2015年03月02日

秋篠宮さま、佳子さま (オスト展) =岡山 倉敷市=

オスト展に秋篠宮さま、佳子さま =岡山 倉敷市=
佳子さま 傘.jpg
佳子さま スケッチ
佳子さまは「中学校の修学旅行で一度来たように覚えています」と話したという。
佳子さま 傘で.jpg
佳子さま スケッチ
佳子さまはオストさんに「色がきれいですね」などと話されていたということです。
佳子さま
Powered by RSSリスティング

////
In OSUTO exhibition, Mr. Akishinonomiya and Keiko= Okayama Kurashiki-shi=

On the 1st, Mr. Akishinonomiya and second daughter Keiko visiting Kurashiki-shi for a local inspection of circumstances appreciated the Belgian flower artist which has started with fine-sight district and a work exhibition of Daniel and Mr. OSUTO
in the said city "flower of Kurashiki Daniel and OSUTO and heart".
Then Ohara Museum of Art arts and crafts in a meeting place and the Orient house courtyard (the said city center) show the installation by which Mr. OSUTO imagined Monet's masterpiece of art museum possession "water lily (water lily)" (spatial art). While it was drizzling to a large-scale work with the water tank which floated a miniature hill of moss, pink and a white flower on the whole garden, two people were gazing carefully.
Next to Ohara family old villa, Yuurin So and a meeting place of a national important cultural asset and old Ohara family housing (said address). Mr. Akishinonomiya "is clean streets" in a town of a white wall, Keiko, "I remember that I have come by a school excursion of a junior high school (Gakushuin University female middle school).", I say that you spoke.
They gathered when walking and moving a meeting place, the housewife who waves her hand to a citizen and a tourist by a smiling face, and is Kurashiki-shi (69), "I have come to the storage charge and is happy. A smiling face of two people was very conspicuous in streets.", it was affected.
A schedule for this 2 days which became the first local public duties for Keiko is finished, and two people have returned to Tokyo in the afternoon on this day.
////
秋篠宮さまと佳子さま 傘.jpg
////
オスト展に秋篠宮さま、佳子さま =岡山 倉敷市=

地方事情視察のため倉敷市を訪問中の秋篠宮さまと次女佳子さまは1日、同市の美観地区で始まったベルギーのフラワーアーティスト、ダニエル・オスト氏の作品展「倉敷
 ダニエル・オストの花と心」を鑑賞された。
 会場の大原美術館工芸・東洋館中庭(同市中央)では、オスト氏が美術館所蔵のモネの名画「睡蓮(すいれん)」をイメージしたインスタレーション(空間芸術)を案内。庭全体にコケの築山やピンクと白の花を浮かべた水槽を配したスケールの大きい作品で、小雨が降る中、お二人はじっくりと見入っていた。
 続いて大原家旧別邸・有隣荘と国重要文化財・旧大原家住宅(同所)の会場へ。白壁の街に秋篠宮さまは「きれいなまち並みですね」、佳子さまは「中学(学習院女子中等科)の修学旅行で来たことを覚えています」と話されたという。
 会場を歩いて移動する際は、集まった市民や観光客に笑顔で手を振り、倉敷市の主婦(69)は「倉敷に来ていただき、うれしい。まち並みにお二人の笑顔がとても映えていた」と感激していた。
 佳子さまにとって初の地方公務となった今回の2日間の日程を終え、お二人は、この日午後東京に戻られた。
////
<秋篠宮さま>オスト展、佳子さまと鑑賞 岡山・倉敷

地方事情視察で岡山県倉敷市を訪問中の秋篠宮さまと次女の佳子さまは1日午前、同市・美観地区の大原美術館などで開催中の「倉敷 ダニエル・オストの花と心」展(4日まで)を鑑賞された。

 オストさん(59)はベルギー出身の世界的フラワーアーティスト。今回は東西の文化交流をテーマに、同館内の中庭や旧大原家住宅(国重文)、大原家旧別邸「有隣荘」を会場に、花や草木を使った壮大な空間芸術を演出した。

 館中庭では発泡スチロール製の13個の築山と周囲に日本各地で採集した約300畳分のこけを張り付け、那智黒の小石を敷くなどし、ラナンキュラスや島根県産のボタンを入れたアクリル製水槽などを配置した。日本の庭園や、同館も所蔵するモネ作品「睡蓮(すいれん)」が描かれたモネ邸の庭などから連想したという。

 オストさん本人が会場を案内。同展関係者によると、中庭で秋篠宮さまはこけの種類などを質問、佳子さまは「とても色がきれいですね」と感想を述べたという。この日午後に空路で帰京された。
////
秋篠宮さまと佳子さま、オブジェの展示を鑑賞 岡山県倉敷

岡山県を訪れた秋篠宮さまと次女佳子さまは1日、倉敷市で国の重要文化財、旧大原家住宅を中心に開幕した「倉敷 ダニエル・オストの花と心」展を鑑賞した。

 ベルギーのフラワーアーティスト、ダニエル・オスト氏が、本邸や付近の大原美術館などを舞台に、季節の花々や草木を用いた独創的なオブジェなど約40点を展示した。美術館中庭は、「モネの庭」をイメージし、ラナンキュラスなどを浮かべた水槽や、コケの小山を各所に配置。散策した秋篠宮さまはコケの種類などを尋ね、佳子さまは「とても色がきれい」と話した。同展は4日まで。

 同行した伊東香織市長が、周辺の情緒ある街並みについて説明すると、佳子さまは「中学校の修学旅行で一度来たように覚えています」と話したという。
////
佳子さま ス―ツ.jpg
佳子さま ス―ツ スケッチ
////
“花の彫刻”興味深くご鑑賞 倉敷訪問の秋篠宮さまと佳子さま


倉敷市を訪問されている秋篠宮さまと次女の佳子さまは1日、同市の美観地区内の大原美術館などで同日開幕した特別展「倉敷 ダニエル・オストの花と心」を鑑賞した。和洋を融合した“花の彫刻”を興味深くご覧になり、同日午後に帰京した。

 同展はベルギーのフラワーアーティスト、ダニエル・オスト氏(59)による花のインスタレーション(空間芸術)。同美術館中庭には、コケを張り巡らせた小山と花のコラボレーションが展開され、お二人はオスト氏の案内で鑑賞された。

 プロデュースした土屋隆子さん(53)によると、お二人は不思議な造形に対して素材を質問され、配色を気に入ったご様子だったという。

 続いて本会場の大原家本邸や、昭和天皇も宿泊した別邸の有隣荘もご見学。途中で、同市の伊東香織市長が美観地区の伝統景観を佳子さまに説明したところ、「実は中学校の修学旅行でこられており、『きれいな町並みですね』と、おほめいただきました」という。

 佳子さまにはお印の花で、産地の沖縄県でユウナと呼ぶオオハマボウのブーケもプレゼントされた。贈り主の倉敷商工会議所の井上峰一会頭は「特長などを秋篠宮さまが補足してくださり、佳子さまも感動の笑顔でした。今日未明に沖縄から届き、間に合ってよかった」と安堵(あんど)の表情を見せていた。

 美観地区内には歓迎の横断幕が広げられ、日の丸の小旗を振る人らの熱気にあふれた。

 友人5人と訪れていた岡山市南区の主婦、矢吹みつよさん(53)は「30メートルほどの距離から双眼鏡で一瞬だけ佳子さまが見えましたが、清楚で、本当に素晴らしいプリンセスさまでした」と感激していた。
////
秋篠宮さまと佳子さま 庭園を鑑賞 岡山県倉敷

秋篠宮さまと次女の佳子さまは1日、岡山県倉敷市の美術館で、世界的に活躍するベルギーの芸術家が手がけた庭園を鑑賞されました。

秋篠宮さまと佳子さまは28日夜に続いて西洋美術の作品などおよそ3000点を所蔵する倉敷市の大原美術館を訪れ、花や緑を用いたアートで世界的に活躍しているベルギーの芸術家、ダニエル・オストさんが手がけた中庭の庭園を鑑賞されました。
こけを使って日本庭園を表現した中庭に置かれた水槽には、白いぼたんの花やピンクのラナンキュラスなど淡い色の花が浮かべられ、印象派を代表するフランスのクロード・モネの代表作「睡蓮(すいれん)」の世界を再現しています。
秋篠宮さまと佳子さまはオストさんの説明に時折、質問をしながら日本の伝統美を取り入れた庭園の景色を楽しまれていました。
佳子さまはオストさんに「色がきれいですね」などと話されていたということです。
////

posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 秋篠宮さま、佳子さま (オスト展) =岡山 倉敷市= | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。