楽園

春もうすぐ 後楽園で松のこも焼き 岡山 後楽園
////
Spring soon this pine at Korakuen also baked Okayama Korakuen

Okayama 18 days at Korakuen, to disinfect the winter the pest "This pine also baked" has been made. Tradition of Meien which is to be called the spring. Tourists and photography enthusiasts et al. I enjoyed the spectacle full of seasonal.
that the worker 12 people were wound in red pine and black pine about 240 pieces of stem of the park also (width 28-55 cm, 92-185 cm long) Remove the ignition gathered on the banks of the pond of the swamp. While making a crackling sound was burned vigorously.
On this day, the lowest temperature of the morning of Okayama City degrees 3 · 8 (average year 1 - 7 degrees) and mid-March par. Visited tourist Kochi Prefecture of women (76) had said, "good luck to Meguriae to these events. I spring is can not wait."
Also baked this, traditional disinfection method using a habit of pests crawl to Como and down from branches and leaves for the winter. of Solar term that insect is a start moving "Keichitsu (Keichitsu)" (this year March 6) is carried out every year before the.
////
春もうすぐ 後楽園で松のこも焼き 岡山 後楽園

岡山市の後楽園で18日、越冬した害虫を駆除する「松のこも焼き」が行われた。春を呼ぶとされる名園の風物詩。観光客や写真愛好家らが季節感あふれる光景を楽しんだ。
 作業員12人が園内のアカマツやクロマツ約240本の幹に巻かれたこも(幅28~55センチ、長さ92~185センチ)を外し、沢の池のほとりに集めて点火。パチパチと音を立てながら勢いよく燃え上がった。
 この日、岡山市の朝の最低気温は3・8度(平年1・7度)と3月中旬並み。観光で訪れた高知県の女性(76)は「こうした行事に巡り合えて幸運。春が待ち遠しいですね」と話していた。
 こも焼きは、冬を越すため枝葉から下りてこもに潜り込む害虫の習性を利用した伝統的な駆除法。虫が動きだすとされる二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」(今年は3月6日)を前に毎年行っている。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 春もうすぐ 後楽園で松のこも焼き 岡山 後楽園 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。