2015年02月22日

宝木求め 裸群9千人争奪戦 岡山 /少年はだか祭り 400人激突 岡山

宝木求め 裸群9千人争奪戦 岡山
/////
Honoki demand The nude group 9000 person scramble Okayama

The festival in which the participants go naked set to one of Japanese three big unique festivals "Saidaiji meeting positive" was held in Saidai-ji Kannon'in in Okayama-shi Higashi-ku Saidaiji in the evening for 21 days. About 9000 people asked 2 of Hogi who says that the group of the nude of (organizer announcement) brings good fortune (SHIN GI) and developed an intense scramble.
A male servant of the form turned it and gathered one after another in a precinct from a little past 7 o'clock p.m.. Though I put my arm and make a shout of "wow, shouldering" sound, it's to the capture of purification which purifies a body for water (elaborately) a place. Watering built up each other, and made the whole body be flushed with main hall Otoko, and was steam and rose in white.
A sprinkle is mixed and Teruaki is killed simultaneously according to 10:00pm which became temperature 7 and 7 times and ketsugan of big prayer (He comes and cares.) and Buddhist memorial service on a new year's day (SHU shoulders, oh.) (stingy cancer), and all Tsuboi Hiroshi chief priests drop Takaragi from a window of blessings of the main hall. A nude crowd resounded with "UO", and was a huge whirlpool, and notified a climax of the voltage of the festival.
Kajihara group in Okayama-shi gets both of 2 for Takaragi. Mr. Daisuke Kajihara (27)= Okayama-shi and Mr. Shinya Yamamoto (21)= the said= was Hukuo.
The traditional charming sights by which you assume that Saidaiji meeting positive has started in 1510 in Muromachi era.
/////
宝木求め 裸群9千人争奪戦 岡山

 日本三大奇祭の一つとされる裸祭り「西大寺会陽」が21日夜、岡山市東区西大寺中の西大寺観音院で開かれた。約9千人(主催者発表)の裸の群れが、福をもたらすといわれる2本の宝木(しんぎ)を求め、激しい争奪戦を繰り広げた。
 まわし姿の男衆は午後7時すぎから境内に続々と集まった。肩を組み、「わっしょい」の掛け声を響かせながら、水で身を清める垢離(こり)取り場へ。本堂大床では練り合って全身を紅潮させ、打ち水は蒸気となって白く立ち上った。
 小雨が交じり、気温7・7度となった午後10時、大祈祷(きとう)・修正会(しゅしょうえ)の結願(けちがん)に合わせて一斉に照明が消され、坪井全広住職が本堂の御福窓から宝木を投下。裸群は「ウオー」とどよめいて巨大な渦となり、祭りのボルテージは最高潮に達した。
 宝木は2本とも岡山市の梶原グループが獲得。梶原大資さん(27)=岡山市、山本真也さん(21)=同=らが福男となった。
 西大寺会陽は室町時代の1510年に始まったとされる伝統の風物詩。
/////
少年はだか祭り 400人激突 岡山

西大寺会陽の幕開けを飾る「少年はだか祭り」には、まわし姿の小学生約400人が元気よく参加し、宝筒などを奪い合った。
 男児の群れは午後3時半、会場近くの西大寺公民館(岡山市東区向州)を出発した。「わっしょい」の大きな掛け声とともに商店街などを練り歩いた後、境内へ。垢離取り場で身を清めると本堂前に集まり、学年ごとの争奪戦に臨んだ。
 1、2年生は宝もち、3、4年生は五福筒10本を取り合った。純白の和紙に包まれた長さ約15センチの2本の宝筒を獲得する福男児を目指す5、6年生は、家族らの声援を受けながら、福を求めて手を伸ばし、激しく体をぶつけ合っていた。
 福男児は、6年連続出場の岡山市立御野小6年島村征一我君(12)と同市立可知小6年吉村匡史君(12)。島村君は「自信があった。宝筒をつかんだみんなの手が緩んだ瞬間に引き抜いた」と満足そう。21日が誕生日の吉村君は「最高の思い出になった。福男児になったのを励みに、中学生になっても頑張る」と話した。
//////
【関連する記事】
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。