2015年03月01日

短期決戦、就活学生ら熱心に質問 岡山

短期決戦、就活学生ら熱心に質問 岡山
就活 がんばる.jpg
就活 がんばる
就活 サポーター.jpg
就活 サポーター
/////
I question a short-term decisive battle and a job hunting student heat heart Okayama.

Adoption activity of the enterprise which made the college students it's expected to do spring graduation of in 2016 the subject was 1 day which has started and Sanyo Shinbun company in Okayama-shi Kita-ku Yanagi-machi, and "combined getting a job explanatory meeting" was opened. While permission time of the company briefing session was postponed for 3 months more than the past, and job hunting "was becoming a short-term decisive battle", about 800 people participated, and a meeting place was wrapped in heat.
36 companies produce and transit a financial institution in the Okayama-ken inside and outside of the country, and establish the booth the IT relation. Students of the suited figure were hearing the explanation of the person in charge by a serious expression and were asking the work contents, an asked image of human resources and a characteristic of the company eagerly. There was also a seminar from which know-how of job hunting is learned.
Kyoto University of Foreign Studies is 3 years from Kurashiki-shi, a girl student (21), "A job-hunting period is short, so, I'd like often to check an enterprise of the business category of the request and move efficiently.", I was speaking.
An explanatory meeting is a part of a "job hunting, DASH!" promotion of Sanyo Shinbun company sponsorship. It opens at Okayama convention center (Okayama-shi Kita-ku Ekimotocho) from noon on the 9th next time in all 3 times of first time until April 18.
/////
短期決戦、就活学生ら熱心に質問 岡山

2016年春卒業予定の大学生らを対象にした企業の採用活動がスタートした1日、岡山市北区柳町の山陽新聞社で「合同就職説明会」が開かれた。会社説明会の解禁時期が従来より3カ月繰り下げられ、就職活動が“短期決戦化”する中、約800人が参加して会場は熱気に包まれた。
 岡山県内外の金融機関、製造、運輸、IT関連など36社がブースを開設。スーツ姿の学生らは担当者の説明を真剣な表情で聴き、仕事内容や求める人材像、社風などを熱心に質問していた。就職活動のノウハウを学ぶセミナーもあった。
 倉敷市出身で京都外国語大3年の女子学生(21)は「就職活動の期間が短いので、希望の業種の企業をよく調べて効率的に動きたい」と話していた。
 説明会は山陽新聞社主催の「就活DASH!」キャンペーンの一環。4月18日までの全3回の初回で、次回は9日正午から岡山コンベンションセンター(岡山市北区駅元町)で開く。
/////
グローバル 人材.jpg
グローバル人材
/////
<どうなる就活>3カ月繰り下げ 学生も企業も手探り状態

2016年春に卒業する大学生・大学院生の就職活動が、3月1日から本格化する。学業優先のため採用スケジュールを遅らせる「指針」が初めて適用される就職戦線で、企業も学生も手探り状態だ。今年は、景気回復と人手不足が相まって、学生優位の「売り手市場」とされる。指針がどこまで守られるのか疑心暗鬼も深まる中で、「短期決戦」が始まる。【神崎修一、稲田佳代】

 26日、アサヒビール本社(東京都墨田区)の会議室。「どんな新商品が売れるのか?」。研究職志望の大学3年生ら5人が1組となり、社員さながらにアイデアを次々とホワイトボードに書き出した。同社が初めて開いたインターンシップ(就業体験)の一コマだ。

 インターネットで応募した学生の中から10人が選ばれ、茨城県内の工場や研究所を回って商品開発のプロセスも学んだ。同社は「採用活動とは関係ないが、仕事や業界について理解を深めてほしい」と狙いを説明する。来年度には研究職だけでなく、事務系職種でも実施を検討する。同社が初めてのインターンシップに踏み切ったのは、16年卒の学生から採用のルールが大きく変わるからだ。会社説明会の解禁は3月1日(従来は12月1日)、面接などの選考活動は8月1日(同4月1日)に、それぞれ繰り下げられた。就職活動は3カ月短縮の短期決戦となる。

 企業と学生が接触する時間が短くなるため、インターンという形で少しでも学生に興味を持ってもらおうというのが企業側の狙い。人材サービス会社、ディスコの調査では、インターン実施企業は主要企業の4割。11%が「新たに実施」すると回答した。

 「採用に直結しないというのは建前」というケースも多い。ある食品メーカーの人事担当者は「優秀な学生には自社のセミナーに来てもらうよう、個別に連絡したり、社内のイベントに誘ったりしている」と打ち明ける。大量採用する大手金融や電機メーカーには「優先的に選考すると持ちかけ、別室に連れて行って事実上の面接を行うケースもある」(人事コンサルタント)。ディスコが1~2月、約8000社を対象に行った別の調査では、回答した約1200社の8割近くが、選考解禁の8月前に面接を開始すると答えた。

 経団連に加盟せず、ルールに縛られない企業では既に採用活動が進む。楽天は12月から学生のエントリー受け付けをスタート。ネスレ日本(神戸市)も既に10人程度を内定した。ネスレは「留学や研究など学生側のスケジュールを考慮し、年3回に分けて採用しており、学業優先という考えは経団連と同じ」と説明する。

 ただ「早めに就職活動を終えて、遊びたいというのが学生の本音。スケジュールを遅らせて志望者が集まるのか、ライバル社が『抜け駆け』しないか不安だ」(大手製造業)と頭を悩ませる関係者も多い。

 中堅・中小企業にとっても逆風だ。従来は大手企業の採用活動が一段落した5月連休明けごろ、大手に受からなかった学生が集まったが、今年は大企業も8月まで内々定を出さない。東京の中堅化学メーカー幹部は「われわれは超短期決戦。人材確保できるか、読み切れない」と不安を隠さない。

 ◇学生側に戸惑い

 就職説明会の解禁は3月1日だが、インターンシップに力を入れる企業が多い影響で「より長期化している」と訴える学生の声もある。慶応大法学部3年の男子学生(21)は今年に入って2社でインターンを経験した。昨秋、周囲の「インターンは当然やるもの」という雰囲気を感じ、数社に応募。「繰り下げというより就活期間が伸びたイメージで焦りが強い」と話す。

 昨年8月と今年2月にインターンに参加した私立大3年の男子学生(22)も「昨夏から気が休まらず、ずっと就活をしている気分」とぼやく。従来、大手の選考が終わった夏に帰国して就活を始めていた留学経験者と、今年は同じタイミングで勝負しなければならない。「留学経験者は優秀な人が多い。比較されて狭き門になりそう」。卒業論文の中間発表が夏にあり、就活に100%の力は注げない。その分、早めの行動を心がけ、3月1日は午前0時に目当ての企業の説明会に申し込むつもりだ。

 一方、大半の学生は不安を感じながらも3月の解禁日を待つ。明治大就職キャリア支援センターの担当者は「多くが解禁と同時に動き出せばよいと考えているようだ」。昨年10月の就職ガイダンスでは「繰り下げのスケジュールの通りに選考する企業は半分程度とみられる。早めに企業研究を」と呼びかけた。その後の就活支援のイベントは前年と同じ日程で開催。しかし、参加者はどの回も前年と比べて3~5割減ったという。

 東洋大でもガイダンスセミナーは前年と同じ時期に開催したが、参加がふるわず、2月上旬に追加実施した。同大の大田啓子就職・キャリア支援部長が懸念するのは、大手企業と中小企業の内定時期の逆転だ。大手は8月の選考解禁を守るとみられ、それ以前に受けた中小から内定受諾を迫られた学生が、辞退して大企業に挑戦するかどうかを悩む場面が増える可能性もあるという。大田部長は「学生の選択をサポートする情報収集やアドバイスをしていきたい」と気を引き締める。

 ◇採用選考に関する指針

 就職活動の透明性を高め、学業に専念できる時間を増やすため、経団連が定めた採用に関するルール。会社説明会などの広報活動が3カ月、面接などの選考活動が4カ月繰り下げられた。16年に卒業する大学生らから適用する。経団連は会員企業に守るよう求めているが、罰則はない。
/////
就活3月解禁 学業優先で3カ月繰り下げで「短期決戦」も…水面下で始まる獲得合戦

平成28年3月に卒業予定の大学3年生、大学院1年生の就職活動(就活)は前回より3カ月繰り下げとなり、3月1日から解禁される。就活の早期化・長期化による学業への悪影響を懸念した措置で、学生にとっては短期決戦。ただ、景気の回復傾向に伴い学生有利の売り手市場になっていることもあり、企業側はインターンシップなどを通じて採用予定者を囲い込む「青田買い」の動きをみせる。優秀な学生の獲得合戦は水面下で始まっているもようだ。

 今年1月10日、近畿大の東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)。就職戦線に突入する3年生ら学生約2400人が参加して「就職活動決起大会」が開かれた。ボクシング部総監督の赤井英和氏も応援に駆けつけ、鉢巻きを締め、全員で「頑張ろう」を三唱して気勢を上げた。

 就活の「3月解禁」は、政府の要請に伴って経団連が平成25年にまとめた採用活動の指針に基づき、会員企業に要請した。

 今回から、12月解禁だった企業の説明会は翌年3月、面接などの選考開始時期は4年生の4月から8月に変更され、正式内定時期はこれまで通り10月以降の据え置きを順守するよう求められている。近大も新たなスケジュールに合わせ、例年10月に開いていた決起大会を1月にずらした。

 就活時期の繰り下げに学生たちは気をもむ。営業職を目指す経済学部3年の浪江志保乃さん(21)は「学業に専念したくても、早く内定が出なければ卒論などに支障が出かねない」と心配顔。短期決戦といわれる就活戦線に、経済学部の中村祐輝さん(21)は「期間が短いだけに、ずるずると選考に落ちていくと、会社も選べなくなる」と懸念する。

 しかし、水面下では表向きのスケジュールとは異なった動きが進む。

 平成20年のリーマン・ショック以降、「氷河期」と呼ばれるまで落ち込んでいた大卒の就職率は、回復傾向にある。文部科学省と厚生労働省の抽出調査によると、今年3月卒業予定の大学生の昨年12月1日時点での就職内定率は80・3%(前年同期比3・7ポイント増)で、平成23年度から4年連続で上昇している。就活生有利の売り手市場となるため、企業は内定者確保に不安を抱いているという。

 このため学生が一定期間、企業の中で研修生として就業体験をするインターンシップを実質的な選考としたり、会社説明会などの広報活動中に「内々定」を出すことも予想される。

 関西大(大阪府吹田市)では3年生に対し、夏休み明けの就活ガイダンスから「(4年生の)5~6月が実質的な選考の主戦場になる」と周知し、例年並みのスケジュール感で活動するよう指導した。

 担当者は「2月に行われたインターンシップで、すでに好感触を伝えられた学生もいる」といい、優秀な学生の獲得合戦は早くも始まっているとみられる。

 別の関西の私大の就職支援担当者も学生たちに臨戦態勢で臨むよう指導している。「学生には学業に専念してもらいたい思いはあるが、大学の就職状況が今後の入学志願者数を左右するため、本校の学生だけ乗り遅れることはできない」と話した。
/////

posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:55| Comment(0) | 短期決戦、就活学生ら熱心に質問 岡山 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。