2015年02月22日

3月、岡山でスポーツ楽しんで 参加無料 サッカー教室 野球教室 /<野球教室>中学球児99人学ぶ

3月、岡山でスポーツ楽しんで 参加無料
/////
Please enjoy a sport at Okayama in March.

A glorious sport of sporting good sale (Okayama-shi Kita-ku adult) is recruiting the participant of "the sports festival of kids enjoyed by a parent and child" who opens at Okayama dome (the said Kitanagaseomotemachi) at 10:00am March 1-at 4:00pm.
Glove making of a soccer class (100 sets of capacity parent and child) and baseball, experience (30 sets) and baseball class (only by a schoolchild, 50 people).
Glove making is cost 3000-5 of one thousand yen. Other ones are participation no charge. Both are in the order of arrival and I apply by the 23rd. A question, the said company (086 231 5897).
/////
3月、岡山でスポーツ楽しんで

スポーツ用品販売の栄光スポーツ(岡山市北区大供)は3月1日午前10時~午後4時、岡山ドーム(同北長瀬表町)で開く「親子で楽しむキッズスポーツフェスティバル」の参加者を募集している。
 サッカー教室(定員親子100組)、野球のグラブ作り体験(同30組)、野球教室(小学生のみで50人)。
 グラブ作りは実費3千~5千円。ほかは参加無料。いずれも先着順で、23日までに申し込む。問い合わせは同社(086 231 5897)。
/////
<野球教室>「練習した」実感持って JFE西が開催、中学球児99人学ぶ /岡山

社会人野球・JFE西日本硬式野球部の選手たちが中学生を教える野球教室が、倉敷市広江4のJFE広江グラウンドであり、同市内の11中学校の野球部員計99人が参加した。3時間の教室後も中学生は熱心に質問し、都市対抗野球や日本選手権などで活躍する選手たちの技や心構え、上達へのこつを学んだ。

 今月7日にあった教室では、野手とバッテリーに分かれて練習した。野手はティー打撃や素振り、守備練習。投手と捕手は投球や捕球を繰り返した。JFE西の選手は、プレー時の姿勢や重心移動などを助言し、「苦しくなったら声を出せ」と助言。中学生は「打球への恐怖心を克服するにはどうしたらいいか」などと尋ねていた。

 JFE西の村上文敏監督は「練習はきつかったかもしれない。だが、『これだけ打った、走った練習した』という実感を持ってほしい。苦しい時にも頑張るぞ、と思ってもらえたら」と語った。

 倉敷市立新田中2年の祗園理寛さん(14)は「ただ素振りをするのではなく、体の軸作りを意識するなどの基礎が大切だと分かった。選手の教え方は面白く、楽しかった」と話していた。【
/////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。