2015年02月23日

「でーれーガールズ」東京公開 足立梨花らが岡山ロケの思い出語る

「でーれーガールズ」東京公開 足立梨花らが岡山ロケの思い出語る

TVのメディア(アッコ におまかせ)など に取り上げられていたが・・・。世間の人の反応は、いかに・・・! 岡山のPR効果は? どうだろうか? 大河ドラマ 軍師 官兵衛 (黒田官兵衛)を越えることができるか?
「でーれーガールズ」の女優が、ホリプロ と 元 宝塚 に偏っているのが・・、気になるね!

まあ、「イオンモール岡山」のイオンシネマ をみれば、わかるかも・・・・?
でーれーガールズ
Powered by RSSリスティング


優希美青さん スケッチ.jpg
足立梨花さん スケッチ.jpg
桃瀬美咲さん スケッチ7.jpg
/////
"DERE girls" Tokyo opening to the public Adachi pear flowers and others are Okayama location, I think out and tell.

A double star work "DERE girls" smash hit fee stage greeting of Yuki beauty blue and Adachi pear flower was human trust movie Shibuya on February 22, and Adachi, anran Kei, a white feather lily, Momose Misaki, Chika Yamane and Ooku Akiko director stood as a stage greeting.

Motosaku was opened ahead by Okayama-ken which became a stage of a work and was the opening to the public first day at the other whole country in Tokyo on this day. The numbers of the famous place in Okayama are reflected in a street car, a spot in Okayama-shi such as Okayama-jo and the Kurashiki-shi esthetic area learned about as a tourist spot by a plot.

Adachi, "I was happy because I could see the various locations of Okayama. Tsurumi-bashi was the place of which I have a special feeling in particular.", I looked back to location. Momose from localness Okayama has the experience from which Motosaku commuted to the Sanyo school taken a picture of, "This uniform is put on actually, and, I went to school. Photography at its old school looked like tour meeting precocity of destiny, and I throbbed.", I seemed happy and spoke.

anran where Motosaku was a movie first appearance was glad about "it was a fun site with the feeling that a staff and a coactor are making with everyone. I was worried that (one) becomes a rise on the big screen, (warai) where it might be reflected very beautifully" and a screen debut. The white feather which performed Ayuko's 30 years later when Yuki disguises himself, "They were said to be from same Fukushima-ken with Yuki beauty blue, and when the atmosphere was similar, it was called. There was also anxiety which will perform 30 years later, (A complete work was seen, and.) the atmosphere might be similar.", a relieved expression was being shown.

A homonymous novel of Mr. Harada MAHA is an original work. An encounter and friendship of 2 girls are drawn by taking place in Okayama in 1980. Ayuko who has transferred from Tokyo (Yuki) will be Takemi (Adachi) in the same class with the atmosphere who grew up and a best friend, but 2 people quarrel from some events. When he meets Takemi who became a teacher again, Ayuko who became a cartoonist 30 years later talks about the secret you couldn't say.

/////
「でーれーガールズ」東京公開 足立梨花らが岡山ロケの思い出語る

 優希美青、足立梨花のダブル主演作「でーれーガールズ」大ヒット御礼舞台挨拶が2月22日ヒューマントラストシネマ渋谷であり、足立と安蘭けい、白羽ゆり、桃瀬美咲、山根千佳、大九明子監督が舞台挨拶に立った。

 本作は作品の舞台となった岡山県で先行公開されており、この日東京のほか全国での公開初日となった。路面電車や岡山城をはじめとした岡山市内のスポット、観光地として知られる倉敷市美観地区など、劇中では岡山の名所の数々が映し出されている。

 足立は「岡山のいろんな場所を見られて楽しかった。鶴見橋は、特に思い入れのある場所になった」とロケを振り返った。また、地元岡山出身の桃瀬は、本作が撮影された山陽学園に通っていた経験があり、「実際にこの制服を着て通学していました。母校での撮影は、運命の巡り会わせみたいでドキドキしました」とうれしそうに話した。

 本作が映画初出演となった安蘭は、「スタッフ、共演者みんなで作っている感じがある楽しい現場でした。(自分が)大きなスクリーンでアップになるのは心配でしたが、とても美しく映っていてよかった(笑)」とスクリーンデビューを喜んだ。優希扮する鮎子の30年後を演じた白羽は、「優希美青ちゃんとは同じ福島県出身と言うことで、雰囲気が似てると言われました。30年後を演じる不安もありましたが、(完成作を見て)雰囲気が似ていてよかった」と安どの表情を見せていた。

 原田マハ氏の同名小説が原作。1980年の岡山を舞台に、2人の少女の出会いと友情を描く。東京から転校してきた鮎子(優希)は、大人びた雰囲気を持つ同じクラスの武美(足立)と親友となるが、2人はある事件から仲違いする。30年後、漫画家になった鮎子は、教師になった武美と再会し、当時は言えなかった秘密を語り合う。
////
【関連する記事】
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。