2015年02月24日

「県庁めぐりん」25日運行開始 イオンモール岡山周辺など/ GWに県庁通りなどで社会実験 岡山

「県庁めぐりん」25日運行開始

ポポンデッタ(鉄道模型)002.jpg
イオンモール岡山 - Google News
Powered by RSSリスティング


////
"The tour of prefectural offices, oh." 25 day movement starting

100 yen of eight Akira transit (Okayama-shi Naka-ku Kuramitsu) begins to move around a new route of a uniform circulation bus "Circulation, oh." from the 25th. At the route which goes around a prefectural office street and a lye street from Okayama of AEON Mall and in front of JR Okayama station, a nickname, "The tour of prefectural offices, oh." I plan for migration and advantage convenience improvement at the Okayama-shi center.
A new route (one round about 4 and 3 kilometers) moves south along Nishikawa in front of JR Okayama station, enters a prefectural office street and turns right at Aioi-bashi west packing. It wests, and a lye and others street is gone back in a city office quarter. A stop, 2-Chome of in front of Okayama station, in front of in front of the agricultural hall and Naka Ginmoto store, Kencho-mae, prefectural office south, chuudenmae, Sakae-machi and Tamachi, Yanagi-machi 1-chome and in front of Okayama of AEON Mall. It moves flight 35 at the stand at 7:00pm from a stand at 7:00am. Part linear change in the Kyobashi line clockwise direction of existence is also performed and it's made Kencho-mae pass (one round about 5 and 1 kilometer).
100 yen of charge is uniform as before, and the schoolchild sheep rise is free. A body is intellectual and when a mentally disturbed person shows disabled person's handbook, it becomes free. A question, eight Akira transit bus service part (086 296 3277).
////
「県庁めぐりん」25日運行開始

八晃運輸(岡山市中区倉益)は、100円均一循環バス「めぐりん」の新路線の運行を25日から始める。イオンモール岡山、JR岡山駅前から県庁通り、あくら通りを回るルートで、愛称は「県庁めぐりん」。岡山市中心部の回遊性と利便性向上を図る。
 新ルート(1周約4・3キロ)はJR岡山駅前から西川沿いを南下して県庁通りに入り、相生橋西詰めを右折。あくら通りを西進して市役所筋に戻る。停留所は岡山駅前、農業会館前、中銀本店前、県庁前、県庁南、中電前、栄町、田町二丁目、柳町一丁目、イオンモール岡山前。午前7時台から午後7時台に35便運行する。既存の京橋線右回りの一部路線変更も行い、県庁前経由(1周約5・1キロ)とする。
 料金は従来通り100円均一で、小学生未満は無料。身体、知的、精神障害者は障害者手帳を提示すれば無料になる。問い合わせは八晃運輸バス事業部(086 296 3277)。
////
GWに県庁通りなどで社会実験 岡山

岡山市の大森雅夫市長は23日、市中心部の県庁通りなどで計画する歩行者優先の交通社会実験について、今春のゴールデンウイーク中に1回目を実施する意向を表明した。市によると、5月3、4日を予定している。県庁通りはイオンモール岡山(同市北区下石井)の開業後初のゴールデンウイークで「交通状況を見極める必要がある」として、車線を減らす規制はせず、自転車の駐輪を抑制するといった内容にする。
 市長は2月定例市議会本会議で、市議の代表質問に対し「ゴールデンウイーク期間中の実施を目指し、岡山県警と共有認識の下、具体的協議を重ねている」と述べた。同期間中は車線規制を行わず、歩道に花のプランターを置いて自転車の駐輪を抑制したり、沿道の民有地に休憩施設を設けたりすると説明。車線を減らした形での実験は秋の実施を目指すとした。
 同実験は歩行者が通行しやすい空間をつくり、市中心部の回遊性向上を図るのが狙い。県庁通りの市役所筋と柳川筋に挟まれた600メートル区間と、西川緑道公園筋の桃太郎大通りと県庁通りの間の300メートル区間で実施する。市庭園都市推進課によると、県庁通りは5月3、4日、西川筋は同4日に計画している。同筋は西川の西側を歩行者天国にしてオープンカフェを設ける。
 市は当初、2014年度中の社会実験を予定していたが、県警が交通渋滞の恐れを理由に難色を示したことから見送った。そうした経緯を踏まえ、市長は「交通状況に応じた対応も念頭に県警などと協議する」との認識を示していた。
 市は15年度一般会計当初予算案に経費8055万円を計上し、県庁通りで計6日間、西川で計3日間の実施を目指している。
////
【関連する記事】
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。