2015年03月03日

アジア最大級の望遠鏡組み立て 京都大 岡山

アジア最大級の望遠鏡組み立て 京都大 岡山
山崎 アナ スケッチ.jpg
////
Telescope assembly of the Asian maximum level Kyoto Ookayama

When it'll be completed, on the 2nd, caliber 3 of Kyoto University which becomes the Asian maximum level and a system of 8 meter optical infrared reflectiveness telescope have started at a temporary dome in Asakuchi city Honjo, Kamogata-cho and a municipal Okayama astronomy museum parking lot. Assembly is completed in the moon and each part after April, is adjusted.
Total of 6 people of the university person concerned and traders work. I was adjusting slightly and was assembling a part of the structure with which a center mirror is supported on a plan street so that the octagonal infrastructure which puts a telescope (5 meters of diameter) might become level.
Such as adjusting the focus of 18 of segmented mirror used for a center mirror from April, I adjust slightly and aim at test observation starting in fiscal year 2016. I say that the observation equipment installed in the telescope has been developed at present.
Nokami masterpiece practical professor of Doshisha University graduate school (stellar physics), "After putting together, there are a lot of hurdles which are still passed, but a local expectation is also felt. I'd like to make it the observatory where an exhibit considered and was held.", I was speaking.
Original Daum is planning to begin a hill in about 50 meters of northeast in fiscal year 15 and within from a parking lot. As soon as it'll be completed, a telescope is taken apart again and it's relocated. The possibility an authentic observation becomes in fiscal year 18.
////
アジア最大級の望遠鏡組み立て 京都大 岡山

完成するとアジア最大級となる京都大の口径3・8メートル光学赤外線反射望遠鏡の組み立てが2日、浅口市鴨方町本庄、市立岡山天文博物館駐車場の仮ドームで始まった。月内に組み立てを完了し、4月以降、各部の調整を行う。
 大学関係者と業者の計6人が作業。望遠鏡を載せる八角形の下部構造(直径5メートル)が水平になるよう微調整したり、主鏡を支える構造物の部品を設計図通りに組み付けていった。
 4月からは主鏡に使われる18枚の分割鏡の焦点を合わせるなど微調整を行い、2016年度の試験観測開始を目指す。望遠鏡に取り付ける観測機器の開発も現在行っているという。
 同大大学院の野上大作准教授(恒星物理学)は「組み立て後も、まだまだ越えるハードルは多いが、地元の期待も感じている。見学会など検討し、開かれた天文台にしていきたい」と話していた。
 本来のドームは駐車場から北東約50メートルの高台に15年度内に着工予定。完成次第、望遠鏡は再び分解して移設する。本格観測は18年度になる見込み。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | アジア最大級の望遠鏡組み立て 京都大 岡山 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。