2015年02月20日

岡山のサッカー 湯郷ベル、なでしこ交流戦2勝目 岡山 /ファジ長沢監督とMF矢島が決意

岡山のサッカー 湯郷ベル、なでしこ交流戦2勝目 岡山 /ファジ長沢監督とMF矢島が決意
岡山 カープ女子.jpg
湯郷ベル、なでしこ交流戦2勝目 岡山
/////
Yunogo Bell, Nadeshiko exchange warfare 2 win Okayama

Soccer girls, Nadeshiko League pre-season match "Nadeshiko exchange war" by a team of second day the 19th, is done in such Anesaki park soccer field of Ichihara, Chiba Prefecture, Okayama Yunogo bell of the same league 1 parts of a two-part Nojimasutera The victory in the 1? 0 in Kanagawa. I was total 2 wins and 1 loss.
Yunogo Bell the first half, Matsuoka in FW, Kishino, Makoto Kobayashi in MF, Miyama, between kudzu, Asano, Mizushima in DF, Sasaki Takahashi, Kad, Kitaura, played the main members of Fukumoto to GK. The PK that Kobayashi true got brought down in the penalty area in 9 minutes Miyama scored, I took the lead. Although then did not Steal what goal, and move well in conjunction people and ball, and made the score machine many times.
FW Tanaka late Newest players young has been played, MF MoriSako, Nakajima, Okubo et al aggressively attack participation. Regrettable scene for example, match the DF Takahashi thousand with height in the set play also had, but ended in scoreless.
The 20th of the third day, Yunogo Bell 1 part Urawa, play against the Chiba.
/////
湯郷ベル、なでしこ交流戦2勝目 岡山

サッカー女子・なでしこリーグのチームによるプレシーズンマッチ「なでしこ交流戦」第2日は19日、千葉県市原市の姉崎公園サッカー場などで行われ、同リーグ1部の岡山湯郷ベルは2部のノジマステラ神奈川に1?0で勝利。通算2勝1敗とした。
 湯郷ベルは前半、FWに松岡、岸野、MFに小林真、宮間、葛間、浅野、DFに水島、高橋佐、加戸、北浦、GKに福元の主力メンバーが出場。9分に小林真がペナルティーエリア内で倒されて得たPKを宮間が決め、先制した。その後はゴールこそ奪えなかったが、人とボールが連動してよく動き、何度も得点機をつくった。
 新加入選手ら若手が出場した後半はFW田中、MF森迫、中島、大久保らが積極的に攻撃参加。セットプレーで高さのあるDF高橋千に合わせるなど惜しい場面もあったが、無得点に終わった。
 第3日の20日、湯郷ベルは1部の浦和、千葉と対戦する。
/////
ファジ サポーター 応援.jpg
ファジ長沢監督とMF矢島が決意

 今季のJリーグ開幕(3月7日)を前に、J1、J2、J3の計52クラブの監督、選手代表が一堂に会する「プレスカンファレンス」が19日、東京都内で開かれ、J2ファジアーノ岡山の長沢徹監督と新加入のMF矢島慎也が、悲願のJ1昇格に向けて決意を語った。
 昨季、リーグを含む3冠を果たしたG大阪の宇佐美貴史や広島の青山敏弘(作陽高出)らJ1勢に続いて、矢島が登壇。中四国ダービー「PRIDE
 OF
 中四国」をPRするパネルを持って、讃岐の木島良輔らとともに記念撮影に臨んだ。
 セレモニー後、矢島は「これまでの岡山のサッカーに自分たちの色を加えることが新加入選手の役割。攻撃で違いを生み、得点に絡むプレーで貢献したい」と抱負を述べた。現在、脚に負傷を抱えているが、3月8日にホームで迎える岐阜との開幕戦に向けて「コンディションを上げていく」と表情を引き締めた。
 昨季のファジアーノは終盤に失速して8位。あと一歩のところで昇格プレーオフ圏(3~6位)を逃しただけに「勝ちきることが今季の課題」と長沢監督。リーグ序盤は昨季J1のC大阪や大宮など強豪との対戦が続くが「勝って浮かれず、負けてもうなだれず、しっかりとしたメンタリティーで乗り切る。昇格という夢を地域に届ける」と力強く目標を語った。
 今季J2は22チームが2回総当たりで競い、2位までが自動昇格、3~6位は残り1枠を懸けてプレーオフに臨む。
//////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。